失恋、切ない恋の俳句(川柳)・短歌まとめてみた!

失恋、切ない恋の俳句(川柳)・短歌まとめてみた!

もどかしい片思い、大好きだった彼との別れなど、どうしようもなく切ない気持ちをうたった俳句、短歌をまとめてみました。

トレンド発信チーム
トレンド発信チーム

切ない気持ちを5・7・5にのせて…

テーマは「切ない恋」「失恋」

私たちが生まれるよりずっと前に誕生した、和歌のなかのひとつ、短歌。切ない恋心を詠んだ有名な作品もたくさんありますよね!

今回は、フミコミュに投稿された、失恋や切ない恋をうたった俳句(川柳)・短歌をまとめてみました。思わず共感しちゃうようなものも…。ぜひみなさんの作品を楽しんでみてください♡

切ない恋の俳句(川柳)

悲しいと 笑ってみせる あまのじゃく

あなただけ ずっと見てきた 3年間 

バレンタイン 失敗チョコは 塩の味

いつからか 霞んで見えぬ その笑顔

あなたの手 あんしんできる 大きな手

つゆの雨 流れたなみだ ぬぐいさる

好きすぎて 泣きたくなった くらい夜

(いちごさん)

「好きだよ。」と 言えずに散った 恋の華

(姫香*。さん)

切ない恋の短歌

優しさが 次第に辛く なってゆく あなたにあえて 幸せでした

(亜優羽さん)

さよなら。と 言ったその顔 忘れない 今もあなたに 囚われたままで

さようなら 最後のときは 笑顔でと こぼれる涙 気付かないフリ

(姫香*。)

君という 月を無くして ただ一人 僕の心は 闇みたい

(Lさん)

桜散る 我は去りゆく 君が名を 胸に抱きて 別れ告げたり

(与謝野昌子さん)

 

   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')