映画『ギャングース』高杉真宙×加藤諒×渡辺大知(黒猫チェルシー)トリプル主演!

映画『ギャングース』高杉真宙×加藤諒×渡辺大知(黒猫チェルシー)トリプル主演!

 昨年1月、連載に幕を閉じたにもかかわらず未だ熱狂的ファンを口コミで拡大しつづけている漫画『ギャングース』の映画化、2018年秋の公開が決定!!トリプル主演を務める高杉真宙さん、加藤諒さん、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)のコメントが到着しました!

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

 新時代のアウトロー!かつてない青春エンターテインメント

 「このタタキやらせていただきます!」

――本作は、少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す”タタキ”稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描きます。

原作は、冒頭に毎回付されている〈この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい〉という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介氏による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られています。

『ギャングース』 カラーイラスト.トリミング

🔥あらすじ🔥

職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。

ギャングース=悪の毒だけを喰らう小動物

🔥『ギャングース』作品詳細🔥

【監督】入江悠(『22年目の告白私が殺人犯です』『ビジランテ』)

【原作】肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社モーニングKC所載)

【出演】高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)

【製作・配給】キノフィルムズ/木下グループ

【制作プロダクション】アミューズ+パイプライン

Ⓒ肥谷圭介・鈴木大介/講談社

主演を務めるのは個性豊かな3人の若手俳優!

3cast_officialpic_resize

窃盗団の情報収集、作戦立案担当のサイケ役に、2017年には『PとJK』『トリガール!』『散歩する侵略者』『逆光の頃』など主演含む6本の映画に出演、2018年にも『虹色デイズ』『プリンシパル』など数多くの話題作が控える若手実力派俳優の高杉真宙さん。

<サイケ役:高杉真宙さんコメント>

サイケ役としてに出演させて頂くことになりました。

原作を読ませて頂き、今の日本でこの世界が存在するということに驚きました。そして自分が今までそれを知らないでいた事にもショックを受けました。

家がなく保険証もない、頼れる人がいない中で生きていく事をどこか遠い世界のように思っていた自分に疑問を持ち、今はどんな風に演技をしようかと悩んでいる状態です。

ひたすら突き詰めてリアルに、とにかくリアルにしたいと思っています。

この世界の一員になり、リアルをたくさんの人に伝えたいと思います。よろしくお願いいたします。

工具に関する秀でた見識を生かして“タタキ”をしながら生き別れた妹を追い求めるカズキ役に加藤諒さん。すでに個性派俳優として活躍中の加藤ですが、剃りこみ×モヒカン頭のキャラクターで新たな役柄に挑戦します。

<カズキ役:加藤諒さんコメント>

カズキ役を演じさせて頂きます加藤諒です。

原作者の鈴木大介さんにカズキ達のモデルになった方々のお話を伺った時に、全く違う世界の住人だと思ってた人達が、そうではなく、僕たちと同じ日常にいる方々なんだと強く感じました。

この映画を観た方にもそう感じて頂けるように、物作りが大好きな愛すべきカズキという男に血を通わせ、しっかりと演じられるように頑張ります。

窃盗団の車両担当タケオ役は、ロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカルをつとめ、公開中の『勝手にふるえてろ』(17)での好演が記憶に新しく、舞台での座長公演や映画監督業など活躍のフィールドをさらに広げている渡辺大知さん。

<タケオ役:渡辺大知さんコメント>

原作・脚本を読んで、社会からはみ出した男たちのたくましく生きる姿に感動しました。彼らの愛や優しさが伝わるように、自分なりに精一杯楽しくやってやろうと思います。

3人の若手俳優それぞれの個性溢れるキャラクターたちが劇中で暴れまくります!

原作者、入江悠監督のコメントも到着!!

原作者・鈴木大介氏が映画化に際して熱望し、メガホンを取ることになったのは、『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『日々ロック』(14)、『22年目の告白私が殺人犯です』(17)の入江悠監督。社会に見放され最底辺の生き方をする少年たちの生き様を、原作に劣らずリアルに描きます。

<入江悠監督コメント>

最初に企画のお話を頂いてから、取材をし、脚本を書き、また取材をし、と繰り返しているうちに、4年の時間が流れていました。社会の底で必死に生きる彼らの姿は、一寸先は闇なのにどこかキラキラ輝いて眩しく、そういう意味でこれは私にとって至上のキラキラ映画です。

 

<ストーリー共同制作:鈴木大介氏コメント>

取材を通して出会った犯罪の加害者たち。

社会から白い目で見られている彼らの多くが、かつては陰惨な暴力被害やこどもの貧困の当事者だったこと。

彼らの背中に、泣いている子どもの影を見たこと。

けれども、ドロップアウトしなければ生きていけなかった彼らは、熱く輝く時間を過ごしていた。

文字で書いても書いても、なかなか理解をしてもらえなかった彼らのリアルな青春を、

入江さんのカメラを通して、描いてもらおうと思っています。

 

<漫画:肥谷圭介氏コメント>

連載中も勝手に実写化の妄想ばかりしていたので、

サイケ、カズキ、タケオちゃんの掛け合いや、安達サイドの怖さや、あれもこれも楽しみしかないです。

漫画にはない「音」がある緊張感や空気感を想像すると、ドキドキワクワク…、ドキワク止みません。

撮影は今年の1月20日から千葉県木更津市にてクランクイン。関東近郊などでのロケーション撮影後、2月下旬にクランクアップを予定しています!!

