JKとDKがヒーローになる、映画『パワーレンジャー』レッド役の勝地涼さんにスペシャルインタビュー≪PART1≫

JKとDKがヒーローになる、映画『パワーレンジャー』レッド役の勝地涼さんにスペシャルインタビュー≪PART1≫

『高校生向けの戦隊映画』と言ってもいいぐらいのハリウッド映画がこの夏公開するって知ってた??『パワーレンジャー』が7月15日(土)にROADSHOWです!!今回は、レッド役の吹き替えを務める勝地涼さんに単独インタビューしてきました!

ゆうみぃ
ゆうみぃ

日本生まれアメリカ育ちの『パワーレンジャー』が2017年7月15日(土) ROADSHOW

『パワーレンジャー』と聞いてもピンとこないアナタ。ここで決断するのはまだ早い!!

 

『パワーレンジャー』とは、なんと「MADE IN JAPAN」のスーパー戦隊!!!

もともと日本の特撮シリーズ“スーパー戦隊”がアメリカでリメイクされ、1993年から全米で放映が始まったテレビシリーズなんです!

この放映以来、人気が絶えず・・・

アメリカの子供番組史上・最高視聴率を記録し、アメリカでの認知度「93%」を誇る、20年以上前から今もアメリカで愛され続けてきた作品!!!

今では世界160カ国以上で放映され、それだけにとどまらず、

『アイアンマン』『スパイダーマン』『アベンジャーズ』『ダークナイト』『トランスフォーマー』に続く新たなヒーロー映画として、

今回、『パワーレンジャー』がハリウッド映画化されたのです!!!

PR_mainposter_B1_0307

(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

原点が日本の作品であるだけに、なんだか誇らしいですね☺❤

私は一足お先に見てきましたが・・・さすがはハリウッド映画、物語のスケールはもちろん大きいです!!

でもそれ以上に「戦闘シーンだけでなく、人間ドラマを色濃く描く」ところに驚きました。

 

このレンジャー5人は、なんとJK・DK、高校生!!!(笑)

普通の高校生がある日パワーレンジャーになる・・・等身大の高校生をリアルに描いたこの作品をぜひ、劇場で!!!😉✨

(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

2017年7月15日(土) ROADSHOW

❤作品情報❤

【監督】ディーン・イズラライト

【脚本】ジョン・ゲイティンズ(『フライト』『キングコング: 髑髏島の巨神』『リアル・スティール』)

  アシュリー・ミラー『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『マイティ・ソー』

【音楽】ブライアン・タイラー(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』「ワイルド・スピード」シリーズ)

【製作総指揮】アリソン・シェアマー(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ハンガー・ゲーム』『シンデレラ』)

    ブレント・オコナー(『グッド・ウィル・ハンティング』、『ジュマンジ』)

【キャスト】デイカー・モンゴメリー/ナオミ・スコット/RJ・サイラー/ベッキー・G/ルディ・リン/ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/ブライアン・クランストン(『GODZILLA』『トータル・リコール』)エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)

【吹き替え】勝地涼/広瀬アリス/杉田智和/水樹奈々/鈴木達央/沢城みゆき/山里亮太/古田新太

 

❤あらすじ❤

小さな町・エンジェル・グローブに、普通に暮らす5人の高校生(ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザック)が偶然にも同じ時間・同じ場所で不思議なコインを手にし、超人的なパワーを与えられパワーレンジャー”となる。彼らの前に現れたのは、かつて(紀元前)世界を守っていた5人の戦士=“パワーレンジャー”の一人・ゾードンと、機械生命体・アルファ5。敵は古代の地球で封印され蘇った悪の戦士=リタ・レパルサ。しかし、敵の脅威に立ち向かわなくてはならない自らの運命を受け入れられない彼らは、まだその秘めたる力を解放できずにいた。そんな中、起こった仲間の危機。地球に残された時間はあとわずか。そしてついに“その力”が目覚める。

『パワーレンジャー』公式サイト

『パワーレンジャー』公式Twitter

『パワーレンジャー』公式Facebook

 

男子憧れの「レッドレンジャー」役、勝地涼(かつぢりょう)さんにスペシャルインタビュー☆☆

今回、映画『パワーレンジャー』でレッドレンジャーの声優をされた、勝地涼さんに単独インタビューしてきました!!

