高校生まで無料で入れちゃう!? 文化女子になりたーい!上野にある2つの国立博物館が意外と面白い。

高校生まで無料で入れちゃう!? 文化女子になりたーい!上野にある2つの国立博物館が意外と面白い。

たまにはこんなお出かけはいかが?上野公園にある二つの博物館が想像以上に楽しくて面白くてためになったのでご紹介します。国立でもおカタくない!

しるく
しるく

博物館ってちょっと地味?

large (4)

出典:We Heart It

 

突然ですがみなさん、最後に博物館に行ったのはいつでしょうか?

学校行事でしか行ったことがない!という方も多いのではないでしょうか…。

 

ちょっぴりもったいない!

 

少し知的になれちゃう場所。

単純に見ていて面白い場所!

なによりもプチプラ!

数ある博物館の中から、今回は上野公園にある2つの国立博物館の魅力をお伝えします!

日本で一番歴史がある博物館。

uid000001_20110330173925d723f3e6

出典:東京国立博物館

 

上野で博物館といえば?

トーハクだと思います!

 

東京国立博物館、略してトーハク。

日本で一番古い博物館、それゆえ所蔵物はものすごく多いです。

本館一周するだけで結構へとへとになるくらい!

 

収蔵しているのは日本を中心とした東洋のさまざまな国や文化の美術作品、歴史資料、考古遺物。

具体的に抜粋すると、絵や着物、武器にお皿にお金!

つまらなさそうと思いきや、美しいものばかりなので想像以上に飽きないです。

教科書に載ってた昔のお金の実物は意外とテンション上がりますよ。

昔の人の美に対する意識がひしひしと伝わります。

 

私が個人的に良いなあと思ったのは香炉。

9232

出典:着肉道

 

「花籠的釣鐘炉」がものすごく可愛らしいのです。

小鳥、お花、蝶…!

実物は本当に可愛いのでぜひぜひ。

 

ちなみに…、刀剣の展示も常時行われています。

私の友人は三日月宗近の展示期間に行ったそうです、羨ましい!

私は亀甲貞宗を見てきました。

AlpacaGET_ys0akySL

右上に亀甲模様が入っているのわかるかな…。

 

東京国立博物館

アクセス 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

開館時間  9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日 月曜日

料金 一般:620円

          大学生:410円

文系でも楽しめる科学。

上野駅から右手に歩いていくと目に入る真っ黒の蒸気機関車。

idx_photo2

出典:国立科学博物館

 

その隣にある建物、ここが国立科学博物館、略して科博(かはく)です!

 

300px-NMNC01s3200

出典:Wikipedia

 

収蔵しているのは化石はく製、かつて使われた顕微鏡望遠鏡、そして最先端技術!

「科学」の歴史と今をぐるっと知られる素敵な場所です。

 

 

おすすめは時計コーナーです。

メカニック!アンティーク!クラシカル!の三本柱でわし掴みにされました。

c0041132_19382870

出典:ぶちねこ亭日乗

 

 

国立科学博物館

アクセス 〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20

開館時間 通常 9:00~17:00(入館は16:30まで)

                金・土曜日 9:00~20:00(入館は19:30まで)

休館日 月曜日

入館料 一般・大学生:620円

 

建物が雰囲気たっぷり。

トーハク、科博、どちらも内装がモダンでおしゃれなんです!

正直展示と同じくらい見ていて飽きない!

 

特におすすめしたいのが階段!

トーハク本館は建物自体が重要文化財、そしてエントランスの大理石でできた階段はゴージャスそのもの。

実物を見上げると「おおお…!」となりますよ!

ダウンロード (1)

出典:そらいろ

 

「倍返しだ!」のドラマで見たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

 

科博はお屋敷みたいな優雅さ。

長い階段とタイル張りってお嬢様気分になれるから不思議…。

national-Museum-of-Nature11

出典:東京冒険紀行

 

生徒手帳を忘れずに!

学生の特権である学割。

金欠が通常運転の学生にはありがたーい限りです。

large (5)

出典:We Heart It

 

さて、この二つの博物館は生徒手帳を見せれば高校生までは常設展に無料で入れるのです。

もう一度言います、無料です!

一日では全部回れないレベルの充実した展示が無料で楽しめるのです!

とてもありがたい…。

特別展は別途で料金がかかるので行く前にチェックを忘れずに。

賢くなれる気がする。多分。

趣味の一つが「館」と付く場所に行くことです。

文学館、博物館、記念館…、文庫もおもしろいよ。

 

その中でもインパクト重視なら絶対ここ!という二つをセレクトしました。

トーハクと科博はお互いが本当に目と鼻の先なのではしごしても楽しいかも。

上野で過ごす休日もなかなか楽しいものですよ。

しるく
Writer しるく
大学1年生 神奈川県

うさぎとマステ集めと料理と漫画が好きです。 実は空手ガール。 毎日をちょっぴり楽しくできる記事を書いていきたいです! Twitter→@silky_lapin

しるくの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')