🔥原作紹介🔥

「ギャングース」(講談社モーニングKC所載)

漫画:肥谷圭介

ストーリー共同制作:鈴木大介

原案:「家のない少年たち」(著者:鈴木大介、太田出版)

「家のない少年たち」――少年院で相部屋だった4人組は、みな親と社会に棄てられた少年たち。殴り合うことで心を通わせ、出所後も一緒に生きようと決めた4人が選んだのは犯罪だった。地縁も血縁もなく、社会の”被害者”である少年たちは、なぜ犯罪者になるのか?そして孤独の中で何を思うのか?――犯罪少年のリアルを抉った衝撃のルポルタージュ「家のない少年たち」に描かれたエピソードやディティールが、そのまま、ときにより強調してフィクションとして再構成されているのが原作漫画「ギャングース」。

漫画担当の肥谷氏と編集者でおおまかなストーリーラインをひき、そこに鈴木氏の無尽蔵の取材ソースからネタをあて、リアリティを保持しつつ面白いものを探っていったという。鈴木氏の”本質的なエピソード/メッセージ”と、肥谷氏の”アクション/キャラクター”が拮抗し、かつてないインパクトをもった“実話を元にした超実証主義漫画”が生まれたのだ。

2013年の連載開始以降、「モーニング」誌上で高い人気を誇り、読者アンケートでは常にベスト5をキープし続けました。2017年新春ついに完結。

2017年4月23日に最終巻である第16巻が発売されました。

プロフィール一覧

■監督プロフィール

入江悠(IRIE YU)

1979年、神奈川県生まれ、埼玉県育ち。03年、日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。自主制作による『SR サイタマノラッパー』(09)が大きな話題を呼び、ゆうばり国際ファンタスティック映画オフシアター・コンペティション部門グランプリ、第50回映画監督協会新人賞など多数受賞。その後、同シリーズ『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(10) 『劇場版神聖かまってちゃんロックンロールは鳴り止まないっ』(11)、『日々ロック』(14)、『ジョーカー・ゲーム』(15)、『太陽』(17) 、『22年目の告白私が殺人犯です』(17)、『ビジランテ』(17)など話題作を次々と手掛けている。

■原作者プロフィール

ストーリー共同制作:鈴木大介(SUZUKI DAISUKE)

地下世界取材13年のルポライター。犯罪の加害者取材を軸に、女性や子ども、若者の貧困問題を掘り下げてきた取材記者。著書に「最貧困女子」(幻冬舎)、「家のない少女たち」、「援デリの少女たち」(宝島社)、「ギャングースファイル・家のない少年たち」(講談社)、「最貧困シングルマザー」(朝日新聞出版)など。

漫画:肥谷圭介(HIYA KEISUKE)

「DAYS」でヤングアニマルまんが賞準入選・デビュー。「その子の笑顔が世界を救う」で第29回MANGA OPEN山田芳裕賞受賞。「ギャングース」は受賞後第1作目。

■キャストプロフィール

高杉真宙(TAKASUGI MAHIRO)

1996年生まれ。福岡県出身。2009年、俳優デビュー。『仮面ライダー鎧武/ガイム』(14)、映画『渇き。』(14)に出演し注目を集める。16年には、『闇狩人』で舞台単独初主演を務める。17年、主演映画『想影』『逆光の頃』をはじめ『PとJK』『ReLIFE~リライフ』『トリガール!』『散歩する侵略者』など6本の映画出演、連続ドラマ『セトウツミ』主演。今年は『プリンシパル恋する私はヒロインですか?』(18)、『世界でいちばん長い写真』(18)、『虹色デイズ』(18)の公開が控えている。第9回TAMA映画賞最優秀新進俳優賞を受賞。

加藤諒(KATO RYO)

1990年生まれ。静岡県出身。10歳のころ『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)に出演しテレビデビュー。近年では、ドラマ『風雲児たち』『アシガール』『真田丸』(NHK)、『僕たちがやりました』(フジテレビ系)、

『東京タラレバ娘』『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)や映画『火花』『金メダル男』、舞台『人間風車』『パタリロ!』、CM『アフラック~不老不死の男編~』など個性派俳優として幅広く活躍する一方、バラエティ番組にも多数出演。NHK Eテレでは、『で~きた』『俳句さく咲く』にレギュラー出演中。今年3月には主演舞台『パタリロ!★スターダスト計画★』への出演を控える。

渡辺大知(WATANABE DAICHI)

1990年生まれ。兵庫県出身。2007年にロックバンド「黒猫チェルシー」を結成し、ボーカルを担当。映画『色即ぜねれいしょん』(09)の主演で俳優デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。翌10年に黒猫チェルシーがメジャーデビューを果たして以降も、俳優としてNHK連続テレビ小説『カーネーション』(11)、『まれ』(15)、TBSドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(16)や、映画『くちびるに歌を』(15)、『勝手にふるえてろ』(17)などに出演。14年には初監督作『モーターズ』でPFFアワード審査員特別賞を受賞し、初舞台『男子!レッツラゴン』で主演を務めるなど、活躍の場を広げている。

 

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')