iPhoneカメラのLIVE機能、カメラロールでしか見れないのはもったいない?それならGIFか動画にしてみよう!

iPhoneカメラのLIVE機能、カメラロールでしか見れないのはもったいない?それならGIFか動画にしてみよう!

iphoneカメラにあるLIVEフォト、確かにすごい機能なのに、意外と使い道がありませんよね。そこで、LIVEフォトをSNSに投稿したり、友達に送ったりできる方法を紹介します!

美味
美味

iPhoneカメラのLIVE機能って?

large (1)djf

出典:We Heart It

 

LIVEとは、iPhone6s以降に搭載されている機能で、動く写真のこと。

 

iPhoneの標準カメラアプリでLIVEをONにしてシャッターを切ると、シャッターを切った時間の前後1.5秒ずつを動画として、静止画と共に保存してくれます。

 

iPhoneのCMで、画像を長押しすると動き出す映像を見たことある人、多いんじゃないかな?

 

ところでそれ、使いこなせてる?

large (1)kgfl

出典:We Heart It

iPhoneを買った日は、「おお〜押すと動く!」って感動できても、長押しで動くのはカメラロールだけ、、、。

 

LINEで送ったりTwitterやインスタに載せたりできないと、しばらくすると飽きてしまってほとんど使わなくなってませんか?

せっかく便利な機能なのにもったいない!

そこで、、、!

 

カメラロールに眠っているLIVE写真を、GIFや動画に変換してみよう!

IMG_1199

そこで使えるアプリが、Motion Stillsです!

 

このアプリ、LIVE写真をGIFか動画に変換することだけに特化した、シンプルで使いやすいアプリなんです。

更に、自動で手ぶれ補正までしてくれるので、見やすい動画になるんです!

 

itunes

 

motion stillsの使い方

①加工したいLIVEフォトを選択します。

IMG_1556

motion stillsを開くと、カメラロールの中のLIVEフォトだけがずらっと並んで表示されます。

LIVEフォトの中から加工したいものを選びます。

 

 

好きなように加工てから、緑丸をタップします。

IMG_1562

LIVEフォトを選択すると、こんな風になります。

赤丸:手ブレ補正、ピンク丸:再生or再生→巻き戻しの繰り返しを選ぶ、紫丸:音の有無、水丸:テキスト挿入ができます。

 

 

③ GIFにするか動画にするか選択します。

IMG_1560

 

 

 

④ 保存して完成!

IMG_1563

動画にする場合、これでカメラロールに保存されて完成です。

 

注意してほしいのは、GIFにしてカメラロールに保存しても、カメラロール内で再生できないこと。

 

GIFを保存してカメラロールを見ると、

IMG_1565

こんな風にただ少し画質が悪くなっただけの静止画が保存されています。

 

 

私はこれですっごく焦ってしまい、何度も保存を繰り返してはできないのを繰り返してしまいましたが、これ、実は、カメラロールにはGIFを再生する機能がないだけのことなんです。

 

そのため、twitterやLINEで画像の送信を選ぶと、

IMG_1566

こんな風にGIFとしてちゃんと表示されて、投稿することができるので安心してください。

 

私はこれに1時間くらいかけて気が付きました。気を付けて!

 

これを使って、もっとLIVEフォトを使いこなしてみて!

SNSに投稿できたり友達に送れたりしたら、LIVEフォトを使う機会がグッと増えるはず!

 

是非、motion stillsを使ってみてね!

美味
Writer 美味
大学1年生 東京都

音楽、綺麗なもの、読書、御洋服が好きです。

美味の記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')