予測不可能なイヤミス!!映画「暗黒女子」主演の飯豊まりえさんにフミコミュ単独インタビュー☆

予測不可能なイヤミス!!映画「暗黒女子」主演の飯豊まりえさんにフミコミュ単独インタビュー☆

4月1日公開、清水富美加(しみずふみか)飯豊まりえ(いいとよまりえ)W主演映画「暗黒女子」飯豊まりえ演じる白石いつみについて分析してみました☆

Akemi
Akemi

全員悪役。映画「暗黒女子」がついに公開!!!

 

 

暗黒女子ロゴ

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

 

 

[あらすじ]

 

セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。

ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。

校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事故なのかわからない。

やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。

親友だったいつみから会長を引き継いだ澄川小百合は、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。

今回のテーマは、「いつみの死」。それぞれを“犯人”と告発する作品を発表していく。

物語は 5 つ、動機と結末も 5 つ──果たして真実は?

 

 s_メイン

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

 

「キャスト」

清水富美加(しみずふみか)、飯豊まりえ(いいとよまりえ)、清野菜名(せいのなな)、平祐奈(たいらゆうな)、玉城ティナたましろてぃな)、小島梨里杏(こじまりりあ)、升毅(ますたけし)、千葉雄大ちばゆうだい)

 

「公開日」

4月1日(土)

 

 

 

注目ポイント① 新たな顔。「飯豊まりえ」の真骨頂!

 

今回「暗黒女子」で白石いつみ役を務めた、飯豊まりえさん

これまで出演された「MARS〜ただ、君を愛してる〜や、「きょうのキラ君」からは想像もできない表情を見せた飯豊まりえさん。

 

 

予告の中盤「いやだ。」この3文字にゾクっとした人も多いのではないでしょうか。

目つきや口の開け方、そして喋り方…。

 

それらは全て、“飯豊まりえ”ではなく“白石いつみ”でした。

 

 

「ヒロインであること」にこだわり、

周りのものを見下し」、

欲しいものはどんな手を使ってでも手に入れようとする」

 

そんな白石いつみの姿が、映画の中ではっきりと描かれ、生きていたと思います。

 

 s_サブ2

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社 

 

またこの映画では、出てくる女の子たち(文学サークルの部員)が員悪女役である一方で、

全員美女のキャスティングが絶対だったとか!

 

表向きはとても優秀であったり優しく見えますが、

少しの欲望であったり心の緩みが、彼女たちを違う方向へ持っていってしまい、

裏では想像を超えたことを考えている悪女たちでした。

 

 

注目ポイント② 「白石いつみとは、結局どういう人物だったのか・・・?」

 

映画「暗黒女子」を通して、ある一つの疑問をずっと最後まで考えさせられます。

 

それは、

 

「結局“いつみ”ってどんな人物だったのか??」

 

s_サブ6

 

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社 

 

作中、 何面もの顔をみせる「白石いつみ」。

 

根っこからの悪女なのか、はたまた、なんだったのか…。

 

きっと見る人によって、その正体は変わると思います!!

だからぜひ、自分なりの「いつみ」を探してほしいです!

 

ちなみに私は、「どうしていつみはココに至ったのか」を考えさせられました。

1つはだと感じています…。

彼女は恵まれた生活を送っています。

そしてお父さんの力さえあれば欲しいものは全て手に入れることができます。 

全て欲しいものは親の力を借りて手に入れることができ、苦労して努力して自分の力で手に入れることをせず成長しているた

次第に自分の力のみでは生きられなくなっていたのだと感じています。

 

私はこの映画を観て、いつみという人物に共感する部分はありませんでしたが、

彼女の気持ちを理解してあげることはできたのかな…と思います。

 

白石いつみは、きっと1人の人間として自分1人で生きたかった…。

 

そして、普通の高校生として恋をし友達を作りたかったのではないでしょうか。

 

 

「自分が分からなくなったことも…」飯豊まりえさんが語る、“白石いつみ”にかけた想い。

 

今回は、なんと、「白石いつみ」を演じた飯豊まりえさんに単独インタビューしてきました!!! 

その模様をお届けします!!

DSC04102

○映画の完成版を観た時の感想を教えてください!

 

話がアップテンポで進んでいくので最初の印象との最後の印象がガラッと変わっていくところが驚愕でした。

 

完成版を観るまで、自分自身どうなることか、と思っていましたが観てみたら凄く胃が痛くなるような嫌なストーリーになっていましたね😨🔥

 

 

今回の役では今まで見たことのない、飯豊さんを観ることが出来ました!どのような役作りをしてこの作品に挑みましたか?

 

撮影に入る2週間前に監督と猛特訓をしました!

 

作品の内容をひも解きつつ、いつみちゃんの多面性を2パターンくらい決める、という作業をしてから撮影に挑んだので台本がとても汚かったのを覚えています📑😳

 

 

○撮影前や撮影中、いつみを演じるにあたってご自身の中で大切にしていたことはありますか?

