【インタビュー後編】広瀬すずさん《サイン入りチェキ》プレゼント♡映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』10月28日(土)

【インタビュー後編】広瀬すずさん《サイン入りチェキ》プレゼント♡映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』10月28日(土)

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』がいよいよ10月28日(土)公開!公開に先立ち、島田響役を演じた広瀬すずさんにインタビューをしてきました!広瀬さんご自身の学校生活や、恋愛のアドバイスまで、盛りだくさんの内容をお届けします!!サイン入りチェキのプレゼントもあるのでお見逃しなく♡

七瀬くるみ
七瀬くるみ

10月28日(土)全国公開!映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

生田斗真さん、広瀬すずさん、竜星涼さん、森川葵さん、健太郎さんら最強メンバーが集結する映画、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』がいよいよ10月28日に全国ロードショー!

名称未設定-13-120x120

 

 

七瀬的・作品の魅力!

今作はとにかく豪華!!これにつきます。(笑)

 

監督は「僕明日」「アオハライド」など多くの少女漫画映画を手掛けた三木孝浩さん。照明さんやカメラさんにも豪華なスタッフをそろえた上、若手女優として飛ぶ鳥を落とす勢いの広瀬すずさんをヒロインに迎え、広瀬すずさんの相手役は生田斗真さん。広瀬さんの同級生役には森川葵さん、竜星涼さん、健太郎さんといった旬な役者さんがズラリ。

 

そして原作は誰しもが経験する「初恋」のむずがゆさを巧妙に描いた名作少女漫画、「先生!」。

七瀬は正直、ぶっとんだ設定だったりご都合主義が過ぎる少女漫画よりも胸熱少年漫画派なのですが、この映画は真摯に「初恋」を描いていて、他の少女漫画原作の恋愛映画とは一線を画しているなと感じました。というか正直泣きました。

 

恋って素晴らしい…!!

 

そして映画ならではの魅力は、照明による綺麗な世界観の演出だと思います。柔らかい光に包まれた教室は、なつかしさと共にすこし切なさを感じる、まさに「青春!」という空間でした。

 

そこで繰り広げられる主人公、島田響の初恋模様と、比嘉さん演じる女教師の大人の恋。私は両方に共感しまくりでしんどかったです。(笑)

 

 

今作でヒロイン役を演じる、女子中高生人気N01女優・広瀬すずさんにインタビューを実施

IMG_0842_r_1

広瀬さん自身についていろいろな角度から質問してきました!

読者の皆さんへ《サイン入りチェキ》もいただいてきたので、最後までお楽しみください☆

 

関連記事:

⇒【インタビュー前編】広瀬すずさん出演の映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の公開迫る!

 

●もしも“広瀬すずさんが先生”だったら…

ーこの作品の原作タイトルが「先生!」ということで、もし自分が先生になったら、どんな教師になりたいですか??

広瀬すず校則違反とかしている生徒には、こっそり「他の先生には内緒ね」と言って好感度を上げに行くと思います(笑)

私の学校の校則が厳しくて、悔しかったので!

見逃すのではなく、指摘した上で「内緒ね」と言います!(笑)

 

ー教えたい科目は?

広瀬すず元々体育が好きなので、体育がいいです。

みんなでドッジボールをしたり、ワイワイしたいです!

 

ー作中の竜星涼さん演じる浩介のように、生徒からアプローチされたらどうしますか?

広瀬すず…どうしたらいいのかわからないです(笑)

でも、ナイナイと思っていても、告白された瞬間から、男の人として意識してしまって、急に女性になる瞬間が来そうです。

それか、あえて気付かないフリをしてしまうかも…!

サブ1/©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会

ー教師になってみたい願望はありますか??

広瀬すずあるかもしれないです(笑)

なんやかんや権力を持っているのは先生じゃないですか!

普段は姉妹の末っ子でそんな機会がないので、私が権力を持ってるんだぞ!」というのを示すのは快感かもしれないです。

七瀬くるみ
Writer 七瀬くるみ
大学1年生 東京都

インタビューから恋愛、サブカル系からコスメ記事まで、つれづれなるままに書いていきます。 リクエストとか受け付けたい。気軽に絡めるライターだと思ってください笑。

七瀬くるみの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')