【インタビュー前編】黒谷友香さん出演・Netflixオリジナルドラマ『僕だけがいない街』は絶賛配信中!

【インタビュー前編】黒谷友香さん出演・Netflixオリジナルドラマ『僕だけがいない街』は絶賛配信中!

【黒谷友香さんインタビュー】アニメ化&実写映画化もされた大人気作「僕だけがいない街」のNetflixオリジナルドラマ作品が絶賛配信中!今回は主人公の母親である藤沼佐知子を演じる黒谷友香さんにインタビューを行ってきました!前編では、演じる上で特に意識したことや、母親役として他のキャストさんに感じたことなど、原作ファンも黒谷さんファンも必見の内容となっています!

七瀬くるみ
七瀬くるみ

Netflixオリジナルドラマ『僕だけがいない街』は絶賛配信中!

みなさんこんにちは!期末テストが終わり、インターンやライター活動に没頭中のJK、七瀬くるみです。

Netflixオリジナルドラマ僕だけがいない街」が12月15日(金)より絶賛配信中です!

原作は、「マンガ大賞」・「このマンガがすごい!(オトコ編)」(宝島社)ともに2014年から3年連続ランクイン、そして累計部数429万部を売り上げた大人気コミックです😊
その人気はコミックだけに留まらず、今回が3度目にして原作完結後初の映像化となるため、新たな解釈に早くも注目が集まっています‼

 DSC00210
  
kurumi

七瀬的Netflix版「僕だけがいない街」の見どころ
「僕だけがいない街」は漫画原作作品で、今までアニメ化、実写映画化が実現し、その都度大ヒットを記録してきました。

そして今回三度目の映像化となる本作は、「原作の世界観への忠実さ」が一番の見どころになっています!!

連続ドラマだからできる細かい伏線や原作に近いストーリー展開。

私自身も原作読者の一人ですが、ドラマのズレに違和感があまりなく感じたので、原作ファンの方も楽しんで観ることができるはずです。

個人的には、幼少期の藤沼悟役の内川蓮生くんがかっこよくてかわいくて…。(笑)

小学生の頃の自分を思い出しながら観れるシーンが多くてほっこりしました。


今回はNetflixオリジナルドラマ僕だけがいない街にて主人公・藤沼悟の母親である、藤沼佐知子(ふじぬまさちこ)を演じる黒谷友香(くろたにともか)さんに単独インタビューしてきました!
前編では作品について、後編では黒谷さんご自身についてインタビューを行ってきたので、あせてお楽しみください♪
 
 
 

原作に忠実なのが一番の強み

ードラマの1話を見たのですが、面白くて一気観てしまいました。改めて完成版をご覧になったご感想はいかがでしたか?
 
黒谷友香苫小牧で撮影が行われたのが今年の2月とかなり前だったので、懐かしい気持ちになりました。そして「僕街」は色々な形で映像化されているけど、今回のドラマ版は原作に忠実というのが1つの大きな強みだなと感じました。
 
ー原作のファンである私もドラマをみて本当に忠実に作られているな…と感じました。
ー「原作に忠実に」というコンセプトに沿うために意識して演じた点はありますか?
 
黒谷友香外見でいうと、悟の小学校時代は前髪をウィッグに、悟が大人になったら全部ウィッグを着用していたので、見た目も意識して原作を忠実に再現しました。そしてロケのスタートが子供時代からだったのですが、それでよかったと思っています。いきなり大人の悟とお芝居をするんじゃなくて、小さい悟と交流した後に大人の悟と撮影をしたので、本当に息子が成長したと思えてやりやすかったです。
 
ー原作はもともと(オファー前に)読んだことはありましたか?
 
黒谷友香ありませんでした。原作の漫画、アニメ、映画全てを見たのは今回のお話をいただいてからです。それぞれやっぱり違ったのですが、漫画が一番自分の想像に近かったです。漫画には作者さんの雰囲気があってつかめるものがありました。また、映画は映画でキャストが全然違うのでこういう風に撮るんだと参考にしたり、アニメは声優さんの演技に注目したりして、それぞれの世界観を参考にしました
DSC00185
 

息子役で共演した内川蓮生さん&古川雄輝さん

ー小学生の悟を演じた内川蓮生さん、大人の悟を演じた古川雄輝さんはそれぞれどんな方でしたか?
 
黒谷友香蓮生くんは本当に成長するのが早い時期で、一瞬一瞬を切り取っている感じがしました。子供から大人に変わる時期にちょうど撮影が行われたので、ちょっと見ないうちに雰囲気が変わっていたりして可愛かったです。今回は私の役柄、大人になっていく様子を近くで見ることができて、とても貴重だったと思います。
 
 
ー本当に母親みたいに成長を見守っていたんですね。
 
黒谷友香役の目線で蓮生くんの成長を見守れたことは本当に貴重だと感じました。
 
 
ー古川さんとの役を通じた関わり方については、いかがでしたか?
 
黒谷友香古川くんは、役柄的に蓮生くんと少し違いました。母親との距離が近い子ども時代の悟を演じる蓮生くんと比べて、古川くんは思春期を経て大人になった悟を演じたので、母親との関係も違っていて。「親離れしてくれた」と思いつつさみしい気持ちもありました
 
 
ーそんな黒谷さんの感情を知りながらドラマを観ると、また違う絵が見えそうですね。
 
 

今作を通して、黒谷さんが女子中高生に伝えたいこと

ーこの作品は本当に展開が多く、たくさんの見どころシーンがちりばめられていました。
ー黒谷さんが一番印象的だったシーンはありますか?
 
