【インタビュー続編】夢を作り続ける人、御法川(みのりかわ)監督が自身について教えてくれた!!

【インタビュー続編】夢を作り続ける人、御法川(みのりかわ)監督が自身について教えてくれた!!

志田未来(しだみらい)竜星涼(りゅうせいりょう)W主演映画「泣き虫ピエロの結婚式」の監督、御法川監督の自身のことについてインタビューしてきました!

Akemi
Akemi

 

自身について教えてもらった!


9月24日(土)公開映画「泣き虫ピエロの結婚式」の監督、御法川監督に監督自身のことについてインタビューさせていただきました。

 

n1


「作品についてのインタビュー」はこちら
【インタビュー】映画「泣き虫ピエロの結婚式」監督、御法川修(みのりかわおさむ)監督にインタビューしてみた!
 
みんなの、これからを変えるきっかけとなる言葉があるかも!?

ぜひ読んでみて下さい。

 

夢を叶えている人の話を聞いてみよう!

 

①監督になろうと思ったきっかけ。

 

「僕は伊豆の下田で生まれました。

今はインターネットの環境が整い、地方にいても様々な情報が手に入りますが、僕の青春期だった80年代には東京でなければ手に入らない本や音楽が山ほどありました。

自分の知的好奇心を満たしたい一心で映画館に出かけていたように思います。

 

映画館って不思議な場所だと思います。

人々は自ら望んで暗闇の中に身を置いて、まるで自分の心をのぞき込むようにスクリーンに投じられた光を眺める。隣の席に恋人や家族が座っていても、暗闇の中では誰もがひとりぼっちになる。

そして、心の声と会話するんです。

 

僕の人生に一番影響を与えたのは、映画館という空間そのものだったように思います。

 

映画の仕事をしたいとはっきり意識したのは、高校2年生の時。

ある映画への感動と合わせて、エンドロールの出演者やスタッフの名前が神々しく見えた瞬間でした。

 

これだけ大勢の人間が携わっているのなら、この中のひとりにはなれるんじゃないかとひらめいたんです(笑)」

 


 
 
ー私もエンドロールに名前が載りたいと中学3年生の時からずっと今も感じていることだったので驚きました。

 



  
②監督がしている人生失敗しない為のコツ。

 

「失敗だらけの日々なので、心もとないけど(笑) 

ここ数年こまめにメモを取ようにしてるんです。投げかけられた言葉や気づいたこと、目にした風景とか。

 

その中から「泣き虫ピエロの結婚式」に活かしたことがいくつかあります。「おんぶ」とか「ひとりじゃ大変だよ」ってセリフとか。

 

自分の中を通り過ぎたことを書きとめるのは、人生を二度生きる手段のような気がしています。

 

 


 
 
ー私も毎日小さなことだけれど失敗はあるので携帯のメモに書き込もうかなと思います。
 
 

 

 

 ③監督業のやりがい、やっていて良かったこと。

 

「演じる俳優、カメラや照明を扱う技術者、それぞれが自分の役割を全うする集団作業です。

 

ささいな仕事にもセンスが必要です。たとえば弁当の手配。

寒い日なら、決められた弁当代を調整して温かい汁物を付けてみたり、贅沢はできなくてもメニューをアレンジする。手渡すタイミングも重要です。

 

そんな小さなことが積み重なって、スタッフの志気が高まるわけですから、価値のない仕事なんて何ひとつないんですね。

 

取り替えのきかない役割を互いに尊重し合って、みんなで高め合える仕事は充実しています

 

_MG_7673
 
ー私もいつか、そんな素敵な人達の一員として一緒に作品を作り上げていきたいなと思いました。
 
 
 
④夢や目標を持つ学生に一言。

 

「今どんな分野でも、すぐに体験してみることができるじゃないですか。

 

たとえば映画をつくることも、演じることも習う場所がたくさんある。たえず学ぶことは大事だけど、誰にでも真似できることで他人の心を動かすことはできないし、ましてやお金を稼ぐことは難しい。

 

自分にできることで自信を深めるよりも、自分には到底敵わないと思える人の下で鍛えられる経験を積むことが、結果は強いと思っています。

 

簡単な道より、難しい道を選ぶ勇気と覚悟こそ夢を実現する秘訣だと思いますよ。

 



ー凄く納得できる回答で私にとっては、とてもタメになるお話でした。
この言葉を胸に刻み、これからも頑張りたいと強く思いました。

 

憧れの未来をつかむために。

 

 

みんなの夢を叶える為の一歩となる言葉はありましたか!?


夢を作り、夢を与える仕事。
私にとって、とても興味のある魅力のある仕事をしている方だったので、この度直接お会いしてお話ができとても勉強になりました。


今、思い描く憧れの未来になるように、みんなも色々迷って色々学んで頑張ろう😁

 

Akemi
Writer Akemi
高校3年生 東京都

年がら年中、映画とドラマばっか見てます… エンタメネタの記事からJK受けする記事まで幅広く書いていこうと思います! Twitter→@akemi_hosaka instagram→@akemi_hosaka

Akemiの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')