キスマイ・玉森裕太「もう、あいつと寝たの?」劇中セリフ生披露でファン悶絶

キスマイ・玉森裕太「もう、あいつと寝たの?」劇中セリフ生披露でファン悶絶

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の大ヒット御礼舞台挨拶にKis-My-Ft2の玉森裕太が登壇。周りからの反響やエピソードを語った。さらに『嫉妬顔』や劇中セリフを生披露し、観客を大いに盛り上げた。

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

『パラレルワールド・ラブストーリー』舞台挨拶に玉森裕太登壇

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の大ヒット御礼舞台挨拶が6月10日に都内の劇場で開催。主演を務めるKis-My-Ft2の玉森裕太と森義隆監督が登壇した。

同作は東野圭吾の大ベストセラーミステリー小説『パラレルワールド・ラブストーリー』の実写化。2つの世界に迷い込んだ玉森演じる崇史が、真実の世界を追い求めるミステリー作品となっている。

MCはジャニーズファンの間で有名な青木源太アナウンサーが担当。青木に「お客様へ愛と感謝を込めてご挨拶をお願いします」と振られた玉森ははにかみながらも「愛と感謝で出来てます、玉森です。短い時間ではありますが最後まで楽しんでいただければと思います」と挨拶し、笑みを浮かべた。

キスマイメンバーの反応告白『ちょっとエロかった』

周りの反響を玉森は「友達からも観たよ、とか、映画館の券を持って今から観ます、みたいな写真送ってくれたりして、いろんな感想が届いています」とコメント。続けて「みんな『変な気持ちになる』って言ってました。観終わっているのに、まだその世界観にいるような感覚っていう感想が多かったです」と反響を語った。玉森は、Kis-My-Ft2のメンバーの北山宏光と宮田俊哉も鑑賞したことを明かし「宮田さんからは感想たくさんいただきました。『玉が玉じゃなかった』とか『ちょっとエロかった』とかいろんなのくれました」と語った。

実際に映画館にも足を運んだという森監督は「玉ちゃんのファンの方に声かけていただいたて。『先生!8パラです』って言われてびっくりしたり」と驚いたことを告白。タイトル『パラレルワールド・ラブストーリー』にかけて、観た回数を『○パラ』と略している同作品だが、17パラしたという観客に対して玉森は「何を観ているんですか!?」と驚愕。観客が「顔」と答えると、玉森は「顔!?(笑)」と驚き、笑顔を見せていた。

玉森『フル回転ルーレット』に挑戦!

同作が『頭フル回転ミステリー』と呼ばれていることにちなみ、壇上には『フル回転ルーレット』が登場。矢印が止まった箇所のお題で、玉森と森監督がトークや課題にチャレンジするというイベントが行われた。

最初のルーレットでは玉森が「めっちゃ気になるな」と呟いていた『玉』というお題に当たった。ここでは、けん玉にチャレンジをする企画に挑戦。玉森は初めてのけん玉に戸惑いながらも一発目で見事成功し、客席から拍手が送られた。玉森は「よかったのかな?できちゃって(笑)」と笑っていた。

2回目のルーレットでは『嫉妬』のお題でトークすることに。玉森は最近嫉妬したことを「映画のキャンペーンで北海道に行かせてもらったんですけど。スタッフのみなさんは前日入りで、すごい美味しいもの食べてたみたいで。僕当日入りしたらすごい昨日の夜の美味しかったごはん話とかずーっとしてくるんですよ」と告白。続けて「美味しいジンギスカン食べたみたいで、僕もジンギスカン好きなんで。なんでいないのにこんな盛り上がって話するんだろうなあ、いいなあって」とエピソードを明かした。

3回目のルーレットでは『記憶』のお題に矢印が止まり、画面には玉森の16歳から現在にかけての歴代の写真が5枚並べられた。古い順に写真を並べるというお題に玉森は少し悩みながらも見事に正解。金髪に白いメッシュを入れていた時代の写真も登場し、玉森は「この髪型、よくやれたなと思いますね(笑)」と振り返った。

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')