黒谷友香苫小牧の撮影で、悟の同級生である雛月加代の家にいくシーンが印象に残っています。そこは、藤沼佐知子の”子供を愛する気持ちが出ているシーンなので。
あとは、お弁当屋さんでバイトしながら子供を育てていくシーンなど、母親として色々なことを一生懸命頑張っている所も印象に残っています。ここでは作品を通して、親の苦労を学べました
 
ー佐知子の魅力を改めて教えてください。
 
黒谷友香すごく包容力のある女性です。スピンオフ漫画でそれぞれのキャラクターその後や、途中の経過の様子などが刊行されて、撮影中に読んだのですが、それがとても参考になりました。漫画本編は主人公目線だけど、スピンオフでは他のキャスト目線のエピソードが描かれている巻があったので、そこで佐知子のイメージが一気に膨らみました。主人公目線では描かれていなかった、佐知子の孤独さや喜びなど、一人の人間としての影の部分描写もあったので、本当はこんなに面白い人だったんだと感じました。
 
手のひらで踊っている悟を佐知子目線で「へへっ」と思ったり。スピンオフ漫画を通して佐知子本来の姿が見えるようになり、より魅力を感じました。
 
 
ー今作はただ展開が面白いだけではなく、強いメッセージ性が込められていると思います。女子中高生に作品を通して感じてほしいことは何ですか?
 
黒谷友香皆さんはちょうど子供の悟と大人の悟の中間に近い年齢ですよね。時々「後でこうしておけばよかった」、「なんでこうしなかったんだろう」とか、そういうことを思うことがあっても、選択の積み重ねが次の自分になっていくので、チャレンジすることが大切です。
私も高3の時にモデルに応募して、合格して、短大一年生の時に映画のオーディションに合格したのですが、チャレンジしてよかったなと思っています。
なので自分の夢や、やりたいことがあったらどんどんチャレンジしてほしいです。皆さんは今すごくパワーがある時期なのでいつにリバイバルしたいですか」って考えた時に、「あの時だな」って思わないような選択をしてほしいですね。それがまさにこの映画のメッセージだと思います。
 
DSC00174
 
ーちなみに、黒谷さんご自身は戻りたいと思う時期はないんですか??
黒谷友香ないです。(笑)
高校三年生よりも前に戻っても、私はモデルに応募していたと思います。チャレンジして失敗するのはいいけど、やらずに終わって後悔することがないようにしています。
 
 

黒谷友香さんへインタビューはまだまだ続く!続いてはプライベート編!

 
インタビューを通して印象的だったのは、黒谷さんが漫画、アニメ、実写映画と「僕街」の作品をすべてをご覧になって、それぞれの良さを引き出し、今回のドラマに反映させていたということ。
こうした作品に対する真摯な態度が、Netflixオリジナルドラマ『僕だけがいない街』の原作に忠実な世界観から、映像ならではの演技や表現に繋がっているのだと感じました。
 
数年後「リバイバルしたい…!」と私たち女子中高生がならないためには今何をすべきなのか!?
後編インタビューでは、私たちに向けたアドバイスやメッセージ、そして黒谷さんご自身について、直撃してきたので、ぜひ読んでみてくださいね!

boku_pos_B1

©2017ドラマ「僕だけがいない街」製作委員会

🌈あらすじ🌈

漫画家を志しながら、なかなかうだつの上がらない藤沼悟は、自分にだけ起こる現象【リバイバル】-何か「悪いこと」の原因が取り除かれ
るまで、そのきっかけとなった場面に時間が巻き戻される現象-に悩まされていた。ある日、家に帰った悟は、自宅で母・佐知子が殺されているのを発見する。犯人を追う悟だったが、逆にはめられ、自分が母親殺しの犯人として追われることになってしまう。母親の死を食い
止めたい悟は【リバイバル】を強く願うが、18年前の小学校5年生の時にまでさかのぼってしまった。 それは、同級生の雛月加代が連続
児童誘拐殺人事件に巻き込まれ、被害者となってしまう直前の時期だった。この事件と母親が殺されたことに関連があると確信した悟
は、同級生の小林賢也や担任の八代学の助けを借り、事件の謎を追うことを心に決める。

🔅作品詳細🔅

■出演: 古川雄輝 優希美青 白洲 迅 内川蓮生 柿原りんか 矢野聖人 江口のりこ 眞島秀和 戸次重幸 黒谷友香 他
■原作:『僕だけがいない街』三部けい(KADOKAWA/角川コミックス・エース)
■監督:下山天(『SHINOBI』『L-エル-』他)
■脚本:大久保ともみ(『アンフェア the special ダブルミーニング』他)
■制作プロダクション:関西テレビ放送 コクーン
■製作:ドラマ『僕だけがいない街』製作委員会
■12話、各23-30min / 4K

 

七瀬くるみ
Writer 七瀬くるみ
大学2年生 東京都

インタビューから恋愛、サブカル系からコスメ記事まで、つれづれなるままに書いていきます。 リクエストとか受け付けたい。気軽に絡めるライターだと思ってください笑。

七瀬くるみの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')