【インタビュー&チェキプレゼント】超実写版『ライオン・キング』主人公シンバ役・賀来賢人さんがなってみたい動物は○○!?

【インタビュー&チェキプレゼント】超実写版『ライオン・キング』主人公シンバ役・賀来賢人さんがなってみたい動物は○○!?

【サイン入りチェキプレゼント】8月9日(金)公開の映画『ライオン・キング』で主人公シンバの声を演じる賀来賢人さんにインタビュー!作品のことから、初挑戦でシンバ役を演じた気持ちや、ご自身のことまでたっぷりと語っていただきました!インタビューの最後にはチェキのプレゼントも!最後までお見逃しなく♪

トレンド発信チーム
トレンド発信チーム

超実写版『ライオン・キング』声優初挑戦の賀来賢人さんにインタビュー!

ディズニーの傑作長編アニメーションとして誕生、ブロードウェイ・ミュージカルへと発展を遂げたのち、いまもなお世界中の人々の心を魅了し続けている『ライオン・キング』。実写もアニメーションも超えた驚異の“超実写版”が8月9日(金)から全国公開します。


© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

命あふれるサバンナの王国、プライドランドの偉大な王・ムファサのもとに生まれた主人公・シンバ。シンバの冒険や成長を通して伝えられる『すべての人に生きる意味がある』というメッセージは、観る人たちの心を揺さぶります。

監督は『アイアンマン』シリーズの大ヒットメーカーであり、『ジャングル・ブック』を手掛けたことでも有名なジョン・ファヴロー。シンバの声を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、シンバの幼なじみのナラ役を、世界の歌姫ビヨンセが演じます。

プレミアム吹替版ではシンバ役を賀来賢人さん、ナラ役を門山葉子さんが務めます。今回はシンバ役で吹替声優初挑戦の俳優・賀来賢人さんにインタビューしてきました!

記事の最後では賀来賢人さんサイン入りチェキのプレゼントも★

映画『ライオン・キング』

<STORY>

命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン・ムファサに、息子のシンバが誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうためにー。

<作品情報>

タイトル:『ライオン・キング』

公開日:2019年8月9日(金)

監督:ジョン・ファヴロー

出演:ドナルド・グローヴァー、ビヨンセ

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

賀来さんの『ライオン・キング』に対する想いとは?

ー長きにわたり世界中のファンから愛されている「ライオン・キング」は、賀来さんにとってどのような作品ですか?

賀来賢人もちろん小さな頃から知っていました。動物たちが登場人物で話もわかりやすく、曲も印象的で、ディズニー作品の中でも1、2を争うくらい好きな作品でした。友達が「ライオン・キング」のミュージカルに出ていて観たりもしていたので、ずっと近くにあった存在です。

ー超実写版『ライオン・キング』のどのようなところに魅力を感じますか?

賀来賢人物語のスケールと、“自分だけの力じゃなくて、他の人の力があって生きているんだ”っていうメッセージが強く感じられるところです。そのような作品はあまりないですし、『ライオン・キング』のメッセージの力はすごいと思います。

ーシンバの他に、特に好きなキャラクターはいらっしゃいますか?

賀来賢人スカーが好きです。ものすごく悪い役なんですけど、危うさや色気がある一方で、弱さもあって憎めないというか。そういうところが格好いいし、好きですね。

ー本作はまるで本物の動物のような美しい映像が描かれていることも魅力のひとつだと思います。実際に作品を観て、賀来さんにとってのお気に入りのシーンはありますか?

賀来賢人成長して大人になったシンバが、プンバァとティモンと三人で歩くシーンがかわいらしくて好きです。そこでシンバがいきなり『ハクナ・マタタ』を歌い出すところは、すごく良い感じになっていると思います。


© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ーでは、感動したシーンはありますか?

賀来賢人ある悲劇をきっかけにムファサが死んで、シンバが雲の上のムファサと対面した後、プライドランドを救いに行くときに壮大な曲がかかるんです。シンバとナラが走っているだけの画に、バン!って。そのシーンは感動しました。オリジナル版にもない曲なので、作品を観る方は結構度肝を抜かれると思います。

オーディションで掴み取ったシンバ役。吹替声優初挑戦の感想は?

