この春、注目して欲しい映画『3月のライオン』!!ひなた役、清原果耶さんにフミコミュ単独インタビュー☆

この春、注目して欲しい映画『3月のライオン』!!ひなた役、清原果耶さんにフミコミュ単独インタビュー☆

【前編】大ヒット上映中、【後編】4月22日公開の映画『3月のライオン』でひなた役を務める女優、清原果耶さんにインタビューしてきました!お芝居への情熱や、作品への想いなど、たくさん語っていただきました!

美味
美味

映画『3月のライオン』 【前編】大ヒット公開中!!

名作『ハチミツとクローバー』で知られている羽海野チカさんの漫画、『3月のライオン』が映画化!!

漫画の人気から、すでにアニメ化もされています!!❤

3lion_logo

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

『3月のライオン』と聞くと、このタイトル名に少し引っかかる人も多いかもしれませんね…。

実はイギリスには春の訪れを表すことわざがあるそうです❣

 

 

 

 

「3月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかに終わるー」

 

 

 

 

このことわざを知った上で、作品を観ればきっと、「なるほど…!」と唸るはずです😳🌸

桐山零(神木隆之介)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』は前編・後編の2部作に分かれており、

前編は大ヒット公開中後編は4月22日(土)にと2部作連続で全国ロードショーとなります!!

 

この作品は、連続ドラマになってもおかしくないほど、展開と内容がたくさん詰まっているので、

前編・後編、2部作ともに、最後まで満足する内容になっています!!😁🌟

 

監督、大友啓史さんとは?

 

映画『3月のライオン』を手掛けた監督・大友啓史さんは、人気映画を次々と生み出す有名な監督さんです😳💕

『プラチナデータ』、『るろうに剣心』『秘密 THE TOP SECRET』『ミュージアム』など、

名前を聞いただけで「あっ!!」と思い浮かびませんか…?😁

激しいアクションに激しい演出で、日常離れした画が目に浮かんできます。

 

そんな監督が、今回手がけたのは「将棋と人間のドラマ」!

人が変死したり、炎が上がることはないでしょうし…。

映画『3月のライオン』は、いったいどんな演出で、どんな作品に映画になっているのでしょうか?

 

映画『3月のライオン』ってどんな内容?

 

  ・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・

s_3lion_poster

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

 

『闘う、愛したい、生きる』

こちらのポスターにもある、『闘う、愛したい、生きる』というフレーズは、まさにこの作品の主人公・桐山零を表します。

零は、中学3年生にして将棋界でプロ入りを果たした注目の棋士です。

しかしその背景には、幼くして家族を交通事故で亡くし、居場所を失ったなか、

新しい家族で“生きるため”に「将棋」をするしかなかった彼なりの人生がありました😢

生きるために将棋に没頭し、生きるためにプロになり、生きるために育ての父親をも打ち勝たなければなりません。

そんな闘うことでしか生きられなかった零は、人を「愛すること」を知ります…💓

s_OK307A4576

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

 

 

  ・・・・・・・・・・・見どころ・・・・・・・・・・・

それぞれのキャラクターの人間味に注目!!

この映画の大きな特徴として、零に限らず、登場するすべての人物が「どう生きるか」に葛藤するところが挙げられます。

s_二海堂晴信(染谷将太)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

 

一見完璧に見える人物にも秘密があり、様々な葛藤が垣間見える中で、

きっと作品を観る人は自分と重ね合わせ、共感する部分があるはずです!!❤😌

 

s_幸田香子(有村架純)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

 

「今を生きる人、そして闘う人に向けたエール」がこの作品には込められています!!

 

 

そして、なん言っても…

 

 

この作品で、一番の驚きはココ‼‼‼‼‼

 

将棋の対局シーンの「臨場感」🔥🔥

s_島田開(佐々木蔵之介)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

 

私は将棋の経験どころか、ルールも、なにも知らないド素人でしたが、自分でも驚くくらい熱中して見入ってしまいました👁👁🌟

まるでサスペンス映画を見ているようなハラハラ感🔥🔥に、スポーツを観戦しているような白熱!!🔥🔥

「で…どうなるの??」、「どうなったの!?!?」、と思わず手に力が入ってしまうほどです✊

 

s_山崎順慶(奥野瑛太)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

 

ぜひ皆さんも、どっぷりと作品の世界観に入り込んで、楽しんでいただきたいです!!❤

 

 

清原果耶(きよはらかや)さん演じる「ひなた」とは?

川本ひなた(清原果耶)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

 

零に「将棋以外の居場所」、そして何より「愛すること」を教える一家・川本家が登場しますが、その一家の次女がひなたです‍‍❣👩‍👩‍👧

人にやさしく、明るい少女。しかし一方で、大好きな母を亡くし、人知れず心に抱える深い傷があります…。

 

太陽のように笑い、ある時は泣き叫び、またある時は深く悩み、そして怒り…と、

登場人物の中では感情豊かで芯の強い人物でしたが、

清原さんの表現がとても豊かで、はまっていたのが印象的でした!😊❣

 

 

気になるインタビュー内容をご紹介!!

