JKとDKがヒーローになる映画!?『パワーレンジャー』レッド役の勝地涼さんにスペシャルインタビュー≪PART2≫

JKとDKがヒーローになる映画!?『パワーレンジャー』レッド役の勝地涼さんにスペシャルインタビュー≪PART2≫

7月15日(土)公開の映画『パワーレンジャー』見どころをご紹介します♪♪前回≪Part1≫に引き続き、レッドレンジャー・ジェイソン役の吹き替えを務める勝地涼さんへのスペシャルインタビューもレポートします!勝地さんの高校生時代やお仕事のことを聞いてきました!!

ゆうみぃ
ゆうみぃ

7月15日公開、ハリウッド映画『パワーレンジャー』ならではの見どころ2選💕

『パワーレンジャー』でレッドレンジャー・ジェイソン役の日本語吹き替えを務める、勝地涼さんにインタビューしてきました!!!
 
≪PART1≫では勝地さんにこの映画の見どころや吹き替えのお仕事など映画にまつわることを教えていただきました☺
 
今回≪PART2≫では、勝地さんの高校生時代のことからお仕事のことまで・・・盛りだくさんで聞いてきました♪♪
 
 IMG_0116
 
インタビューの前に、
一足お先に『パワーレンジャー』を観てきた私が、作品の見どころを紹介しますね😉
 
❤見どころ1❤「変身できないヒーローたち!?!?」
 
PART1のインタビュー中にも話題に上がっていたのですが、『パワーレンジャー』では、ヒーローだからといって元から完璧に強いわけではないんです‼
パワーレンジャーに選ばれた5人は、最初、戦隊シリーズものでお馴染みの「スーツに変身✨」だって上手く出来ないんです(笑)
「強くなりたいならトレーニングしろ!」という現実的な設定が、観ている観客をパワーレンジャーの応援隊にさせてしまいます‼
 
いつの間にか感情移入して、「いつの間にか5人を応援していた・・・」そんな感覚にきっとなるはず!!!
 
「不完全」という「リアリティー」、そしてそこに立ち向かう「葛藤」があるからこその「感動」!!!
 
私はすっかりパワーレンジャーのファンになってしまいました❤☺
 
 s_サブ⑧
 (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
❤見どころ2❤アメリカならではの発想😳戦闘シーンよりも心情描写が多い戦隊映画!!!
 
選ばれし5人のパワーレンジャーは、学校や将来、人間関係など、さまざまな面で悩みを抱えています。
「どう生きるべきか?」「どうしたら本物のヒーローになれるか?」
5人それぞれが葛藤し、ヒーローとしてだけでなく、『人間として成長する姿』が丁寧に鮮明に描かれていて、その姿にはきっと自分を重ねて勇気づけられるはずです!!
 
また、アメリカの映画だからか分かりませんが、シリアスな悩みなのにみていて暗くならないんです!
ドロドロした話はなく、スッキリとみられるのも魅力の一つ!!
 
 s_サブ⑤
 (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
 
私と同じ様にJKである皆さんに、とにかく伝えたいこと。
それは、『女子高生だから戦隊ものは観ない』という固定概念にとらわれちゃうのは“もったいなさすぎる”ということ‼
 
『パワーレンジャー』は7月15日(土)ロードショー!!ぜひ、騙されたと思って一度観てください💕
 
 
それでは、<勝地さんご自身について>語っていただいた、インタビューレポート後半をお届けします😍 
 

ひねくれていた高校時代⁉今の勝地涼(かつぢりょう)さんからは想像できない一面❤

 
ー今回、高校生の役を演じましたが、勝地さんはどんな高校生でしたか? 
 
この仕事を14歳で始めて、堀越に転校して。そこは芸能コースがある学校ということもあって、周りには学校で仕事の話ばっかりしている人たちもいて。そんなとき横目に見ながら、「何が仕事だよ!!」って自分も同じ仕事をしているのに思ったりして、ちょっとひねくれてたところがあったと思います。
何かにイライラしていたり、将来に不安があったり、「本当に芸能の仕事をやりたいのかな」、「この先大学に行くべきなのかな」っていっぱい悩んでいた高校時代でした。
でも、あの時の悩みがなかったら、今ちゃんとこうしてお仕事を続けていなかったんじゃないかなって思います。
 
 IMG_0078
  
ーレッドレンジャーはみんなをまとめるリーダーでしたが、勝地さんはクラスでどんな存在でしたか? 
 
