神対応の“Wヒュー”登場に、ファン歓喜!映画『パディントン2』ジャパンプレミア開催!

神対応の“Wヒュー”登場に、ファン歓喜!映画『パディントン2』ジャパンプレミア開催!

映画『パディントン2』の日本公開を記念し、ブラウンさん役を演じたヒュー・ボネヴィル、フェニックス・ブキャナン役を演じたヒュー・グラント、が来日!さらに日本語版吹替キャストを務めた三戸なつめ、斎藤工も登壇し、ジャパンプレミアが行われました!

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

映画『パディントン2』ジャパンプレミア開催🌟

全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』。続編となる『パディントン2』が、いよいよ1月19日(金)より全国公開します😊

この度、本作の日本公開を記念し、ブラウン役を演じたヒュー・ボネヴィルさん、フェニックス・ブキャナン役を演じたヒュー・グラントさんが来日!さらに日本語版吹替キャストを務めた三戸なつめさん、斎藤工さんも登壇し、ジャパンプレミアが行われました🎉🌟

 

会場には、赤い帽子や青いダッフルコートに身を包む女性、さらにはパディントンのぬいぐるみの抱えた方など、多くの“パディントンファン”が集結した本イベント。

オフィシャル①(左からヒュー・ボネヴィル、ヒュー・グラント)

来日ゲストらの登場を今か今かと待ち構える会場に、ヒュー・ボネヴィルさん、ヒュー・グラントさんの二人がレッドカーペットに姿を現すと、会場は瞬く間に黄色い歓声に包まれました!✨✨

 

本作の世界観をイメージしたパネルをバックに2ショットのフォトセッションが行われ、さらに、日本語吹き替えキャストの三戸なつめさん、斎藤工さんも登場し4人が揃うと、会場の盛り上がりは最高潮に!😆

オフィシャル②(左から三戸なつめ、ヒュー・ボネヴィル、ヒュー・グラント、斎藤工)

その後のファングリーディングでは、待ち構えたファンと優しく会話するボネヴィルさんの姿や、携帯での自撮りに気さくに対応するグラントさんの姿も見られ、その“神対応”の連続に思わずファンは大感激!😭

 

一方、斎藤さんも、“パディントンコーデ”に身を包んだ女性に「パディントンみたいだね」と優しく話しかけたり、三戸さんもファンとの会話を楽しみつつサインに応じるなど、終始和やかなムードのまま、ファングリーディングは終了しました👏

その後も、前作からパディントンを応援し続けているという、朝比奈彩さん、熊井友理奈さん、矢島舞美さん、中島早貴さん、志茂田景樹さんらスペシャルゲストたちもレッドカーペットに登場!

最後の最後まで大盛り上がりの中、レッドカーペットイベントは終了しました💗

ヒュー・ボネヴィル、ヒュー・グラント、三戸なつめ、斎藤工が登壇した舞台挨拶💗

客席の合間を抜けながら声援に笑顔で応え、舞台に登壇したボネヴィルさんとグラントさん。

まず本作でパディントンに対し家族同然のように接するブラウン家のお父さんである、“ブラウンさん”を演じた

ボネヴィル「日本のみなさん、温かく迎えてくれてありがとうございます。前作もたくさんの方に観ていただきましたが、続編もきっとたくさんの方に気に入っていただけると思います☝」と挨拶。続く

グラント「長年、自分が出演した作品を応援してくださる方がいて、本当に感謝しています。恋愛映画も何作品かあったりしましたが、自分が出演してきた映画の中で、この作品がベストなんじゃないかと実は思っています。出来上がった作品を観て、本当に不思議なほどに傑作で。ヒュー・ボネヴィルさんが出ているのにね😎(笑)」と冗談まじりに挨拶し、会場の笑いを誘いました💭

 

続編の製作が決定した際の心境を問われると、前作からの続投となった

ボネヴィル「とてもナーバスでもあり、ワクワクした気持ちもあったよ!」と明かす場面も。さらに、

ボネヴィル「一作目が大成功を収めたこともありますし、原作のマイケル・ボンドさんのお墨付きだった、ということもあったのでワクワクしましたが、心配な部分もありました。続編は上手くいかなかったりすることが多いのですが…、願わくば、この作品が“ゴッドファーザーパート2”のような作品になれればと思います🔅」と熱い想いを語ると、自然と会場からは拍手が沸き起こりました。

 

