【インタビュー】恋愛にまつわる妄想質問を「銀河団」に直撃!

【インタビュー】恋愛にまつわる妄想質問を「銀河団」に直撃!

平均年齢19歳!歌にダンスに芝居もできるグループ「銀河団」から目が離せない!そんな彼らに女子なら聞きたい恋愛にまつわる妄想質問を直撃!

優美
優美

アイドルとは違う魅力を持つ「銀河団」にドキドキの妄想質問を直撃!

「銀河団」というグループは、全国から集められたメンバー4人により結成されたダンスヴォーカルユニット。

その魅力は、「アイドル」とは違うんです!

彼らは歌やダンスはもちろん、演技までできちゃう実力派。

2ndワンマンライブを3月23日に控える中、メンバーの、木原瑠生さん、澤田優さん、矢代卓也さん、織部典成さんに、インタビューを実施!

左から:澤田優、織部典成、矢代卓也、木原瑠生

 

恋愛において「甘えたい派」?「甘えられたい派」?

木原瑠生元々は甘えたい派だったけど、最近は甘えられたい派ですかね・・・。甘えられてるって感じると遊びたくなっちゃいます(笑)

澤田優僕も同じく、甘えられたい派です。

―理想のシチュエーションはありますか?

澤田優家とか・・・。公共の場ではなくて、二人の空間を大切にしたいです。

矢代卓也僕は相手によって変わると思いますけど、どちらかと言うと甘えたい派です。

織部典成僕も甘えられたいって思ってたんですけど、今は甘えたい派です。

―どんなふうに甘えたいですか?

織部典成二人で部屋にいたら、ずっと後ろから抱きついていたいですね。テレビとか観ながら。

好きな人ができたら、グイグイアピールする?さりげなくアピールする?

木原瑠生前はグイグイ行けるタイプだと思ってたんですけど、今は好きになっても恥ずかしなってできない気がします。来てくれれば行くというか…。ちょっと確信を持ったら行く、みたいな?(笑)

澤田優僕もどちらかと言うと、控えめだと思います。

矢代卓也僕はたぶんグイグイ行くと思います。でもどこかに誘う勇気とかはないので、電話したいって言います!

織部典成僕は不器用なんですよね…。自分はそれほどアピールしているつもりがないんですけど、相手に気づかれてしまいます(笑)でも、好きだなと思ったらご飯とか誘います!

―それはグイグイですね(笑)

織部典成グイグイですか!

でも、姉が二人いるので、女性と話すことに他の人よりも抵抗がないのかもしれません。

「何でも完璧にこなす子」と「極端に何にもできない子」どちらがいいですか?

木原瑠生完璧にできる子ですね。自分が何かできなかったときに、笑って「ごめんなさ~い」って謝るのが好きなんです(笑)

澤田優僕は極端に何もできない子ですかね…。手伝ってあげたいです。

矢代卓也何にもできない子ですね。完璧な子だと、口論バトルになりそうなので(笑)

織部典成どうだろうな…。でも料理はできてほしいかな!って考えると完璧にこなす子かもしれないですね。

「運命」「占い」「おまじない」を信じる派?信じない派?

木原瑠生占いはあんまり信じないですけど、運命は信じちゃうと思います。おまじないは…男子あんまりないよね?

澤田優おまじないはないね(笑)でも占いは信じちゃいます。

矢代卓也信じる気持ちは半々ですね。占いとか、行くときによって結果が違うという経験があったので。

織部典成僕はめっちゃ信じます!(笑)

2か月前くらいに占ってもらって、結構当たっていた経験があったので。朝のニュース番組の占いとか、縁起がいいと言われる神社とか結構行きます。

そんな銀河団さんのみなさん。高校時代はどんな生徒だった?

ー皆さんは高校時代、どんな生徒でしたか?

木原瑠生よく寝ていましたね…。でも体育祭の応援団長は張り切ってやっていました。無駄に前に出ていたなっていう記憶があります(笑)

ー昔からみんなの中心にいた感じなんですね。

木原瑠生そうですね。それから学んで、課題に直面したときにどうすべきか見えるようになったと思います。

矢代卓也僕は高校生の時に、演劇の役で坊主にしなければならなくて…。

ー坊主ですか!!

矢代卓也そうです。で、青春時代全部坊主だったんです。友人は「坊主でも全然いいじゃん!」って言ってくれたんですけど、なかなか自信が持てなかったですね…。

澤田優僕は人と接するときに、「この人、本当はどう思ってるのかな?」って深く考えすぎて一人で悩みこんでしまう性格でしたね。だからそういうストレスを紛らわせるために色々なことをしていました!バトミントンに打ち込んだり、体育祭では応援団に入ったり。とにかく何かをしていました。

ー織部さんは高校時代、どのような生徒でしたか?

織部典成僕はまだ現役なんですけど、割とこのままで目立ちたがり屋です。今はお仕事のほうが少しずつ忙しくなってきていますけど、高1のときは体育祭の応援団とかイベントも積極的に参加していました。

体育の授業一つをとっても、持久走で上位3人までには表彰されたくて、自力で三位に入るようなタイプでした。とにかく目立つことしか考えていなかったです。

それから尖がっていました。高校1年のときにサッカー部に入ってたんですよ。試合にもよく出させてもらうことが多くて。キャプテンや先輩によく文句言ってました。

木原瑠生言う方なんだ。

織部典成サッカーになるともう一人の自分が出てきちゃって。熱くなっちゃうんですよね。

矢代卓也うわぁ。そんな後輩やだわー。

銀河団から目が離せない!

メンバー四人全員がそれぞれ性格が違くて、質問の答えから一人一人の個性が伝わってきました!

ですが、全員タイプは違くても目標やパフォーマンスにかける情熱は同じ。

そんな銀河団のワンマンライブが3月23日にあります!

魅力がたくさん詰まった銀河団の活躍をぜひ、目の前で感じてみてください!

 

優美
Writer 優美
高校2年生 埼玉県

「独特な感性」と言われて生きてきました。モデル・役者をやったりしてます。

優美の記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')