野外コンサートも安心!ジャニーズ夏のコンサートの持ち物・服装・注意点を解説♪

野外コンサートも安心!ジャニーズ夏のコンサートの持ち物・服装・注意点を解説♪

夏のコンサートって、野外でも屋内でも心配事が多いもの。必ず持っていたほうがいい持ち物や注意点、服装などをポイント解説しながらご紹介します。夏の現場を楽しもう♡

アバター
fuuu

夏といえばやっぱりコンサート!

いよいよやってくる夏!

最近ではジャニーズでも野外公演をするグループがありますね。夏のコンサートでの心配事はやはり熱中症ではないでしょうか。公演の前にグッズ販売で炎天下の中にいると、どんどん体力が奪われていきます。特にジャニヲタは野外に慣れていないこともしばしば。絶対に持っていたほうがいい必須アイテムと注意点をご紹介します!野外公演でない場合も対応できるので要チェックです♡

【ジャニーズ夏のコンサート】注意点

注意点①天気予報をチェック!

夏はゲリラ豪雨なども多いもの。野外公演の場合は、公演の途中で雨が降り出してしまうなんてこともあります。
少々の雨であれば、そのまま続行することがほとんど。このときに雨具がないと急激に身体が冷えて風邪をひいてしまいます。
最悪の場合、低体温症で倒れてしまうこともあります。

そして重要なのは最低気温と最高気温。夏なので気温によって持っていくものが変わるというわけではないですが、ある程度の心持ちが必要です。

雨予報でない場合も、急に雨が降ってくることもあるので雨具は必ず持っておきましょう。降水確率が20%でも大豪雨になった公演もあります。
具体的な雨具は後半でご説明します♪

注意点②会場の周辺のことやアクセスをチェック

中にはコンサートは初めて!という方もいるはず。慣れていない会場だと、意外に行きにくい場所だったり駅から会場まで歩かなければいけないこともあります。

混雑している場所を歩くとそれだけで体力が奪われ、熱中症へのリスクも高まります。
近くにカフェやファミリーレストランがあったとしても、だいたい混雑しているので時間潰しはできないと考えておいたほうがいいでしょう。

そして重要なのはトイレ!!
会場によっては仮設トイレのみの場所もあるので、なるべくどこかで済ましておきましょう。そんなときのためにも周辺施設を調べておくことはマストです。

注意点③服装にも気をつけて!

おしゃれしていきたい気持ちはもちろんなのですが、野外公演の場合、絶対にやめたほうがいいのが浴衣
暑くなくても慣れない締め付けで体調を悪くしてしまう人が多い中、長時間外にいなければいけないライブ中は危険です。

なるべく動きやすい格好がおすすめです。会場によってはヒール厳禁の場所もあるので、事前に調べてからファッションを決めましょう♪
野外公演ではない場合も、コンサート前に熱中症…なんて残念なので、服装には十分注意してくださいね。

カジュアルでもかわいいファッションはたくさんありますよ♡
こんなときこそ、その公演のツアーTシャツを着用することもおすすめです。

注意点③ごはんは抜かない!

暑いと食欲がなくなり、ごはんを食べたくなくなることもありますが、完全に食事を抜くことはNG!
どうしても食欲がない場合は、フルーツや野菜ジュースなどで補いましょう。

注意点④具合が悪くなったら我慢せずにスタッフさんに伝えよう

せっかくのコンサートなので、具合が悪くなっても我慢したい…と思う方もいるかもしれませんが、熱中症は命にも関わります。
夏のコンサートではメンバーも常に呼びかけてますが、具合が悪いと思ったら必ず近くのスタッフさんを呼びましょう

スタッフさんが近くにいない場合は、周りの人に伝えれば、スタッフさんに声をかけてくれたりします。

逆に周りで具合が悪くなってしまった人には協力してあげてくださいね。

【ジャニーズ夏のコンサート】熱中症対策編

炎天下にさらされる夏。やはり心配なのが熱中症ですよね。

ここからは持っておくべき熱中症対策グッズをご紹介します。

熱中症対策の持ち物①飲み物

飲み物こそ必需品。スポーツドリンクやソルティライチなど、熱中症対策としておすすめしてある飲み物を飲みましょう。コーヒーや緑茶などは利尿作用があるので、せっかく補給した水分が流れ出てしまうため避けることがおすすめです。

味の素スタジアムなどアリーナ部分が芝生の会場は水しか持ち込めないので、水の用意もしておきましょう。

荷物は重くなってしまいますが、会場付近では飲み物が売り切れてた、なんてことを避けるために野外の会場の場合は特に家から何本か持っていくことがおすすめです。

水+粉のアクエリアスを持って行ったという方も!

熱中症対策の持ち物②飴類

飴でなくても、塩分や糖分を補給できるものを持っていきましょう。塩飴や、干し梅など、熱中症になる前に補給することが大切!こまめに口に含むようにしましょう。

じゃがりこなどのスナック菓子もおすすめ。夏に向けて『熱中症対策』とアピールしている商品も増えていくので、好みの味を探して持っていきましょう!

夏に向けて『熱中症対策』とアピールしている商品も増えていくので、好みの味を探して持っていきましょう!

熱中症対策の持ち物③冷却シートや身体を冷やすグッズ

やっぱり持っていて安心なのが、身体を冷やすグッズ。
保冷バッグを持って保冷剤を持っていくのもありですが、炎天下の中では本当にすぐに溶けます…。
そして何より重いので、なるべく身体を冷やすグッズを持っていくようにしましょう。

水を含ませるだけで瞬時にひんやりするタオルや、叩くと冷える瞬間冷却剤などがおすすめです。

熱中症対策の持ち物④保険証

対策用ではないですが、必ず持っていたほうがいいのが保険証。万が一熱中症で倒れて病院に行く場合など、絶対にあったほうがいいものです。

熱中症対策の持ち物⑤日焼け止め

絶対の必須アイテム、日焼け止め。
ライブ中で約2時間~3時間、その前後の時間を含めたら5時間は炎天下にさらされます。

効能はSPF50+・PA++++の一番強いものを選びましょう!

野外公演ではない場合も、行き帰りは徹底ケア!

紫外線は将来のシミにつながることも。忘れがちですが、こまめに塗りなおすことが大切です。

手や足だけでなく、首周りも忘れずに塗りましょう。

熱中症対策の持ち物⑥日傘

晴雨兼用の折り畳み傘だと便利です。
特にグッズ列に並んでいるときは。炎天下のもと頭がさらされるので必ず持っておきましょう。

アバター
Writer fuuu
東京都

fuuuの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')