 ー今回のシンバ役はオーディションで掴み取ったとお聞きしました。シンバ役が決定したとき、どのようなお気持ちでしたか?

賀来賢人本気でシンバをやりたい!、と思っていたので、すごく嬉しかったです。オーディション自体も久々だったので燃えました。燃えたところですごく緊張しちゃったんですけど(笑)

 ー今回が吹替声優初挑戦ということですが、実際に演じてみていかがでしたか?

賀来賢人芝居とは違う技術が必要で、やっぱり難しかったです。声だけで表現するっていうことは、すごいことなんだなって改めて思いました。でも、やるからには“自分がやった意味がある”と思ってもらうために、今まで培ってきた技術でどこまでシンバを作れるか、ということを模索しました。

ーシンバを演じるにあたって、役作りなどはしましたか?

賀来賢人芝居は自分主体で動いたりしますけど、今回は喋っている対象物に対して声を吹き込むので、シンバを見て、彼の感情がわかるように“共感”するという役作りをしました。シンバにどんどん自分が入っていく感じがあって、すごく不思議な体験でしたけど、勉強になりました。


© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ー本当に命を吹き込むようですね。

ー具体的に、どのような部分が難しいと感じましたか?

賀来賢人セリフのタイミングも決まっているし、その中でしっかり意味を伝えないといけないところです。抑揚をつけるにしても、そこで感情を表現しないといけないから、慣れるまで時間がかかりました。でも、実践していくうちに、どんどん体には入ってきました。

 ー『ライオン・キング』はストーリーだけでなく、楽曲も大変魅力的な作品だと思います。そんな楽曲を今回託されたことに対してどのように向き合ってこられましたか?

賀来賢人ナラ役の門山さんの声を聞いた瞬間に、これはいけるな、って思いました(笑)。アニメーション版の『愛を感じて』ともまた違った、新しい『愛を感じて』が歌えたと思っています。

ー歌う際に、何か気を付けた点などはありましたか?

賀来賢人ありました。やっぱり言葉を大事に、ということと、想いをちゃんと乗せる、ということです。何を伝えたいか、を意識すると全然変わるんですって。そこをすごく意識してやりました。

賀来さんがもし動物になるなら…ライオンではなく鳥!?

 ー 今回吹替を務められたシンバに対する想いをお聞かせください。

賀来賢人羨ましいな、と思います。最初はワガママでやんちゃだけど、ちゃんと覚悟を決めて行動に移せる素直さ、真っ直ぐさはすごく素敵です。

 

ーなるほど。本作に登場する、ムファサは威厳にみちた王であると同時に、自らの命を投げ出してもシンバを救おうとする愛情深い父親です。賀来さん自身が、子育ての中で感じることはありますか?

賀来賢人子どもからは教わることの方が多いです。自分が教えるっていうよりは、間違ってることは間違ってる、って言いたいとは思っていますけど、この概念は大人の都合だな、と思うことのほうが多いですね。


© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ーそれでは作品にちなんで、賀来さんがもしも動物になるとしたらどの動物になりたいですか?

賀来賢人鳥ですね!空を飛んでみたいからです。気持ちよさそうだなって思います。

ーライオンではないですか?(笑)

賀来賢人ライオンは…縄張り争いとかがあるから、ちょっと…。僕は平和に飛んでいたいかなあ(笑) 

ー確かにライオン界は厳しそうですよね(笑)

 ー最後に、フミコミュの読者に向けてメッセージをお願いします!

賀来賢人間違いなく全世代の方が楽しめるエンターテイメントになっていると思うので、友達でも恋人でもひとりでも、『ライオン・キング』の素晴らしさを体感していただけたら嬉しいなと思います!

ーありがとうございました!

『ライオン・キング』愛や、シンバを演じた気持ちをたっぷりと語ってくださった賀来さん。賀来さんの熱い想いをうかがっていると、一度だけではなく何度でも観たくなってしまいます。

圧巻のスケールで描かれる映画『ライオン・キング』は8月9日(金)より全国公開!ぜひ劇場でご覧ください!

賀来賢人さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント!

最後に、みなさんに嬉しいお知らせです!

今回インタビューした、賀来賢人さんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントいたします!

≪応募方法≫
こちらのフォームからご応募ください!

応募フォーム

≪応募締切≫
2019年9月5日(木)15:00

   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')