 IMG_0119

♡プロフィール情報♡ 勝地涼(かつぢ りょう)

・生年月日  :  1986年8月20日

・出身    :  東京都

・血液型   :  AB型

・身長    :  174cm

・スポーツ  :  水泳・野球

スカウトがきっかけで事務所に所属し、芸能界デビュー。TBS『千晶、もう一度笑って』(00)でデビューし、以後、ドラマ・映画に多数出演。蜷川幸雄演出作品『シブヤから遠く離れて』(04)で初舞台。以降、映画『亡国のイージス』(05)『幸福な食卓』(07)など話題作に出演し、演技力が高く評価される。2006年には、第29回日本アカデミー賞 新人俳優賞 受賞。また、映画『銀色の髪のアギト』では主人公・アギトの声を担当するなど、声優としても活躍。

現在SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」のCMに出演中のほか、2017年は、声優として出演する「パワーレンジャー」が7月15日に公開し、9/21~10/1は東京芸術劇場シアターウエストにて【ともだちのおとうと】第一回「宇宙船ドリーム号」に舞台出演を控える。

今回、初の洋画吹き替えにチャレンジした勝地さん、実はインタビューしたこの日、パワーレンジャーの公開生アフレコが行われていたんです‼

その時の感想も聞いてきたので、注目してくださいね!😊

 

勝地涼さんが語る『パワーレンジャー』の魅力と「ちょっと恥ずかしい」アフレコ現場…。

ーまずは、作品をご覧になったときのご感想を教えてください!!

最初観たのは、資料用の白黒映像だったんです。だから、分かりづらいところはあったんですけど、物語が色濃く描かれているところがすごく印象的でした。
だって、戦隊ものと言いつつ変身するまでがすごく長いじゃないですか??
それだけ、この映画は『ヒーローになるまでの過程』に重きを置いていて、それぞれの人物が抱えている問題や悩みをしっかりと描かれているから、映画として楽しめるんです!
 
やっぱり・・・戦隊ものって特に女の子だと、「ちょっとマニアック」、「取っ付きづらい」と考えるかもしれないけど、僕自身もそこまでマニアじゃないのに、人間ドラマがしっかりと描かれているこの『パワーレンジャー』は、接しやすい映画だと思いました。

s_サブ②

(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R. 

 
ー「レッドレンジャー」役の吹き替えが決まった時の心境はいかがでしたか?
 
戦隊ものといえば、小さい頃男の子なら誰しも憧れるし、「レッドやる!」って自分自身も友だちと取り合いをしていたことをよく覚えていて。
それがまさか、自分が30歳過ぎて戦隊ものでレッド役をやれると思わなかったし、それはすごく嬉しかったです!!
すごく嬉しかったけど・・・。
その一方で、自分自身、最近はコメディものに出演する機会が多かったこともあって、「いやレッドなんて・・・。僕なんてイエローでしょ」って。(笑)・・・イエローが自分のキャラ的に合っているかなと。(笑)

そういう意味でも、レッド役のプレッシャーはありました。

 
だけど、20年以上前に『パワーレンジャー』をアメリカでリメイクしたプロデューサーが来日した時の話を聞いたんです。
製作当時、そのプロデューサーが東映の方に「この映画をやりたいんだ」と説得したらしく、その想いが今こうしてようやく叶ったわけですよ・・・。
向こうで放送し始めて、そこからアメリカでも人気が出て、20年以上経ってこういう形で映画になって、それが日本に帰ってくるっていうことは、「すごい歴史に触れてるいるんだ」って実感したし、そんな『パワーレンジャー』に出させて頂けることはとても光栄なことですよね!
 s_サブ⑩
 (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
 
ー初めて洋画の吹き替えをされたとのことですが、洋画ならではの難しさはありますか?
 
アニメの吹き替えは経験があって、アニメの場合、絵があり、そこに声をはめていく難しさがあるんですけど、
洋画の場合、すでに役者さんがお芝居をしていて、その出来上がった作品に自分のセリフを入れていくところがすごく難しかったです。
 
アフレコの時、英語の声が聞こえるんです。初めはそれ自体に戸惑いもあって、だんだん慣れていくうちに役に入れるようになったんだけど、そこには1つ罠があって。
英語のセリフの量と日本語のセリフの量は違うこともあるし、「自分だったらこんな感情で話すのに」とか余計なことを考えてしまって。「ここで息吸うかな・・・」、「ここで大声出すの?」ってそんなこと思うと、自然にできなくて
「自分は出来上がってるものに日本語を当てる。」そこにもちろん感情も大切だけど、その感情は向こうの人がすでに作っていて、そこに合わせていくところが難しかったです
 
 
ーこのインタビュー前に、生で公開アフレコをされていましたが、いかがでしたか!?
 