さらに本作には、グラントさん演じるブキャナン役が、グラント自身をイメージしあてがきされたというまさかの秘話も😳オファーを受けたときの感想を問われると、

グラント「脚本を送ってもらったときに、監督からお手紙をいただいたんです。『この作品の中で、かつては有名の役者だったのだけれど、今はすっかり落ちぶれたキャラクターが登場するのだけど、君にピッタリだと思うんだ』と書かれていて…、正直傷つきました😱(笑)」と冗談を交えつつ、笑顔を見せる場面も。

さらに楽しかったシーンについては、

グラント「この映画はぜひエンドロールまで最後まで観ていただきたいです。というのも、実は最後に僕が踊って歌うシーンがあります。この年になって、自分の気持ちを音楽や動きで表現したシーンでもあるので、ぜひ観ていただけたら」とコメントしました。

グラントさんとボネヴィルさんは、『ノッティングヒルの恋人』以来、本作で約20年振りの共演👏

再び共演した感想について、

グラント「『ノッティングヒルの恋人』を撮影した時に僕がよく覚えているのが、現場で毎日、ボネヴィルさんをレスリングのように押し倒してキスをしたりふざけあっていたこと。それを思い出して、本作の現場でもやってみたのですが、しかしボネヴィルさんは背中を痛めてしまって、撮影も押してしまって😭(笑)。でも久しぶりに会えてとてもうれしかったです👍」と、茶目っ気たっぷりにコメントしました。対する

ボネヴィル「今彼が話したことは本当の話です。グラントさんと久しぶりにお会いして、精神的にも見た目も、まったく変わっていないですね。きっと美容にお金をつぎ込んでいるんでしょう😎」と冗談で返すなど、旧知の仲だからこその二人の仲睦まじい様子が見られました🌟

日本語吹き替えキャスト・三戸なつめ&斎藤工も登場!

そして本作でブラウン家の長女・ジュディ役の吹き替えを務めた三戸なつめさんと、グラント演じるブキャナン役の日本語吹き替えキャストを務めた斎藤工さんも登場!

自身が吹替えを務めたジュディのお父さんを演じたボネヴィルさんを前にして、

三戸「大きくてびっくりしました!😇でも実際にお会いすると、シュッとしていてカッコイイです💗」と、早くも魅了された様子。グラント演じる役の吹き替えに抜擢されたときの心境を問われると、

斎藤「僕でいいのかな?と思ったんですが…😰」と恐縮しつつ、「ヒュー・グラントさんの演技のふり幅に興味があって。パディントンの世界観にどう溶け込むのか、そういう興味もありました🍀」と明かしました。

さらに今回が初来日となるボネヴィルさんに対し、三戸さんが日本でおすすめの場所について問われると、

三戸「原宿にある『KAWAII MONSTER CAFÉ』というカフェですね!店内もすごく可愛い世界観で、スタッフさんもオシャレなんです。特にスタッフさんたちが着ている制服が、前作でお父さん(ボネヴィル演じるブラウンさん)が着ていた“女装”に近いんです!😊(笑)」と熱弁!すると、

ボネヴィルパディントンを連れていったら喜んでくれるかな?」と返しつつ、「日本の可愛いものをまだ見ていないので、とても興味が沸いてきました。例えば、そのあなたの髪型(三戸のお団子ヘア)とか。僕もやってみたいけど髪の毛足りないかもしれないな😂」と冗談交じりに答え、会場の笑いを誘いました。

 

最後には日本での大ヒットを願いに込めた、世界に一つだけの“パディントンだるま”が登場!

オフィシャル③(左から三戸なつめ、ヒュー・ボネヴィル、ヒュー・グラント、斎藤工)

クマの可愛らしい風貌をしたダルマが壇上に登場すると、ボネヴィルさんとグラントさんは笑顔を見せ、斎藤さんと三戸さんも

「可愛い!すごい!❤」と声を揃えました。

ボネヴィルさんとグラントさんにより、ダルマの上にパディントンのトレードマークである赤い帽子が被せられ、それぞれのサインが添えられました✨

さらに、お互いの名前の共通点である“ヒュー”にひっかけ、二人が『Wヒュー』のサインを添えると、斎藤らも「これは嬉しいですね」と笑顔を見せ、会場では大きな拍手が沸き起こりました💨

映画『パディントン2』はいよいよ明日公開!🐻

今回ご紹介した映画『パディントン2』はいよいよ明日、1月19日(金)公開✨

ピュアで愛すべき小さなヒーロー、パディントンが気づかせてくれる沢山の大切なこと――。

この冬イチのハートウォーミングムービー🎥なので皆さん劇場に足を運んでみてください❤

 

🐻あらすじ🐻

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。
彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。
大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。
その絵本を買うために様々なアルバイトを始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。
犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている…!


💕作品情報💕
出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工
監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ 
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
クレジット:©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
映画公式サイト

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')