【インタビュー】映画『きみと、波にのれたら』松本穂香さん&伊藤健太郎さんにインタビュー!

【インタビュー】映画『きみと、波にのれたら』松本穂香さん&伊藤健太郎さんにインタビュー!

6月21日(金)公開のアニメーション映画『きみと、波にのれたら』に声の出演をされている松本穂香さん、伊藤健太郎さんにインタビュー!映画の見どころやお二人の思い出のシーン、さらに作品にちなんだ“もしも”の質問では海での理想の過ごし方など、たくさん語っていただきました☆

ひかり
ひかり

ファン待望の映画『きみと、波にのれたら』6月21日(金)ついに公開!!

『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』など数々の話題作を世に送り出し、疾走感と躍動感溢れる自由闊達な映像表現で、日本のみならず世界を魅了してきた湯浅政明(ゆあさ まさあき)監督。そんな湯浅監督が手掛ける待望の最新作『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)に公開します!

小さな港町を舞台に彩られる、消防士の青年・港(片寄涼太)とサーファーの女子大学生・ひな子(川栄李奈)との運命的なラブストーリー。

今回は港の妹・洋子役の松本穂香さんと港の後輩・山葵役の伊藤健太郎さんにインタビューしてきました!!

きらめく海を舞台に展開される、港とひな子の甘くて切ないラブストーリー。二人の不思議な運命に巻き込まれていく松本穂香さん演じる港の妹・洋子(ようこ)と伊藤健太郎さん演じる港の後輩・山葵(わさび)。それぞれが自分に自信を持てないキャラクターたち。そんな彼らに共感しながら、こちら側も一歩踏み出す勇気をもらえる作品でした!

普段とは違う「声優」としての伊藤健太郎さん、松本穂香さん

ー伊藤さんは湯浅監督の作品のファンと聞いていますが、実際出演が決まったときの心境はいかがでしたか?

伊藤健太郎ファンって言っていいのか分からないのですが(笑)以前に観ていた作品が湯浅さんの作品で、とても感動したんです。だから自分が観ていた監督の作品に出られるって分かった時はめちゃくちゃうれしかったです。

ーアニメーション映画の声優としての出演は2度目となりましたが、今回の現場はいかがでしたか?

伊藤健太郎勉強させていただいくことばかりでした。セリフをオーバーに言わなきゃいけないときもあったり、普段の演技とは違った部分も多くて。でもそれがとても楽しかったです。

ー松本さんは声優に初挑戦されたということですが、いかがでしたか?

松本穂香普段のお仕事とは環境が全然違うなって思いました。ずっと画面を見つめながら演じるので…

伊藤健太郎孤独だよね(笑)

松本穂香そうですね…何が正しいのかも分からないし、「やり方これで合っているのかな?」って思いながら監督に観ていただきました(笑)でも湯浅監督はこちら側に演技を任せてくださる方だったので、自分でどんどんと挑戦できる楽しさがありました!

ー声だけでテンションを上げるというのはいかがでしたか?

松本穂香「水の中で泣く」場面があって、「なにそれ!」って思いました(笑)難しい表現がたくさんあったので、思い切り演じてみました!

「やっぱりベタなのが一番!」松本さん&伊藤さんが胸キュン♡したシーン

ー今作は、ひな子と港のロマンチックなシーンが多かったですが、お二人が憧れるなあと感じたシーンを一つあげるとしたら、どのシーンですか?

伊藤健太郎僕は冒頭で二人が歌っているシーンです。すごく楽しそうで純粋に羨ましかったです(笑)二人並んで歌いながらドライブしたり、いろいろなところに行って二人きりの時間を思いっきり楽しんでいる姿は、観ていてキュンキュンしました。

松本穂香私はタワーの上でハート形の南京錠をつけたり、写真をとったり、カップルがやることを一緒にしていたシーンがいいなあ~って(笑)やっぱりベタなのが一番だと思います!

「僕だったら、先輩に勝ちたくなる」役柄との対比で見えた意外な素顔!?

ーご自分のセリフの中で、一番印象に残っているものはありますか?

伊藤健太郎「(港)先輩はもういないんです!」ってひな子に結構強めに言うところです。山葵は自分の意見をあまりしっかり言わないので。あのシーンは港先輩がいなくなってしまったからこその山葵の成長を感じられたところで、とても印象に残っています。

松本穂香私はツンツンしたことばかり人に言っていた洋子が、山葵に対しては「山葵は山葵のままでいいんだよ」って言ったところです。自分が彼に言ってもらった言葉を、また彼に返すっていうのがグッときました。

ー洋子は最初控えめにストーリーに登場しましたが、要所要所で重要な役を務めていましたよね?

松本穂香そうですね~。強くなろうと、洋子なりに頑張っていたんだと思いながら演じてました。

ー山葵は失敗ばかりだけど純粋で思いやりのある青年、洋子はついぶっきらぼうな態度をとってしまう不器用だけど可愛い女の子だなという印象を受けたのですが、お二人はキャラクターのどういうところを表現したいと思って収録(アフレコ)に臨みましたか?

松本穂香やっぱり「イヤな人」に見えたくなかったんです。台本を読んでいても「すごい愛らしい子だな」と感じたので、そのイメージのまま変えたくないな、愛されてほしいなと思いました。それが伝わるような純粋さを意識しました。

伊藤健太郎僕もそうですね。山葵は頼りないじゃないですか。一歩間違えたら「タダのポンコツ」になっちゃう(笑)彼は核の部分でしっかり熱いモノを持っている男の子ではあるので、そこはブレたくなくないなと思いながら臨みました。あと親しみやすさも意識しました。

 

ー役とご自身の共通点や相違点はありますか?