 

いつみは、立ち振る舞いなど凛としていないといけなかったので、いつも自分は猫背気味だからジムに通ったりなどして気をつけていました。

あとは、仕草とかも軽やかにやって欲しいと監督からオーダーがあったので、意識して演じましたね😉

 

 s_サブ4

 

○参考にした作品などはありましたか?

 

舞台っぽいお芝居を求められたのでWの悲劇」という映画を観ました!

 

 

この作品では「多面性を持ついつみ」が登場し、観る人によって印象が変わると思います。飯豊さんは、いつみに対してどのようなイメージを持ちましたか?

 S#001D_046

いつみちゃんはきっと凄く純粋な女の子だと思います。

誰にでもある多面性をちゃんと発揮している女の子だなと感じて、理解できる部分もあるのですが…。

まぁ、「どうしてそうなってしまうのかな~?」と結果的に疑問に思うところもありました😳

 

でもやっぱり、私は一番いつみちゃんを理解してあげないといけなかったので、

(作品を観る人に、)「嫌な部分はあるけれど結果的に良い子だったんだな」と思ってもらえるように演じるバランスにこだわりましたが、

そこは難しい部分でもありましたね。

 

 

○いつみを「理解できた」ということですが、「共感できる点」はありましたか?

 

ラストは意外と共感でき…?

いや…、共感できなすぎて😅

どうにか理解してあげようと思っていましたが、いつみちゃんという人物と向き合うのは、正直難しかったです。

 

 

映画の後半、屋上のシーンでいつみが見せた表情が強烈的でした。あのシーンはどのような気持ちで撮影に挑みましたか。

 

あそこのシーンは本当に大事にしていました😊

「いやだ。」という3つの文字にどれだけ憎たらしさをこめられるか…。

 そして、いかに女の子たちの心をコントロールし、相手を逆上させられるかを模索しました。

 

撮影期間中は夏だったので毎日とてもカラッとしていましたが、

その日だけ雨と風がすごくて、セットが揃ったと思いましたね☔😁

 

 

どのシーンも撮影は大変だったと思いますが1番苦労したシーンを教えてください。

 

映画の冒頭で(平祐奈演じる)二谷美礼を文学サークルに呼んでサークルの部員を紹介するシーンですね。

自分の世界観と自分のタイミングでみんなをかき混ぜ、コントロールすること、

そして無邪気さを保ちつつもお姉さんらしさを表現しないといけなかったのでそこは難しかったです。

 

 

○暗黒女子の撮影をして自分が成長したと思う点は?

 

メンタル的に強くなったと思います(笑)

内面性が鍛えられた気がしますね!✊🏼

1人の役だったけれど、内容的には5役くらいあったので自分が分からなくなってしまったことがあったほどです。

でもそんな時に、プライベートで出会った人達がすごく良いヒントをくれて、そこから現場での立ち振る舞いが変わりました!🌟

 

 DSC04107

撮影中のエピソードで何か楽しかったことなど思い出の強いものがあれば教えてください。

 

共演者のみんなのほほんとしていて暗黒感が全くなかったところがなんだか面白かったですね(笑)

 

「暗黒感」の要素がない人たちが(演技で)騙し合いをする、このギャップが面白いですよね。😆

 

あとは、美容について話したりしてました!

玉城ティナちゃんが楽屋に美容ドリンクとかを置いてくれたのでみんなで飲んだり、

夏場はみんな顔がむくんだりしたので、みんなコロコロローラーでマッサージしてましたね♪😉

 

 

○これから「暗黒女子」を鑑賞する中高生に向けてPRをお願いします。

 

女子は絶対に共感できると思います。特に高校生!!

 

最初と最後の顔が、みんな違うのでぜひそこにも注目して楽しんでいただいて、

そして、大ドンデン返しが2回くらいあるので、騙されてほしいなと思います 😁💕

 

 

あなたはこの映画「暗黒女子」、どう捉えますか??

 

飯豊さんのインタビュー前半が終わりました!

 

私はインタビューをして、撮影開始前に監督と猛特訓をして、「白石いつみ」を徹底分析し、0から作り上げた飯豊さんの女優魂圧倒されました!!

 

皆さんもぜひ、4月1日公開の映画「暗黒女子」を鑑賞して、「白石いつみ」という人物について色々と考えてみてください!!

 

彼女がどうして死んでしまったのかはもちろん、彼女がどうしてこのような人物になったのかについても・・・。

 

 s_サブ1

 

 次回の記事では、飯豊さんインタビュー後編をお届けします!

後編では、飯豊さん自身の学生生活について語って頂いたり、夢を追う女子高生に向けてのメッセージ、さらに、嬉しいプレゼントもあるので、

お楽しみに!!☆

⇒【サイン入りチェキ☆プレゼント】映画「暗黒女子」主演・飯豊まりえさんにフミコミュ単独インタビュー☆

 
Akemi
Writer Akemi
高校3年生 東京都

年がら年中、映画とドラマばっか見てます… エンタメネタの記事からJK受けする記事まで幅広く書いていこうと思います! Twitter→@akemi_hosaka instagram→@akemi_hosaka

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')