実際これまでアフレコする時は一人でしかやってこなかったんです。
だから、今日(公開アフレコ時に)横に(広瀬)アリスがいて山里さんがいたことは、やりやすかったし、その反面、恥ずかしさもありしましたね。(笑)
 
マスコミの方たちがセリフを言っているところを写真撮っていますよね?
実際の収録現場って、アクションシーンでは、雑音を入れないために大きく動いちゃいけなくて・・・。
だから控えめな動作で「ハーッ!」とかやっているので、絶対人に見られたくない光景なんです(笑)
今日の公開アフレコも、「ちょっとこんなとこ見られたくない・・・」という恥ずかしさはありました。しかも、カメラで撮られるのはもっと恥ずかしいなと!(笑)でも、良い経験になりました。
 
 IMG_0116
 
ー勝地さんが吹き替えをされた、レッドレンジャーのジェイソンに共感したところはありましたか??
 
僕が高校生の頃、意味もなくイラついたり、「自分は何がしたいんだろう?」とか、「どこに進んでいいんだろう?」って見えないことが多くて。
だからジェイソンが、良くないことだと分かっていても反抗したりする感情には共感できると思いました。
 
キンバリー(ピンクレンジャー)が悩みを抱えてジェイソンの部屋に相談しに行ったシーンで、ジェイソンが『なりたい自分になればいいんだよ』というセリフが印象に残っています。多分このセリフはジェイソンが何もかも分かった状態で言ってるわけじゃなくて、「自分もそうありたい」というメッセージのような気がして、すごくいいセリフだなって。人に言ったことが自分に返ってきているっていう・・・。こういうことは、大人になってもあるけど、10代の時にこそ、特にあることなのかも、と思いました。
 
ー勝地さんのオススメシーンを教えてください!
 
パワーレンジャーになるために5人が訓練してる場面です!
音楽も軽快だし、観ていて楽しかったのもあるけど、個人的に古田新太さんが演じるゾードンがジェイソンにダメ出しをしつつも最終的に『君がレッドレンジャーなんだから頼む』と言って託すシーンがあって。プライベートで古田新太さんにダメ出しばっかりもらって怒られている僕としては 、「今回は僕のこと頼りにしてるな、気持ちいい〜」って感じました(笑)
s_ゾードン
 (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
 
ー私は、実際に『パワーレンジャー』を観て、たくさんの女子高生に観てほしい!!って感じました。
勝地さんがこの作品を通して、女子高生に楽しんでもらいたいところを教えてください。
 
この作品には女子高生が二人登場していて、その内の一人であるキンバリーは、あることをきっかけに友達の輪から外れてしまうんです…。女子ならではの繊細な悩みを抱えるキンバリーは、そこから自分はどう自分らしく生きるのか」ってところに葛藤するんだけど、きっと共感してもらえるんじゃないかと思います。
あと、単純に『ヒーロー=最初から強い』って概念がこの映画にはなくて、『不完全で特別ヒーローじゃない人たちがヒーローになっていく』その過程が楽しめるんじゃないかと思います!!
あとは・・・キンバリーが可愛いので(笑)皆さんもぜひ、楽しんでください!!
 s_キンバリー
(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

女子だから観ないというのはもったいない‼

アクションシーンのアフレコって動いちゃダメというのはすごい難しそうですね😱
 
そして勝地さんが何度も繰り返し語っていたのは『女子だから観ないのはもったいない!』ということです‼
私もそれに同感で、ピンクレンジャーのキンバリーや、イエローレンジャーのトリニ―は二人ともJK!
そのJKが悩み、葛藤し、戦い、答えを見つける姿には、感動し、共感するはず!!
そして何より、元は不完全な選ばれしヒーローたちが、最後は成長し、全員とってもカッコイイんです!!!
s_メイン (1)
(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
 
映画『パワーレンジャー』は7月15日(土)にROADSHOW!!!!
 
とにかくJKは、この夏休、友達と観に行くことをおすすめします😍👍❤
 
 
 
続く≪PART2≫では、勝地さんの高校生の時代や、勝地さんご自身について語っていただいたインタビュー模様をお届けします‼お楽しみにー♡
 
 
ゆうみぃ
Writer ゆうみぃ
高校3年生 東京都

趣味はカフェ巡り?でも、あと5kgぐらい痩せたいな~と何年も思っているゆうみぃです。 ダイエットやグルメなことを紹介していきます(’-’*)♪

ゆうみぃの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')