【ジャニヲタ遠征事情】荷物が激減!遠征の持ち物をコンパクトにするコツ

【ジャニヲタ遠征事情】荷物が激減!遠征の持ち物をコンパクトにするコツ

ジャニオタにとって、コンサートツアーが始まると同時に気になるのが、遠征の準備についてではないでしょうか?特にガチ勢の方は年に何度も遠征することが多いと思います。遠征って「心配だから」「念のため」という思いで、ついつい必要ないものまで持っていってしまいがちですよね。今回は、遠征の荷物を減らすコツについて、筆者の実体験をまとめてご紹介します!遠征だけでなく通常の旅行にも使えるので、ぜひチェックしてみてください♡

aya
aya

遠征の荷物がまとまらない…!

待ちに待ったコンサート。せっかく自担に合うのだから、万全の用意をして向かいたいですよね!

筆者は初めての遠征の際、あれもこれもと大量の荷物を持っていき、移動で大変な思いをした経験があります…。持っていっても使わず、ただ長い距離を運んだだけのアイテムもたくさんありました😅

最近は遠征を繰り返すうちに必要なもの・必要ないものの区別が付けれれるようになってきました。

また、必要なものも工夫することでより『小さく・軽く』することが出来るようになってきたと思います。

今回は、ちょっとした工夫で遠征の荷物をコンパクトにするコツについて、筆者が実践していることをご紹介します😀

バッグはショルダーorトート+リュックが◎

遠征の際に持っていくバッグは、キャリー、ボストン、リュック、トート、ショルダーバッグなど色々な選択肢があります。

1泊2日の遠征

荷物を減らしたい場合、1泊2日の遠征は宿泊用の荷物をリュックに、参戦用の荷物をショルダーバッグやトートバッグに入れるのがおすすめです!

理由は会場までの移動時に両手が空くということと、財布や化粧ポーチなど必要なものをさっと取り出しやすいためです。

写真のように少し大きめでうちわがまるごと入るサイズのものなら、移動時も気になりませんし、購入したグッズも入れられます。こちらは肩にかけることも手で持つことも出来る2WAYバッグです。

バッグの機能性にこだわる方にはおすすめです◎

2泊3日の遠征

2泊3日の以上の遠征は、リュックをキャリーではなくボストンバッグに変更しましょう。

私の場合、キャリーバッグ長期の遠征や海外遠征以外で使用しません。理由はそこまで荷物が多くないということと、ロッカーに預けられないのが不便に感じるためです。

また、遠征した土地ではグッズを大量に購入しないようにしています。

参戦に必要なグッズ(ペンラ・タオル・ファンサうちわを使用しない場合は公式うちわ)のみを購入し、他のグッズは自宅近くの会場で購入するようにしています。

自宅近くの会場でプレ販がある場合は先に購入しておきます◎

遠征の荷物を減らすコツ①化粧品は必要最低限に!

化粧品は必需品でありながら、地味に重さも幅も取ります。ここを減らせるだけでかなり荷物がコンパクトになる重要なポイントです。

スキンケア用(基礎化粧品)

長期の遠征や海外への遠征では、100均で購入出来るトラベルケースに詰め替えて持ち運びます。
中身は満タンに入れず、必要な分だけ入れるようにすると少し軽くなります。

トラベルケースはバラバラのものでも構いませんが、まとめて収納出来るケース入りのものがおすすめです。

こちらの写真のものはダイソー商品(200円)です。大きさは横にある蒸気でアイマスクと同じくらいで、そこまで大きくありません。

1泊2日など短期の遠征の場合、コンタクトケースに詰め替えて持ち運びます。

『L』には化粧水、『R』には保湿クリーム、上のケースにはクレンジングが入っています。
洗顔など必要だけど入りきらないもののみ他の容器に入れます。

人によると思いますが、私の場合2泊3日程度ならこれだけで十分事足りています。

ストローに化粧水を詰める方法もあるようですが、私は不器用かつ面倒くさがりなのでやっていません(笑)
ただ、使用したあとストローの容器をそのまま捨てられるのは便利ですね!

付け替えるのが面倒な時は試供品を持っていくこともあります。
足りなくても最悪コンビニで購入出来ると思って、スキンケア用品はけっこう気楽に考えています!

aya
Writer aya
埼玉県

20代ジャニオタ。エンタメ・コスメ・音楽・美容系

ayaの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')