岡田准一・二度ボケるも、ややウケに苦笑「大スベりしました(笑)」

岡田准一・二度ボケるも、ややウケに苦笑「大スベりしました(笑)」

映画『ザ・ファブル』の公開記念舞台挨拶が6月22日に都内の劇場で開催され、岡田准一らが登壇。『フツーじゃない!』と思うキャストの一面を暴露するクロストークなどが行われた。福士蒼汰のコメントに岡田は二度ボケるも、会場はややウケ。宮川大輔によるネタも披露され大盛り上がりのイベントとなった。

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶に岡田准一ら登壇

南勝久氏原作の人気コミックを実写化した映画『ザ・ファブル』の公開記念舞台挨拶が6月22日に都内の劇場で開催。岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、宮川大輔、佐藤浩市、江口カン監督が登壇した。

岡田が考える『フツーじゃない!』人は?

イベントでは、強烈な個性溢れるキャラクターが勢揃いの本作にちなみ、『フツーじゃない!』と思った共演者のエピソードを語るクロストークが行われた。岡田は「浩市さんが素敵なんですよ。僕のこと『准一』って呼んでくださる大先輩なんですけど」と切り出し「いつも僕のことを気にかけてくれて、現場に入ると『准一、大変そうだな、頑張れよ』って言ってくださって。今日も『准一、お客さん入ってるみたいだな。よかったな』って声かけてくれて。すごくかっこいいです」と笑みを浮かべた。

続けて「大先輩なのにそれが後輩にできるというのはすごいです」と尊敬している様子を見せた。佐藤は「まだ彼が10代のときに親子役でご一緒して。今、全部引っ張っていくのを見ると、がんばれよ准一、って」と心境を吐露。岡田は「父上、ありがとうございます」と頭を下げた。

岡田、関西弁だと調子が出ない?

木村は「岡田さん、関西のかたなのに関西弁だと調子出ない」と暴露。さらに「いつものおちゃめさんが出てこなくなってしまうな、って。標準語の方がやりやすいんだな、って」と明かした。

岡田は「それ絶対言っちゃいけないやつですよ(笑)」とツッコみ、「関西弁もうまく使っていきたいですよね。ほんま」と冗談混じりに語った。

山本は「柳楽さんかな。すごい役なんですけど、カットかかった瞬間すごく優しいんですよ。それがはっとします」と告白。それを聞いた岡田も「僕も耳にナイフをつけられて舐め回すように見られるんですけど、終わったあと、『大丈夫ですか、当たってないですか』って(笑)」と柳楽の優しい素振りを明かした。

江口監督は山本の顔の小ささを挙げたが、山本は「そこですか?生まれたときからこの感じなので」と困り顔。岡田が「みなさん比べるものがないからわからないと思う。スーパーで豆腐買ってみてください。あれくらいの大きさです。豆腐一丁くらい」と例えると会場は笑いに包まれた。

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')