「ザ・ファブル」にライバル宣言!?坂口健太郎×吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』父の日イベントに登壇

「ザ・ファブル」にライバル宣言!?坂口健太郎×吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』父の日イベントに登壇

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の父の日イベントが6月11日に都内の劇場で開催。息子役の坂口健太郎と父親役の吉田鋼太郎が登壇した。イベント終盤では坂口が吉田にネクタイと花束を渡すサプライズも行われた。

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV  光のお父さん』イベントに坂口健太郎と吉田鋼太郎が登壇

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が6月21日に公開される。同作は、息子である事を隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1,000万を超えるブログが原作。父と息子の関係を描いた作品であることから父の日にちなんで6月11日に都内の劇場で『父の日イベント』が開催され、息子役の坂口健太郎と父親役の吉田鋼太郎が登壇した。

坂口、吉田に感謝「鋼太郎さんが父親をやってくれたからすんなりできた」

自身が演じるアキオについて坂口は「普通って定義はいろいろあると思うんですけど、アキオは普通の男の子で、ゲーム愛があって。でも父親と距離があいてしまった。とても気持ちがわかったし、愛せる男の子だなと思いました」とコメント。また、吉田とのセリフのやり取りが少なかったことを明かし「瞬間瞬間の反応はすごく大切にしようと思ったんですよ。目が合った瞬間のちょっとしたやり取りとか、気恥ずかしい感じとか。鋼太郎さんが父親をやってくれたからとてもすんなりできたというか」と振り返った。

父親役を演じた吉田は「健太郎の子供時代も出てくるじゃないですか。それが今の健太郎になって、その過程が胸にくるものがあって。いつの間に話ができなくなったんだろう、って。大きくなったアキオを見てると、お父さんの気持ちがすごくわかって」と役と自身が重なるところがあったことを明かした。

坂口と吉田、お互いの印象を語る

今作で初共演となる二人。吉田の印象を坂口は「鋼太郎さんっていろんな役を演じられるからこんな印象っていうのが逆になかったんですよ。でも、紳士でダンディーで渋くて、って印象はあって。今回、役としてセリフのやり取りがないので、鋼太郎さんはどんな方なのかなぁ、と思っていたんですけど、すごくチャーミングな方です」と告白した。吉田は「嬉しいですね」と照れた様子を見せつつ「なんでもかんでもチャーミングって言えばいいもんじゃなよ」と返し、会場の笑いを誘った。さらに坂口は「キュートな方で。好きになっちゃいますね、お芝居しててもいろんなお話聞いてても」と笑顔を見せた。

吉田は坂口を「思ってた通りの人だ、って。優しい、穏やか、真面目、勉強熱心、きっと浮気はしないだろう、好青年。その通りだったんですけど、やっぱり役者だからお芝居じゃないですか。そこはすごかったですね。すごい集中力。全部一言に想いを込めてちゃんとこっちにくれるってことをきっちりできる俳優さん。尊敬してます」と大絶賛していた。

吉田、坂口を大絶賛

アキオという息子役を演じる上で、チャレンジしたことは何か聞かれた坂口は「息子役って意外としてないかもしれないです。いや、そんなことないか」と困惑。坂口は悩んでいるうちに質問を忘れてしまったようで「質問ちょっと忘れちゃいました(笑)」と笑っていた。再び同じ質問をされた坂口は「家族の日常を丁寧に描いているので、難しかったのは、反応を大事にしなきゃと思いました」と回答した。

吉田は「今回、悪い人の部分が一切ないじゃないですか。そんな奴いる?って思いがちなんだけど。僕が映画観たらこんな綺麗事ないだろって思うんだけど、でもそれが健太郎がやってるアキオを観るとそれが全然不自然じゃないんです。いい人でいいじゃん、って。それができる役者さんってあんまりいないと思うんです」と坂口を称賛。客席からは大きな拍手が贈られた。

坂口から吉田に父の日サプライズ!

イベントでは『父の日イベント』ということで、坂口から吉田にネクタイと花束が贈られるサプライズも。ネクタイは坂口が選んだそうで、吉田は「嬉しいです、すごく」と笑顔を見せていた。

最後に坂口は「少しずつこの作品を広めて、アキオとお父さん、父と子の愛がいろんな人に響けばいいなと思っています」と挨拶。吉田は「同じ公開日に岡田准一の『ザ・ファブル』が来てるらしいよ。打倒ファブル!」と冗談混じりに話し、イベントは笑いに包まれ幕を閉じた。

 

【STORY】

この人が死んだとき、泣いたりするんだろうか。自分が子供の頃から何を考えているのか全く分からなかった父の背中を見て、心の中でそうつぶやくアキオ(坂口健太郎)。仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田鋼太郎)が、突然会社を辞めて家に帰って来た。父の本音を知りたいと思い立ったアキオはある計画を思いついた。アキオの得意なオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るという計画だ。アキオはその計画を『光のお父さん計画』と名付け、顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛けた。だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に家族も知らない意外な顔があるとはーーー。

 

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』

6月21日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

監督;野口照夫(実写パート)山本清史(ゲームパート)

脚本:吹原幸太

出演:坂口健太郎 吉田鋼太郎 佐久間由衣 山本舞香 前原滉 今泉佑唯 野々村はなの 和田正人 山田純大 /佐藤隆太 財前直見

声の出演:マイディー役(アキオのゲームキャラ):南條愛乃 あるちゃん役(ゲーム内フレンド):寿美菜子 きりんちゃん役(ゲーム内フレンド):悠木碧

原作:「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」マイディー

配給:ギャガ

©2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会

©マイディー/スクウェア・エニックス

 

 

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')