SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.ほか総勢62名が『映画 少年たち』完成披露試写会に大集結

SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.ほか総勢62名が『映画 少年たち』完成披露試写会に大集結

本日東京ドームシティで『映画 少年たち』の完成披露試写会が行われ、SixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)、なにわ男子(西畑大吾)・関西ジャニーズJr.(向井康二、室龍太、正門良規、小島健)、ほか総勢62人の東西ジャニーズJr.が集結した!

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.らによるサプライズLIVEが開催!

本日東京ドームシティで『映画 少年たち』の完成披露試写会が行われ、SixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)、なにわ男子(西畑大吾)・関西ジャニーズJr.(向井康二、室龍太、正門良規、小島健)、ほか総勢62人の東西ジャニーズJr.が集結した!

本編上映が終わり、サプライズLIVEがスタート!5忍者、少年忍者、ほかジャニーズJr.(手島麗央、嶋村法穏、大関荷風、有馬信平)そして研修生(小山龍之介、高橋翔吾、久保廉)からパフォーマンスをスタートした後に、Hi Hi Jets、美 少年、Travis Japan(宮近海斗)、7 MEN 侍(中村嶺亜)が披露。さらに、SixTONESによる『JAPONICA STYLE』、Snow Manは『VI Guys Snow Man』、なにわ男子(西畑大吾)・関西ジャニーズJr.(向井康二、室龍太、正門良規、小島健)が『Happy』を歌い、会場の熱気は最高潮に。

深澤辰哉、田中樹、室龍太がMC!ツッコミ炸裂トークタイムスタート

全員が揃ったところで、深澤、田中、室がMCとなり、SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.、なにわ男子(西畑大吾)による舞台挨拶が行われ、まずは一人一人観客への挨拶から始まった。

まずはSixTONESのジェシーから挨拶が行われ、「SixTONESのジェシーです。本日は”お足元が悪い中”お集まりいただき…」と話し出すと、「晴天!!」「まぁまぁいい天気だから!」とMC3人からツッコミが。そのまま「まあ、皆さんはさきほど”予告編”を観て頂いたわけですけど…」と語りだし、「本編、本編!!」「あれが予告編だったら本編8時間くらいになっちゃう…」とまたもや鋭いツッコミが両端からはいり、「気持ちいね!みんなそうやって突っ込んでくれて・・!」と喜ぶジェシーだった。また、劇中で不気味な笑顔が印象的なエガオという少年役を演じた高地は「SixTONESの中でも笑顔を大事にしている僕が(劇中で)すごくサイコパス的な笑顔を見せるという…(笑)」と自身の役を振り返り、観客の笑いを誘う場面も。「すごく新しい笑顔を見せれたかなと。だから皆さん!ぜひ、”すごく笑っているヤツがいる”ってだけでも友だちに広めてくれると嬉しいです!」と高地。

続いて、Snow Manのメンバ―が挨拶。劇中、ヤンチャな少年を演じた山本は「よい子は高架下で花火をしないように」と忠告し、観客を笑わせた。また、阿部は「(舞台挨拶の冒頭でMCが)”皆映画楽しかったですかー?”って聞いた時に迷いなく”イエーイ”って答えてもらえたことが嬉しかったです!」と笑顔で観客に感謝した。続いて宮舘がちょっぴり紳士的な口調で「ジャニーさんが愛したこの場所を、愛で満たしていきましょう」し、”ヒュー”という歓声を浴びた様子を横から眺めた佐久間が、その口調を真似して挨拶すると、「あなたはそういうキャラじゃないから」と深澤からツッコミ。

そして関西ジャニーズJr.メンバーが順番に挨拶。向井は「これまでの舞台では赤と青のチームしか登場していなかったなかで、今回新たに僕たち(関西ジャニーズJr.が演じた)黒チームが足されたということで、その点も含めて、ぜひ個性豊かなキャラクターに注目して観て頂きたいです!」と誇らしげにコメント。また正門が「自称ジャニーズNo.1ギターリスト、正門です!」と自己紹介すると客席から歓声が上がる中、田中が「当然今日もギター持ってきてますよね?」と尋ねると、「いや、全くもってきていないです」と正門。これに対して室が「”全く”持ってきてないってなんやねん。」とボソっツッコミ、客席の笑いを誘った。そして最後から2番目に挨拶した小島が「すみません…あと一人で終わるので、最後(挨拶を控える室の出番に)大きな拍手してあげてください」と気遣うコメントをすると、「何で俺に気を遣うねん!」と室。その後マイクを下げたまま立ち尽くす小島を見て、室は「いや、それだけ・・・!?」「映画のこととか!?」とツッコミし、会場が大爆笑。終始ボケツッコミが絶えない挨拶となった。

その後、今作でメガホンを取った本木克英監督が登場。撮影を振り返り「最初は出来上がらないんじゃないかと思ったけど、晴れてこの日を迎えられてよかったです。」と安堵の表情を浮かべる本木監督。

関ジャニ∞の横山裕と爆笑エピソードを明かされ高地優吾、赤面

本作に出演した関ジャニ∞の横山裕についての話がふられると、渡辺と高地が突然顔を見合わせて笑い出す。「上手く説明できない」と言う二人に代わり、田中が「横山くんの役は、昔、囚人に襲われたときの脚の古傷が残っているという細かい設定があったんですけど。それに合わせて横山くんが劇中で片脚を少し引きずって弱った歩きたかを(演技で)されていたんです。それを見た高地が、撮影を終えた横山くんに『脚大丈夫ですか?』って普通に聞いたんですよ(笑)」と、エピソードを語り、全員が爆笑。「それくらい(お芝居が)上手かったんです!」と田中。高地はその時を振り返り、「横山くんはそれを聞いて”そんなに痛さが伝わったんだったらよかった”ってフォローしてくれて、本当に優しい先輩だなって思って。その夜寝れなかったです。」と振り返った。

最後に山本「この作品はジャニーさんの愛がたくさん詰まった作品になっています!皆さんも世代を超えて、家族、友だち、恋人と…色んな人達に愛される作品になってくれればと思っております!」、高地「老若男女問わず愛される作品になると思います!ぜひ皆さん”#少年たちエモい”で拡散してください!」そしてジェシーが「3月29日に公開を控えるこの映画は、ジャニーズの素晴らしさが詰まっています。僕たち、CDデビューをしていなくてもこうやって作品ができるということがとても嬉しいことだと思っています。今後もジャニーズJr.、そして『映画 少年たち』の応援をお願いします!」と、各グループ代表者がコメント。

最後サプライズでアンコール曲『勇気100%』が登壇者全員で歌われ、イベントが締めくくられた。

【写真ギャラリー】

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')