【もう音痴なんて言わせない!】歌が上手くなる5つのコツ☆

【もう音痴なんて言わせない!】歌が上手くなる5つのコツ☆

歌うのが苦手!みんなとのカラオケがどうしても好きになれない・・・。そんなあなた!それって別に音痴じゃないんです♡コツを掴めば大丈夫なんです☆

ゆかりん
ゆかりん

カラオケが憂鬱・・・。

歌が苦手だと、友達とのカラオケってちょっと辛いですよね・・・。

カラオケなんて、好きな歌を好きに歌えば下手でもなんでも関係ないんですが、やっぱり周りが上手い子ばかりだと、どうしても気になっちゃう!

でももともと練習しても救いようがないくらい歌が音痴な人なんて、殆どいないんです・・・!
大体の人は自信をなくしているか、ただちょっとコツを掴めてないだけ☆

私も歌って昔苦手でした!
でもそんな私でも歌嫌いをちょこっと克服出来た方法を教えちゃいます♡

①歌を聴きこむ!

large (2) 出典:We Heart It
歌の練習って言うと、みんなどうしても歌うことばかり練習しがちですが、歌が本当に苦手な人って、もっと根本的なところに原因があったりします。
まずはこれ!という課題曲を1つ決めて、何度も繰り返し聴くことで、耳から覚えましょう♪

人は何度か曲を聴くと、ついつい覚えている気になりがち。
曖昧な記憶のままで歌うと、音程やリズムのズレにつながって、人からは音痴に聞こえてしまいます。
何度も繰り返し聴くことで、音程やリズムをより正確に覚えましょう☆

②大きな声で!

large (1) 出典:We Heart It
小さな声で自信がなさそうに歌うと、もっと下手に聴こえてしまいます。
まずは怖がらずに思いっきり大きな声を出してみましょう☆

よくお腹から声を!なんて言いますが、なかなかわからないと思うので、そういうときは自宅で床に寝っころがって歌うと、少し意識出来ます。
部屋や一人カラオケで練習して、大きな声を出すことに慣れましょう♪

体勢は、本人がリラックス出来るポーズが一番だとは思いますが、一般的には真っ直ぐ立ち、遠くの山に声をぶつけるような気持ちで発声するといいと思います♪

②音程が外れることを怖がらない

large (3) 出典:We Heart It
あとは、音程に自信がないとき、つい低い音から出して高い音に合わせるようにしがちですが、人間の耳は低い音のズレには敏感に出来ています。
更に低い音から高い音へシフトすると、演歌のこぶしのように聞こえてしまいがちですので、一発でぴったりの音を出せなければ、なるべく高めの音から出すようにしましょう♪

音域的に合わない、出ない曲であれば、無理に出す必要はありません。
自分の音域にあった曲を選ぶか、カラオケでキーを下げて歌いましょう♪

③リズムをとりながら歌おう

large 出典:We Heart It
歌にはリズムも大切☆
リズムが上手くとれない人は、まずは曲に合わせて手や足を叩きながらリズムだけとることからはじめてみましょう。

リズムは取れているけど、息継ぎが上手くできない!という方は、本物の歌手の歌を聴いて息継ぎのポイントを確認するか、歌詞カードを見て、自分で歌いやすい息継ぎのポイントを作っちゃいましょう♪

④自信を持って、好きな曲を歌おう♪

large 出典:We Heart It
あとは、自信を持って歌いましょう!
あなたが楽しくないと思って歌っていると、そういう気持ちは滲み出て必ず相手に伝わります。
楽しそうに歌えばその場の雰囲気は明るくなりますし、自信がある人って、なんとなく出来ているように見えるものです☆

あなたの好きな曲を、好きなように歌いましょう♡

【もう音痴なんて言わせない!】歌が上手くなる5つのコツ☆

自信を持つって、苦手な人にとって一番難しいことかもしれません。
なので、今紹介した方法で1曲でいいので自分の得意な曲を作って、自信をつけて下さい☆
一度自信さえついてしまえば、あとはどんどん歌うのが楽しくなると思います♪

カラオケで歌ったり高得点を出すコツについては、もーちぃが書いてくれたこちらの記事にもいいことがたくさん書いてあるので、ぜひ読んでみて下さい♡

⇒目指せ高得点!!カラオケの採点攻略法・コツを大公開!!


私は今でも歌はちょっぴり苦手ですが、カラオケが大好きになりました♡
みなさんも苦手意識を克服して歌うことを楽しんでくださいね!

ゆかりん
Writer ゆかりん

夢見がち* ロリータ、漫画、音楽、踊ること、可愛いものが大好きなヲタクです♡ 意外と体育会系。 SORENAでは主に恋愛やファッション、ちょっと変わったネタの記事を書いていきたいと思っているので、よろしくお願いします☆

ゆかりんの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')