北山宏光(キスマイ)映画『トラさん』撮影現場で”イジられキャラ化”!?

北山宏光(キスマイ)映画『トラさん』撮影現場で”イジられキャラ化”!?

2月15日の全国公開に先駆け、本日浅草・今戸神社で行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』大ヒット祈願イベントに主演・北山宏光と、多部未華子が和装で登場。

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

北山宏光・多部未華子、和服姿で『トラさん』大ヒット祈願イベントに登場!

2月15日の全国公開に先駆け、本日浅草・今戸神社で行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』大ヒット祈願イベントに主演・北山宏光と、多部未華子が和装で登場。

北山と多部は本堂にて祈祷後、駆け付けてきたファンの大歓声を浴びる中、ステージへ登壇。

北山が「今回初主演を務めた映画のヒット祈願をこのような神聖な場所でできて、本当に良かったです」と満足気に話すと、MCに「どのような気持ちでお祈りされたのですか?」と尋ねられ、真顔で「売れろ、売れろ~。」と低い声で返し、観客の笑いを誘った。

今回『トラさん~僕が猫になったワケ~』では映画初出演&初主演&初猫役を演じた北山は「人間と猫の二役(を演じられた)ということもありますが、これから様々な経験を積んでいったとしても、この作品はきっと忘れられない作品になったんじゃないかと思っています」としみじみ語った。

多部は「(自身が演じた)奈津子は鏡のような存在で”こんな奥さんがいたらいいな”と思い描くような人物だったので、難しかったですけど、撮影中は北山さんがすごく明るくて、楽しい現場だったんです。だからその明るさをそのまま映像に映し出せているんじゃないかなと思っています。」と撮影時を思い出しつつコメント。

お互いの第一印象について尋ねられると、北山は「人見知りなのかなって思いました。空き時間に入ると小説とかを読み出しちゃうような…10分でもあると小説を開くんですけど、”絶対(小説の内容が)頭入んないでしょ”って(笑)そんな様子を見ながら”一緒にご飯たべよう”って誘ってみたりしていました。」と話した。これに対して多部は「すごく狭い空間だったので、”食べよう”と言われたら断れないというか…(笑)」と実は北山の誘いにしぶしぶ乗っていた心境を打ち明け、これをはじめて知った北山が「そうだったの!?…(笑)」と戸惑いを見せる場面も。

「北山君の(普段の)”立ち位置”を私はあまりわかっていなくて…」と話し出す多部が、北山は撮影現場で「イジられまくっていたんですよ」と裏話を明かすと、北山は「…あなたにね!!」と鋭くツッコミ。多部が発端となり、しだいに現場スタッフにまでイジられるようになっていった状況を北山は、「”多部化”と呼んでいました」と振り返り、観客を笑わせた。

注目してほしいシーンについては北山は「どのシーンもそうですが…。中でも奈津子(多部未華子)と実優(平澤宏々路)が二人で鈴をもって話すシーンがあるんですけど、僕自身は出演していないシーンですが、映像を観ながら本当に感動しました。それから最後の方で、寿々男(北山宏光)と奈津子が二人で会話をするわけじゃなく、ただただ笑いあうシーンがあるんですけど、そこでは二人の関係性が全部現れているんじゃないかなと思っています」と語った。

対する多部は「やっぱり猫の姿を注目してほしいですかね。特に飯豊さんと北山君が猫の姿で登場するシーンを映像で観たときに、ほのぼの可愛いって思いました。」と笑顔でコメント。これを聞いたMCが「北山さんの猫スーツ姿を初めて見たときの印象はいかがでしたか?」と質問。すると多部は、「撮影日初日から(北山は)猫の格好をしていたんですよ。私が見たときには肉球を付けてもらっているところで。忘れられないですね…その肉球を付けてもらっている後ろ姿が。」と振り返り、その光景を頭に浮かべた観客が笑った。

除幕式には“トラ柄”の招き猫が登場!?

北山も思わず「かわいいっすね!」と興奮した”トラ柄”の招き猫が登場。

『トラさん~僕が猫になったワケ~』にちなんで特別につくられたこの招き猫は、今回のイベント会場となり、”猫”と縁の深い神社として知られる今戸神社で飾られるようだ。

 

『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日から全国公開。

 

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')