伊藤健太郎山葵と違う部分として、山葵はなんでもできる先輩としての港に憧れているじゃないですか?僕だったら憧れより悔しさが勝ると思うんです。負けていることが嫌だから、どうにかして潰しにかかると思います(笑)

一同(笑)

ー反骨精神が強いのですね!(笑)

伊藤健太郎山葵の気持ちはもちろん理解できるけど、僕は勝ちたくなっちゃいますね(笑)

ー松本さんはいかがですか?

松本穂香私は自分に自信があるタイプじゃないし、洋子もツンツンしているけど、自信が持てないタイプだと思います。だからこそもがいている、そういうところは似ているんじゃないかと思います。

最愛の人を失ったら?海でデートするなら?映画にちなんだ“もしも”の質問!

ーもしも、ひな子のように最愛の人を失ってしまったら、冷静に現実を受け止めて割り切れますか?それとも受け止められずに追ってしまうと思いますか?

伊藤健太郎絶対ムリ。僕は耐えられないと思います。

ー何か行動を起こしますか?

伊藤健太郎うーん。でもどうしようもできないですよね…。いなくなっちゃうわけでしょ?

ただただうなだれて、立ち直るまで結構時間がかかると思います。別れってすごく嫌いなんですよ、僕。例えば出演している作品が終わった時もすごく嫌になります。仕事柄、「別れ」が毎回毎回あって、それまで毎日家族みたいに一緒にいた人たちと急に会わなくなる。だからこそ違う現場で会った時はすごく嬉しいんですけど。だから最愛の人がいなくなることは耐えられないです。

松本穂香私もきっと気持ちが追いつかないですね。どうするんだろう。引きこもるかな?

伊藤健太郎そうなるよね(笑)

松本穂香映画の中では洋子が(兄が亡くなったあと)連れ出されてるけど、まず外に出ないですよね。

伊藤健太郎出ない、出ない(笑)誰とも会いたくない。

松本穂香誰かに励まされても、「よく言うわ!」ってなっちゃう(笑)

ーでは次に。本作ではひな子が思い出の歌を歌うと港が現れました。もしもご自身が何かの歌を合図に現れるとしたらどんな歌で現れたいですか?

松本穂香私は『カントリーロード』で!

伊藤健太郎なんで!?(笑)

松本穂香好きだから(笑)

伊藤健太郎あー、なるほど。じゃあ、僕は『葛飾ラプソディー』で。『こち亀』の主題歌です。

ーこの映画には海のシーンが良く出てきましたが、もし大切な方と海に行くとしたら、海に入ってはしゃぎたい派ですか?それとも海でのんびりしていたい派ですか?

伊藤健太郎あ~、難しいなぁ。

松本穂香時間帯にもよりますね!時間帯はいつですか?

ーでは、1日を通して!

伊藤健太郎うわ~、どっちもアリだなぁ。

松本穂香どっちもですね。って、どっちか一つじゃないとダメか(笑)

伊藤健太郎まあでも、のんびりじゃないですか?

ー演じられた山葵もそうですけど、伊藤さんははしゃぎたい派だと思っていたので意外です!

伊藤健太郎もちろん一緒に海に入って、ワーッて遊んだりするのも絶対楽しいと思うし、体を動かすのも好きなので、海ではしゃぐのも憧れます。でもどっちかとなると、ゆっくり海を眺めて二人でまったり過ごすほうがいいかなって。

松本穂香私もどちらかとなると、まったりロマンチックに過ごしたいですかね。

フミコミュ読者へメッセージ!

ー最後にフミコミュ読者に向けてメッセージをお願いします。

伊藤健太郎『きみと、波にのれたら』はすごく素敵な映画です!ちょっと切ないシーンもありますが、一方で「恋っていいな」って純粋に感じられるシーンもたくさんあります。だから、カップルや今気になっている人と一緒に観に行ったらきっと特別な時間を過ごせる作品だと思うし、そこで距離が縮まったりしてくれたらいいなって思います。様々な形で、観てくださった方々の思い出の映画になってもらえたらすごく嬉しいです。

松本穂香夏にぴったりなさわやかな作品になっていると思います。片寄さんと川栄さんもすごく素敵な声をされていますし、歌もとっても良いので、ぜひ好きな人との思い出に観てほしいです!

ーありがとうございました!

『きみと、波にのれたら』みなさんもぜひ劇場へ!!

和やかな雰囲気でインタビューに応じてくださった松本さんと伊藤さん。

一歩踏み出す勇気をもらいたい人や、想いを寄せる大切な人との時間を特別に過ごしたい人も。

この映画はたくさんの人の胸に刺さる作品です!

キャラクターの成長する姿を見て、とても温かい気持ちになりますよ。

きっと、みなさんの背中を押してくれる作品です!ぜひ劇場でご覧ください★

【ストーリー】
小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?
 
監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子、音楽:大島ミチル、キャラクターデザイン・作画監督:小島崇史
出演:片寄涼太、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
主題歌: 「Brand New Story」GENERATIONS from EXILE TRIBE(rhythm zone)
アニメーション制作:サイエンス SARU
配給:東宝
コピーライト:©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
 
 
 
ひかり
Writer ひかり
大学1年生 東京都

カフェまにあ。写真やプリクラ大好きです。日焼け対策に命かけてます。みんなに楽しんで読んでもらえるように頑張ります!

ひかりの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')