【ジャニヲタ遠征事情】荷物が激減!遠征の持ち物をコンパクトにするコツ

【ジャニヲタ遠征事情】荷物が激減!遠征の持ち物をコンパクトにするコツ

ジャニオタにとって、コンサートツアーが始まると同時に気になるのが、遠征の準備についてではないでしょうか?特にガチ勢の方は年に何度も遠征することが多いと思います。遠征って「心配だから」「念のため」という思いで、ついつい必要ないものまで持っていってしまいがちですよね。今回は、遠征の荷物を減らすコツについて、筆者の実体験をまとめてご紹介します!遠征だけでなく通常の旅行にも使えるので、ぜひチェックしてみてください♡

aya
aya

メイク用品(化粧品)

メイク用品で一番大きさと重さを取るのは、ベースメイク用のコスメだと思います。
私はリキッドファンデと下地もコンタクト用ケースに詰め替えています。

コンタクトケースは液漏れしないですし、トラベル用のケースよりも安全です。

ポイントメイク用のコスメは、ポーチの中から必要なものを選抜して持っていきます。

普段持ち歩いているコスメは多めですが、選抜することでかなり軽くなります!

アイメイクは手を抜きたくないので、使用したいコスメは妥協せず持っていきます。それ意外は1パーツ2個以内というルールで選んでいます!

チークはパウダータイプよりも場所を取らないリキッドタイプ(チューブ入り)、リップは重ね付けすることで色味を簡単に変えられるオペラのティントを使っています。

平べったいポーチに入れておくと、必要なものをすぐ取り出せて場所も取らないので便利です。

私はつけまつげ派なのですが、土台のケースのままだとかさばるので、2セットだけ透明な袋に入れています。

遠征の荷物を減らすコツ②ヘア用品は最小サイズのものを購入

コスメと同じく場所を取るのがヘアケア用品。

特にヘアアイロンやブラシはかなり重たく場所も取るためなるべくコンパクトになるよう工夫しています。

デジタルパーマトリートメントで事前準備

私は遠征前に美容院へ行き、トリートメントとデジタルパーマをしてもらいます。パーマをしておけば髪を巻く必要がなく、綺麗なカールがキープできます。

デジタルパーマは確実に3か月以上(人によっては半年以上)持つので、遠征が続いているならコスパも良いと思います。

私の場合髪の痛みがあり湿気があるとコンサート中にぼさぼさになってしまうため、トリートメントも必須です。

アイロン・ブラシは1アイテムで済ませる

以前はアイロンとブラシを持ちあるいていましたが、最近はブラッシングと前髪のカールを同時にできるロールブラシを使用しています。

画像右のアイテムはクレイツのロールブラシアイロンです。1つでブラシ、アイロン、コテの代わりになるためとってもおすすめです。

ブラシなので急いでいてもやけどしませんし、毛先や前髪のカールも髪をとかしながら出来てとっても便利です。
コテと比べて小さめですし、見た目以上に軽いのも気に入っています。

ワックスとヘアスプレーは、普段使っている商品で一番小さいサイズのものを購入します。ただし、小さいサイズのものは割高なので、ワックスも化粧品と同じように、ケースに詰めかえることもあります!

こちらのN. スタイリングセラムはヘアオイル効果もあるため、荷物を減らしたい時は別のオイルを用意せずにすみます!

aya
Writer aya
埼玉県

20代ジャニオタ。エンタメ・コスメ・音楽・美容系

ayaの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')