【サイン入りチェキプレゼント】映画『惡の華』伊藤健太郎さん&玉城ティナさんにインタビュー!

【サイン入りチェキプレゼント】映画『惡の華』伊藤健太郎さん&玉城ティナさんにインタビュー!

【サイン入りチェキプレゼント】9月27日(金)公開の映画『惡の華』に出演されている伊藤健太郎さん、玉城ティナさんにインタビュー!お二人が考える作品の魅力や、ご自身と役柄との共通点、ストーリーにちなんだ質問など、たくさん語っていただきました。インタビューの最後にはチェキのプレゼントも!最後までお見逃しなく♪

トレンド発信チーム
トレンド発信チーム

映画『惡の華』が9月27日(金)に全国公開!

別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしたコミック『惡の華』がついに、原作者からの逆指名を受けた井口昇監督のもと実写映画化!

今回は、本作の主役・春日高男を演じる伊藤健太郎さん、春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村佐和を演じる玉城ティナさんにインタビューをしてきました!

映画『惡の華』

<STORY>

あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。

中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。
ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。
その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。

こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

<作品情報>

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)

監督:井口昇 脚本:岡田麿里

出演:伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかり TV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)

配給・宣伝:ファントム・フィルム ©押見修造/講談社 ©2019 映画『惡の華』製作委員会

公式サイト:akunohana-movie.jp twitter:@akunohana_movie

出演が決まって、プレッシャーよりも”ワクワク”を感じていた?

―『惡の華』は原作コミックも人気がある作品ですが、その実写版映画に出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?プレッシャーはありましたか?

伊藤健太郎僕は基本的に、プレッシャーをあまり感じないほうなんです。だから今回も、ガチガチになることも全くなかったです。
プロデューサーチームや監督からも「すごく大事な作品なんだ」っていう熱意を、最初の顔合わせの時に伝えてもらっていたので、それに対しての感謝と、ワクワク感がありました。

玉城ティナ原作を読んでいたこともあって、仲村という役がイメージしやすかったですし、春日役が伊藤さんということも聞いていたので、二人の関係性を築く面でも大丈夫じゃないかなと思っていました。だから、プレッシャーよりも楽しみのほうが大きかったです。

―玉城さんは原作コミックを読んだことがあったんですね!『惡の華』を手に取られたきっかけは何だったのでしょうか?

玉城ティナ原作の表紙を見てもらうと分かると思うんですけど、仲村が『クソムシが』って言ってる表紙で、「これってどういうこと?」って手に取ったのがきっかけで、最初は完全にジャケ買いでした。
読んでみると、表現自体は激しいものがあるんですけど、描かれている内容はすごくピュアでわかりやすいなと共感しました。

伊藤さん、玉城さんが考える『惡の華』の魅力とは?

―春日のある行為を秘密にする代わりに、という契約から始まった仲村との主従関係を軸に物語が進んでいく『惡の華』ですが、お二人は、この作品の魅力はどのようなところだと思いますか?

伊藤健太郎『惡の華』って一見すると、このポスターとか言葉のチョイスとかで、過激なストーリーなのかな、って思われがちなんです。確かにそういうシーンもありますけど、僕たちが実際に表現したかったのは、本当に純粋な少年少女、純粋すぎるくらい純粋な人たちの集まりです。そういう人達が、色んなものや人と出会って変化していく様子、っていうのは見ていて面白いんじゃないかなと思います。

玉城ティナやっぱり原作が300万部売れているということは、それだけ多くの人の心に刺さった作品だと思うんです。それはどうしてだろうって考えたとき、読者が自分の思春期を思い出して、登場人物のセリフや感情に共感して、当時のモヤモヤ感が解決したような気持ちになるのかな、って思うんです。

―なるほど。誰もが経験する思春期を描いているからなんですね。

玉城ティナあとは、原作の押見先生が、物語の舞台となった桐生の風景をリアルに描いていて、映画の撮影も原作にできる限り忠実に桐生で行ったんです。だからこそリアリティがあるというか、現実と重なる部分もあって、二次元感がありすぎないというか。バランスが非常にいい作品なのかなと思います。

「150cmの芝居をしてくれ」?!本作での役柄を演じる上で意識したことは?

―読書好きで内向的な春日、クラスでは問題児として扱われる仲村さんという役柄を演じるにあたり、どんなことを意識されましたか?

