キンブレシートの作り方講座♡使うアプリ、画像の作り方、サイズの測り方まで詳しく解説!

キンブレシートの作り方講座♡使うアプリ、画像の作り方、サイズの測り方まで詳しく解説!

オリジナルのキンブレシートを作るのに必要なアイテムやアプリ、シートのサイズの測り方、印刷の仕方、パソコンなし・プリンタなしの場合は…?などなど、はじめての方にも分かりやすく丁寧に解説します♡

りこ
りこ

キンブレってなに??

”キンブレ”とは、RUIFAN JAPAN(ルイファン・ジャパン)さんから発売中の「KING BLADE(キングブレード)」というペンライトのこと。

従来のペンライトとは違って高輝度なのが特徴で、手元のスイッチで発光色が変えられたり、アプリと連携して色のチューニングができたりと、いま人気のアイテムです。

シャイニングフィルム・スモークチューブ・スーパーチューブの3種類がありますが、筒にラメ&透明感がある「シャイニングフィルム」が一番人気のタイプのようです。

ドン・キホーテなどの量販店、Amazon・楽天などのネット通販で購入することができます。

キンブレはいろいろあるけど…どれを買えばいいの?

キングブレードはX10 IIIやX10 IIなどいろいろ出ています。

店頭でも迷われるかもしれませんが、比較的安価で購入でき、推し色に一発でジャンプできるHot Buttonという機能が付いたKING BLADE X10 II(キングブレード テンツー)が人気のようです。

光らせるだけじゃ物足りない!

最近は文字やイラストでデコレーションしたオリジナルのシートを持ってる人もいますよね♡

実はあれ、お家で自作できる方法があるんです。

今回は、オリジナルのキンブレシートの作り方をご紹介します!

【キンブレシートの作り方】用意するもの

必要なものはこちら。

・キンブレ(今回はKING BLADE X10 II(シャイニングフィルム)を使いました)

・OHPシート

(やや固めの透明なシートで、ヨドバシカメラなど家電量販店等で購入可能です。今回はA4サイズで用意しました。

お家で印刷する場合は、プリンタがインクジェットなのかレーザーなのか確認して、そのタイプ用のシートを選びましょう)

・スマホ(アプリ「ファンサーズ」「合成スタジオ」を使います)

・パソコン(アプリで作ったデータをExcel(エクセル)でサイズ調整します)

・プリンタ(なくても大丈夫な方法もご説明しますので、ご安心ください◎)

・定規、カッター

りこ
Writer りこ
東京都

コスメとお出かけが好きなおたく。

りこの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')