夏のコンサートにもおすすめ!崩れない現場メイクの方法をまるっと解説♡【ベースメイク編】

夏のコンサートにもおすすめ!崩れない現場メイクの方法をまるっと解説♡【ベースメイク編】

夏の現場メイクはいつもに増して崩れが気になるもの。今回は夏のコンサートでも崩れにくいベースメイクのやり方やポイントを徹底解説しちゃいます♡夏の現場メイクの参考にしてみてくださいね♪

アバター
fuuu

現場メイクの崩れない方法やポイントを解説♡

ヲタクにとって、普段のメイクはもちろん、現場に入るときのメイクってとても気合いが入りますよね。
汗をかくことも多いので、夏の現場メイクは特に注意が必要!今回は、夏の現場にもぴったりの崩れないメイク方法をレクチャーします♡

崩れない現場メイク【ベースメイク編】

今回はベースメイクにスポットを当てます。正直、アイメイクやリップに力を入れすぎて、ベースにかける時間はちょっとだけ、というかたもいますよね。
色味があるもののほうがメイクをしている感があるし、そちらに興味が向くのはごく自然なこと。
でも、肌がキレイな人って、ナチュラルメイクでもかわいいですよね。

その秘密はなんなのかというと、ベースメイクにあるんです!

ベースメイクを制する者はメイクを制する!

ということで、ベースメイクにこそ時間をかけるべきなんです♡

ベースメイクが崩れにくく、しっかりできていることで、アイメイクやチークなども崩れにくくなります
例えば、汚れている紙に絵を描いて色を塗っても、キレイにはなりませんよね?
圧倒的にキレイな紙の上のほうが上手に描けるはず。

ベースメイクはすべてのメイクの土台になるものなのです。

崩れない現場メイク【ベースメイク編】スキンケアはしっかりと!!

まず、ベースメイクを作るのに必要なのがスキンケア
若いうちからちゃんとケアをしておくと、歳を重ねたときに違いますよ~!(無理に高いものを使う必要はありません!)

よく言われていることですが、ポイントは保湿
お風呂上りはもちろん、朝の洗顔後にもしっかり保湿をしてくださいね。

高級な化粧品をちまちま使うよりも、安くて大容量のコスパがいいものをたっぷり使うことがおすすめ♡

ハトムギ化粧水や、無印良品のものがクセがなくて使いやすいと思います。

そしてここでポイント!

メイクとは関係ないですが、化粧水は全身に使うといいですよ♪
お風呂上りのお肌はどうしてもカサカサになることが多いはず。

そこでボディクリームの前に、化粧水を全身に叩き込むことでさらにしっとり肌になれます。
乾燥や汚れから起こる皮膚のザラザラも防いでくれます。

ただ、全身に使うとそれこそ減りがものすごく早いので、コスパは大切です…(笑)

たっぷり使いつつ、現場一週間前などになったら特別感を出して、パックすることもおすすめです♪

ただし!新しく使い始めるNEWコスメやNEWパックは注意が必要。

現場前に急に使い始めると、実は合わなくて肌が荒れた…というような残念なことが起こる可能性もあります。
現場前に使うコスメには慎重に!
ちゃんと試してから使うようにしましょう。

乳液を使うときはリンパを流してマッサージすることがおすすめ♡

マッサージするだけで小顔に見えたり、目が大きく見えます!

乳液はつけすぎると逆効果。顔がベトベトしてメイクがノリにくくなるので、適量を守りましょう。
万が一つけすぎた!というときはティッシュで押さえて軽くオフしてみてください。

崩れない現場メイク【ベースメイク編】下地&日やけ止めはマスト

下地って面倒くさい!と思って省いてしまうかたも少なくないと思いますが、下地はマスト!
肌を保護してくれる役割やファンデーションを崩れにくくする役割があるので、出来る限り使用しましょう。

最近発売されている下地は、日やけ止め機能を兼ね備えていることがほとんど。
逆に日やけ止めに下地機能がついているものもあります。

下地は塗りすぎもNG。下地から厚塗りするとファンデーションがヨレてしまいがちです。
特に動きやすい目の周りや鼻、口周りには注意しましょう。

アバター
Writer fuuu
東京都

fuuuの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')