いや〜、ほとんど寝てたから(笑)
でも、なにかやる時に「ねぇねぇ、どうする?」って聞かれたりしていましたそれでも、なんか“まとめたくはない”・・・っていう。
要するに、ひねくれていたんです!(笑)
 
 s_サブ⑩
(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
ー子供の頃はみんなヒーローやヒロインに憧れていたりしますが、勝地さんは何に憧れていましたか?
 
なんだろう。その時観ていた、ジュウレンジャーやファイブマンに憧れたり、ほかには野球選手とか。
ちょっと大人になってくると、自分の中のヒーローは親父になってきましたけど。
厳しいけど優しいし、「自分の考えって親父から結構習っていることが多いんだな」と感じるので、「親父はヒーローなのかな」って。
直接は言いませんけど!そういうことなのかな・・・って思います。
 
ースカウトがきっかけで芸能界に入られた勝地さんですが、その前に描かれていた将来像はどんなものですか?
 
小学校の学芸会で主役をやっていたことや当時ドラマを観ることが好きだったこと、あとはTVに出ている俳優さんに憧れていたこともあったので、(スカウトされたときは)「まさか!」という想いでしたけど「俳優になることが夢!」と自分で思い描く前に芸能界に入ってお仕事をしていたように思います。
 
ー勝地さんはお仕事をする上で、どんなことを大事にしていますか?
 
大事なことは楽しむことだと思っています。楽しめない仕事は僕の場合ないんですけど、共感できない役や物語をやるときもあるので。全部、自分が理解できるわけじゃないけど、その中で「自分はどうやってその役と向き合うか」と悩んで、その役を知っていく中で葛藤することもあります。自分とは全然違う人間で理解はできないかもしれないけど、「なんでこんな考えをするんだろう」って、楽しんでやるようにしています。
 
ー今後どういった役にチャレンジしていきたいですか?
 
せっかく、今回パワーレンジャーの吹き替えの役をやらせてもらったから!実写で、ヒーローものをやりたいと思います!自分とはかけ離れている世界だと思うけど、チャレンジしてみたいし、最近は明るい役が多いので違う役もやってみたいですね。
30歳になったから、また全然違った役を経験することで自分自身を知っていきたいなと思っています!
 
 IMG_0117
ー女子高生に向けてメッセージをお願いします!
 
女子高生にとっては、この映画は最初なかなか、興味は持てないと思うんですけど、騙されたと思って観てもらいたい!!!
絶対後悔はしないと思います!!
 
 
インタビュー中もずっと優しい笑顔で気さくにお話ししてくださった勝地さん、本当にありがとうございました‼
 

家族?友達?誰と観る??😁『パワーレンジャー』私は2回目観に行きます👍💕🎬

PR_mainposter_B1_0307
(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
 
アメリカではもう「とんでもない人気」を誇る、この作品!!!『パワーレンジャー』は7月15日(土)にロードショーとなります!!!
 
家族や恋人、誰と観ても面白い!!!全身全霊をかけて、世界を救うJK・DK5人のパワーレンジャーに、アナタも熱狂してみては・・・???
 
 
↓↓予告はこちら↓↓
(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
配給:東映
 
 ❤ストーリー❤

日米ハイブリッドヒーロー、誕生。日本人は知らない。

20年以上も昔から、アメリカで闘い続けている“ジャパニーズ・ヒーロー”がいることを。

 

40年以上に渡り、日本を守ってきた“スーパー戦隊”。多くの人々が幼少時代に憧れては卒業し、また新たな世代の憧れの的になる終わることなきヒーロー。絶えず日本人のDNAに刻まれ、受け継がれてきたその歴史・その魂は遠い国アメリカに渡り、

20年以上もの間、人知れず戦い続けていた。それこそが“パワーレンジャー”。

 

今、映画大国アメリカ・ハリウッドで、日本のヒーローが生まれ変わる。“誰もが知っているヒーロー”が、“誰も見たことがないヒーロー”として生まれ変わる。本作は“スーパー戦隊”であって、”スーパー戦隊”ではない。

しかしそれは、日本人に確実に刻み込まれている、“レッド”への憧れの記憶を呼び起こす。

2017年夏、日本人は思い出す。“レッド”への憧憬を、永遠のヒーローの存在を。

 

総製作費120億円。

ハリウッドで培われた技術と経験が、日本のヒーローに注がれる。

『パワーレンジャー』 ここに覚醒――。

 
 
 
 
ゆうみぃ
Writer ゆうみぃ
高校3年生 東京都

趣味はカフェ巡り?でも、あと5kgぐらい痩せたいな~と何年も思っているゆうみぃです。 ダイエットやグルメなことを紹介していきます(’-’*)♪

ゆうみぃの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')