”肖像権”ってよく聞くけど…どういう意味?インターネット基本のキ。~投稿時の3つのポイント編~

”肖像権”ってよく聞くけど…どういう意味?インターネット基本のキ。~投稿時の3つのポイント編~

サイバーポリスサポーターが教える、インターネット教室連載第2弾。導入編を踏まえて実際に投稿するときに気を付けるポイントをまとめたよ!トラブルを避けるには、想像力を働かせることが大事なんです。

しるく
しるく

 

投稿するときに気を付けたいポイントは?

tumblr_of76nkKJXR1uns0quo1_1280

出典:tumblr

 

こんにちは、ネット教室記事第2弾です!

 

導入編の第1弾はこちら…→自分の投稿に責任持てる?インターネット基本のキ。~ネットで発信って何だろう?編~

 

第1弾で書いた「インターネットとは?」「ネット投稿の危険性って?」を踏まえて、実際に投稿するときに気を付けるべき「最小限の」ポイントをまとめていきます!

 

まずは3つのポイントから始めましょう!

1⃣アカウントに鍵はかけるべき?

key

出典:いらすとや

 

TwitterやInstagramでは、承認したアカウントのみ自分の投稿が見えるようになる「非公開」という設定があります。

いわゆる「鍵アカウント」と呼ばれるやつ。

この設定を使うか使わないか…結構悩むポイント。

 

 

large

出典:We Heart It

 

私のおすすめは、「リアルアカウントには鍵かけておこうぜ」

 

✅「学校名や本名をアカウントに書いている」

✅「制服や学校がばっちり写った写真を投稿する」

✅「フォロワーのほとんどがリア友」

✅「リア友向けの投稿が多い」

 

こんな感じのアカウントには鍵かけた方が良いと思うのです。

 

突然ですが怖い話をひとつ。

 

直接学校名を書いていなくても、制服や校舎の写真から学校が特定できます。

それに加えて、例えば「部活終わった!」という投稿からは帰宅時間が推定できる。

「事故で電車止まった…」という投稿だと最寄り駅や使う路線が推定できる。

 

これらの情報だけでも結構個人を特定できますよね?

 

あとは学校の近くで待ち伏せすれば…はい、ストーカーの出来上がり。

ネットでもリアルでも付きまとってあなたを悩ませたり困らせたり・・・犯罪を起こしたり。

 

computer_net_stalker_man

出典:いらすとや

 

もしもアカウントに鍵をかけたら?

 

自己紹介欄とアイコン以外は承認したアカウント以外から見ることはできません。

あとは自己紹介欄をどこまで個人が特定できるように書いておくか・・・。

ここは本当に各自で判断していただきたいです。

どこまで世界中から見えて大丈夫かな?少し考えてみて。

 

とはいえ、アカウントの使い方は人それぞれ。

あえて公開してます!という方もいるのであまり強くは言わないでおきますね。

ただ、自分の全てを公開するということは、自分のことをたくさんの人に知ってもらえるというメリットがあると同時に、必ず「リスク=100%安全ではないということ」があるということを覚えておいてください。

リスクの具体例を上げると、先ほど書いたように投稿のひとつひとつを集めて個人を特定されるという危険性だね。

 

2⃣とにかく見直す!

tumblr_mv3nl2befS1sccpqfo1_500

出典:tumblr

 

前回の記事で書いた「投稿前に読み返して!」というもの。

これ、今までお手伝いしてきたどの携帯電話教室でも言ってきました。

 

投稿ボタンを押す前に、1度自分が書いたものを想像力を働かせながら見直して欲しいのです。

 

「この表現だと誤解を生まないかな?」

「間違った変換してないかな?」

「嘘のこと書いてないかな?」

「読んだ誰かが傷ついたりしないかな?」

「というかこれ投稿して大丈夫かな?」

 

トラブルを未然に防ぐ1番の方法は、トラブルの種を作らないこと。

何度繰り返したか分からないけど、ネットは世界中の人が見ることが出来るモノだから、必ずしもあなたの伝えたい通りに伝わるとは限らないのです。

見直して少しでも引っかかるところがあったら修正するか投稿しない、っていうのもアリじゃないかな?

3⃣友達の写真を載せるときは許可取ろう。肖像権!

large (3)

出典:We Heart It

 

他人が写っている写真(特にはっきり顔が写っているもの)をネットに投稿するときは絶対に許可をもらってから投稿してください!!

 

これはアカウントに鍵をかけているかけていないに関わらず。

 

「肖像権」という言葉を聞いたことがあるかな?

これは、自分のことを写真に勝手に撮られない、また自分の写った写真を勝手に公表されない権利

誰だって知らない人に写真を撮られたり、知らないうちに自分の写った写真がネットに上げられていたら嫌だよね。

pose_necchuu_smartphone_woman

出典:いらすとや

 

「ネットの写真は知らない人に簡単に保存されるから勝手にネットにアップしないで!」っていう人や、「事務所に所属しているのでお金を払わないと私の写真を使ってはいけません」っていう人もいたり。

友達と一緒に写っている写真でも、投稿前にきちんと許可をもらってから!

 

私の友達がたまに勝手に写真を上げるのでちょっともやもや。

想像力と自制力がトラブルを遠ざける。

今までの経験から、最小限確認したいポイントを3つにまとめてみました。

とはいえ、結局は1ポイントにまとめられるのです。

 

それは②の「見直す」こと!

 

想像力を働かせながら見直して、まずいなと思ったら投稿しないという選択、つまり自制をする。

想像力と自制力、この2つの力はみんなを守る大きな力があるよ。

 

large

出典:We Heart It

 

この先の未来、またネットとの付き合い方は変わると思うからこの3つのポイントがずっと使えるかは分からない。

でも現時点ではこれらを守ってみても良いんじゃないかな?

 

✨次回は情報の受け手になったときに気をつけたいポイント編✨

しるく
Writer しるく
大学1年生 神奈川県

うさぎとマステ集めと料理と漫画が好きです。 実は空手ガール。 毎日をちょっぴり楽しくできる記事を書いていきたいです! Twitter→@silky_lapin

しるくの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')