伊藤健太郎今回の役が中学生だったので、監督から「150cmの芝居をしてくれ」と言われまして。

―「150cmの芝居」ですか?

伊藤健太郎監督と一緒に仕事をするのは今回が2回目なんですけど、初めての顔合わせの時「健太郎さんは、骨格を変えることができるじゃないですか」と言ってくださって。
それで今回「150cmの芝居を」と言われたんですけど、その言葉の意味はすごく理解ができたんです。
ビジュアルだけではなくて、心の中の中学生に寄り添ってくれ、ということだと。だから、中学生の男の子の、春日のキョドる感じとかは、背骨を丸めてみたり、歩幅を狭くしてみたり、目線を変えてみたりで表現しました。

玉城ティナ私は、仲村というキャラクターがもうすでに確立している印象があったので、原作に正解があると思っていました。監督も原作に対するリスペクトがすごくあったので、まずはどうやったら監督が喜ぶかな?っていうのを模索したり、仲村のキャラクターを、監督に常に寄り添って考えました。

伊藤さんと春日、玉城さんと仲村。役柄との共通点は?

―本作での役柄とご自身との間で、共通点はありますか?

伊藤健太郎春日の、皆と違う本を読んでいることに格好良さみたいなものを感じる感覚は、確かに僕も中学生くらいの時に持っていました。
僕は映画が好きだったので、皆が見たことないような映画を見て、「この映画すごい面白いんだよ」って話して、周りが「えー何それ?」って食いついた時の優越感みたいなのは、共感できるなって(笑)

玉城ティナ仲村は、セリフや表現の仕方がすごく過激なキャラクターで。私にはそういうアウトプットの方法はないんですけど、そこに行きつくまでの動機というか、「毎日がちょっとつまらなくて、自分のことは誰も分かってくれない」みたいな気持ちは学生時代ありました。
そういう気持ちがあったほうが、こういう仕事にも生かせると思ってここまで生きてきたので、分かる部分はありましたし、やっぱり何より演じるにあたって、仲村に一番近い人物でいようと努めていました。

思い出がよみがえる!伊藤さん&玉城さんが学生時代に夢中になったことは?

―ちなみに、本作で春日は文学に夢中な学生でしたが、お二人が学生時代に夢中になったことは何でしたか?

伊藤健太郎遊びですかね。遊ぶのって大事だと思うんです。今も遊びがあるから仕事も頑張れている、バランスが取れている部分もあって。
学生時代も、”どう楽しく一日を終わらせるか”っていうことに全力でした。いきなり「今から鎌倉行くぞ!」って友達と車に乗り込んで鎌倉行ったりとか、友達と馬鹿なことばかりしていました(笑)

玉城ティナ私は沖縄出身なんですけど、沖縄から東京に出てきて、何でもある環境の中で、自分に何が合うのかを考えていたような気がします。読書も好きなので、本だったり漫画だったり映画だったり、色々なものをインプットして、自分のアンテナに引っ掛かるものを常に探していました。

ーありがとうございました!

映画『惡の華』は9月27日(金)より全国公開となります!

思春期特有の衝動を描き、伊藤さん演じる春日と玉城さん演じる仲村さんの関係、さらに二人を取り巻くキャラクター達が繰り広げる展開からも目が離せない作品です。

ぜひ劇場でご覧ください!

衣装クレジット:

▼伊藤健太郎
ヘアメイク:島徹郎(juice)
スタイリスト:釘宮一彰(juice)
・パンツ ¥28,000-
<ブランド> CULLNI (クルニ)
<問い合わせ先> Sian PR (シアン PR)
〒150-0002 渋谷区渋谷2-2-3 ルカビルⅡ 2F〜4F
TEL 03-6662-5525
info@sian-pr.com
※その他スタイリスト私物

▼玉城ティナ
ヘアメイク :今井貴子
スタイリスト:松居瑠里

伊藤健太郎さん&玉城ティナさんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント!!

最後にみなさんに嬉しいお知らせです!

今回インタビューした、伊藤健太郎さん&玉城ティナさんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントいたします♡

≪応募方法≫
こちらのフォームからご応募ください!

応募フォーム

≪応募締切≫
2019年10月11(金)15:00

   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')