佐藤健「新時代の時代劇」と宣言!『サムライマラソン』完成披露イベント

佐藤健

佐藤健「新時代の時代劇」と宣言!『サムライマラソン』完成披露イベント

2月22日に公開を控える映画『サムライマラソン』。本日はその完成披露イベントが六本木ヒルズアリーナにて行われた。ゲストには、主演の佐藤健をはじめ、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督が登壇した。

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

佐藤健、小松菜奈はじめ豪華キャスト登壇!

本日六本木ヒルズでは、『サムライマラソン』完成披露イベントが行われ、主演の佐藤健をはじめ、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督が登壇した。

和太鼓の生演奏が鳴り響く中、キャストが整列して登場。

佐藤が「本当に寒い中、大変お待たせしました!お会いできて光栄です。このイベントの間は、この寒さを忘れるくらいの愉快なトークができればと思っていますので、短い時間ではですが、お付き合いお願いします。」と挨拶し、イベントの幕を開けた。

続く小松も「こんばんは~。撮影は山形で行われたのですが、毎日身を削りながら取り組んできた作品が、こうやって完成したことを大変うれしく思っております。」と喜びの様子を見せ、その後も次々とキャスト陣が挨拶する中、青木は「寒いですね!本当に寒いですね。こんな寒いときに寒さを和らげる方法があるんですけれども。・・・走りましょか?(笑)」とサムライマラソンにかけてジョークを発し、大きな笑いを誘った。

佐藤健「こんなはずじゃなかった・・・」語られる舞台裏

日本の幕末を描くストーリーを描く本作は、世界中で活躍するスタッフが集結し制作された。そのような作品の主演オファーを受けた佐藤は、オファーを受けた当時の心境について「かねてから海外の方々とお仕事をしたいという想いはずっとあったので、こんな貴重なチャンスを絶対に逃したくないと有難くお引き受けしました。」と喜びを語った後に、「・・・(それが)まさかこんなことになるとは。(笑)まあ、後々ゆっくりそのあたりのお話しもさせてください」と何やら意味深な表情を浮かばせ、笑いを誘った。

そして話題はそれぞれの役どころについてと移り、まずはお姫様という身分でありながら男性に交じりマラソンに挑んだ雪姫役を演じた小松が自身の役を振り返り、「お姫様を演じたり、同時に男装する役を演じたり、演じる上で乗馬もしたり…今回は初めての経験がたくさんありました。初めてのことをたくさん挑戦しながら、その分いろんな角度で雪姫と向き合えたと思っています。」

そして、森山未來演じる辻村平九郎について「今作に登場するキャラクターの中で最も動きがあったのでは?」とMCが質問すると、「そうですね。乗馬したり、水の中を泳いだり、走ったり、山の中歩いたり…個人的には色々なことをして…思えば”一人トライアスロン”状態ではありましたね(笑)」と振り返り、会場を笑わせた。

また、腰痛持ちで運動が苦手な植木義邦役を演じた青木に、MCが「役作りをどのように行ったのか?」と質問すると、「まずはハンマーで腰を砕くとところからはじめました!」とジョークを発し、またもや会場の笑いを誘った。

藩一の俊足を誇る上杉広之進役を演じた染谷将太は、最初オファーを受けたときの印象について「自分が藩一の俊足、というのは本当に意外だった。(佐藤、森山らがいる中で)なぜ”自分”が俊足なのか?と驚きましたけけど、ローズ監督の視点では自分が俊足に映るんだと思って、新鮮な気持ちで挑戦しました。」

また、共に幕府の刺客役として出演した木幡と小関には「演じるにあたって、お二人で役について話し合ったりされたのか?」とMCが尋ねると、木幡が「ローズ監督は事前にお芝居についてすり合わせすることを好まなかったので、演技について話し合うことは無かったですが、(小関からは)よく”呑みに連れて行って”って言われることが多かったですね。」と仲睦まじいエピソードを語った。

その背景について小関は、「一日1シーンしか撮影しない日も多くて、お昼ごろには撮影が終了することもあったんです。撮影後には僕は毎日自分で反省をしていたのですが、考える時間が長い分だけ余計なことまでどうしても反省してしまって…。(木幡に)相談させていただくこともありました」と振り返った。

劇中”ナンバ走り”を披露した竹中直人には、MCから「ナンバ走りはどんな感じでしたっけ?」と突然再現をお願いされる場面も。久々に挑んだ”ナンバ走り”は結局上手くいかず、染谷が代わりに再現する結果に。

練習無しの一発撮りや、台本を頼らない撮影などユニークな方法でキャストを導いたバーナード・ローズ監督。このキャストで挑んだ撮影について「みなさんそれぞれに私は”この作品で何かをもたらしてください”とお願いしました。”台本や現場にあるもの、あるいは自分が求めていないことも、ぜひもたらして、驚かせて下さい”とお伝えしたのです。そうしたら、見事に皆さん驚かせてくれたので、それを大変うれしく思いました。こんなに最高なキャストに恵まれたことはありません。皆さんの演技に感服しました。」と笑顔で振り返った。

最後は、今作主演を務めた佐藤から一言。「一切の常識が通用しない何もかもが初めての挑戦という環境の元、奮闘しながらそれぞれがいつも以上に役と向き合い、時には助け合いながら、この映画を生み出しました。新時代における時代劇の形を提案できるのではないかなと思っています!興味ある方はぜひ、劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。」とメッセージが送られ、トークセッションが締めくくられた。

映画『サムライマラソン』は2月22日全国ロードショー。

【作品情報】
出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己
監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫) 脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明 音楽:フィリップ・グラス 衣装デザイン:ワダエミ 配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners
 
★「サムライマラソン」は東京2020参画プログラムです★
東京2020参画プログラムとは、様々な組織団体がオリンピック・パラリンピックとつながりをもちながら2020年の大会に向けた参画・機運醸成・レガシー創出のアクションを実施するプログラムです。
日本マラソンの発祥といわれる史実「安政遠足」と東京2020大会との親和性や2020年以降のレガシー創出につながるプロジェクトとして「サムライマラソン」は、東京2020公認プログラムに認証をされました。
 
フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')