試写会ですっかり映画『3月のライオン』のファンになってしまった私ですが…😁

今回はひなた役、清原果耶さんになんと単独インタビューをさせて頂きました!!☀

 

実は清原さんはまだ15歳という若さ!!

しっかりとした受け答えと落ち着きに、尊敬するほどでした💓

 

それでは、さっそく内容を見ていきましょう!!

DSC04055

👤初めて脚本を読んだとき、どのように感じましたか?

 

はじめてこの作品を知ったのは原作の漫画でした。ひなた役のオーディションを受けることになってから、すぐに漫画を全巻買って読みました。

台本を読んだときはよく泣く女の子だなと思って、「撮影の3か月間、自分はひなたをしっかりと演じられるのかな」と少し不安もありました。

 

👤この映画の主人公である桐山零は、様々なことで葛藤し、それでも必死でしがみつき駆け抜ける姿が印象的でした。

清原さんは、そんな「桐山零」の姿にご自身を重ねるような経験はこれまでありましたか?

 

今現在の私です!😊

とにかくお芝居のお勉強をたくさんしたいと思って、映画などいろんな作品を観たり、練習を頑張ったり、必死に勉強しています。

 

👤清原さん演じる「ひなた」は明るくて優しかったり、両親について繊細に悩んだりと様々な面を見せていました。

清原さんが演じる上で、1番どういった点でこだわりましたか?

 

ひなたは表情がたくさん変わるし、よく泣いたりするので、

観ている方の第一印象はきっと明るい女の子だと思うんですけど、

『明るいときや暗いとき、悲しんでいるとき、落ち込んでいるときの差をしっかりつけてお芝居しなきゃ』と意識しました!

 

👤どんなところが難しかったですか?

 

私は表情を大きく変えたり感情を顔に出すお芝居が苦手で、現場に入っていろいろ悩んだりしたんですけど、

監督や現場の雰囲気共演者の方々に助けていただいて最後まで撮影できました。

 

👤ひなたのどんなところが好きですか?

 

周りの人を元気づけられる明るさ、そして芯の強さですね。

川本家のみなさんでご飯を食べる時間など、楽しい生活を送る中でつちかった、彼女の心の強さがすごく魅力的だなと思います😌💓

 

👤作品の中で「自分と似ているな」と感じた登場人物は誰ですか?

 

零くんと、二海堂(零のライバルであり心友)と、香子(零の義理の姉)を混ぜ合わせた感じ…ですかね。

 

👤どんなところですか?

 

二海堂ってすごく情熱的で、熱い!のですが、そういう情熱的なところは私の中にもあって。

でも人からは、香子のような鋭さがあるってたまに言われるのでそうなのかなって。

それから、零くんみたいに「将棋しかない!」っていう物事に全力で取り組む姿勢がかっこいいなって思っていて、

私も今、お芝居を頑張っているし負けず嫌いだから、3人を混ぜた感じかなって想像します!!☀

 

👤私はこの作品を通して、「生きるってこういうことなんだな」と壮大なメッセージを受け取りました。

清原さんはこの作品の完成版をご覧になられて、どのようなことを感じましたか?

 

心から感動しました。

作品自体の演出にも感動したんですけど、3か月間の撮影で自分が全力で取り組んだお芝居が

こんな風に映っていて、自分はこんなお芝居をしていたんだ、と知ることができて、嬉しかったです。😊

DSC04074

 

👤これから映画『3月のライオン』を観る人に向けて、作品の見どころだったり、清原さんが見てほしいところを教えてください。

 

『3月のライオン』といえば「将棋」というイメージが強い人が多いと思うんですけど、

将棋を知らない人でも楽しめるような映画になっています!!

そして、私と同世代の人にも是非観て欲しいです。

前編は熱い棋士たちの対局が見どころになっていて、後編は川本3姉妹がメインとなって家族の話やいじめの話がすごく細かく描かれているので、

いろんな方に楽しんでいただける作品になっていると思います!是非チェックしていただきたいです😉💓

 

 

つづきはPART2!!

作品を観たときは、清原さんの表現力に圧倒されましたが、

インタビューで、実は「表情を大きく変えたり、感情を大きく顔に出すお芝居が苦手」といった意外な面に驚きました!!😳🌟

 

インタビューの続きはこちらからどうぞ↓↓

⇒映画『3月のライオン』よりオリジナルグッズ・プレゼントがもらえるよ!!出演者の清原果耶さんにフミコミュ単独インタビューPART2

 

美味
Writer 美味
大学1年生 東京都

音楽、綺麗なもの、読書、御洋服が好きです。

美味の記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')