【3月の気になる映画!】広瀬すず主演映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の見どころをいち早くGETしちゃおう☆

【3月の気になる映画!】広瀬すず主演映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の見どころをいち早くGETしちゃおう☆

映画好きJKライターが3月11日(土)公開映画「チア☆ダン」の魅力について、深~く語ってます♡観に行こうと思っている方はもちろん、少し気になっている方はぜひぜひ読んでみてください。

Akemi
Akemi

実話映画「チア☆ダン」

 

広瀬すずの主演映画「チア☆ダン」を観てきたので早速、SORENA愛読者の方のためだけに、魅力ポイントを紹介しちゃいます。

 

a1

出典:映画.com

 

 

(あらすじ)

高校に入学し、天真爛漫な友永ひかり(広瀬すず)は中学からの同級生で好意を寄せていた孝介(真剣佑)を応援するために軽い気持ちでチアダンス部に入部する。しかし、ひかりを待ち受けていたのは、顧問の早乙女薫子(天海祐希)によるスパルタ指導。早乙女コーチは全米大会制覇を目標に掲げていた。予想以上に大変な練習の日々ながらも、チームメイトと支えあいながら毎日練習に挑み、チームを引っ張りながら優勝を目指して進んでいく物語。

 

 

 

a8

出典:映画.com

 

キャスト:広瀬すず(ひろせすず)、中条あやみ(なかじょうあやみ)、真剣佑(まっけんゆう)、天海祐希(あまみゆき)など

 

3月11日全国ロードショー

    

【ひかりの人柄】

 

広瀬すず演じる、ひかりの家には綺麗に踊るために、ひかりが足をあげる練習をしてきた形跡が壁に残っていました

また、ひかりには母親がいないとあるシーンで分かります。

 

a3

出典:映画.com

 

彼女は欲がなく周りをよく見て気が利く子だと誰もが思うと思います。

私も思いました。

 

それはきっと、高校生の時期に母親がいないということに影響していると思います

家に帰れば父親と2人。ひかりは、高校生と母親1人2役を担っています。

(例えば、父親に夕食のことについて注意するシーンがあったり…) 

 

彼女自身はそれが当たり前になっているのかもしれませんが、そんな環境が彼女の性格に出ているように感じました。

 

a2

出典:映画.com

 

ぜひ家族(父親)とひかりの関係に注目してみてください!

 

 

【たった1冊が人生を変える】

 

劇中に出てくる夢ノート

 

チアダンスチームのコーチ、天海祐希演じる早乙女コーチからの命令で夢ノートをメンバー皆、書きます。

 

a4

出典:映画.com

 

夢ノートとは夢を叶えるために夢を叶えたい日から逆算して年、月、週、日と小さな目標から立てそれを毎日日記のように書くノートのことです。

簡単なように見え、意外と続けるのは難しいことだと思います。

ですが、コツコツ続けると彼女たちのように夢が叶ったりするのかな…と思いました。

 

a5

出典:映画.com

 

(個人的にですが)本当にあった話だからこそ、より観終わった後は色々な事にやる気がでます☆

明日からもまた、頑張らなくちゃって思わせてくれる作品です。

 

 

【フィクションとノンフィクション】

 

高1の時にひかりの所属するチアダンスチームに一緒にいた一際ダンスが上手い麗華(柳ゆり菜)がいました。

しかしチームに馴染めず、自分はバレエを頑張り世界を目指すからこんなチームとダラダラ遊んではいられないと言いチームから抜けてしまいます。

 

よくある仲間割れシーンです。

 

a6

出典:映画.com

 

それから年月が経ちチアダンスチームは誰もが予想していなかった念願のアメリカでの大会に出ることが決定します。

大会当日は日本で皆が応援しています。

 

そこには、麗華の姿もあります。

彼女はチームを抜けてからバレエでどれくらい活躍しているかは不明でしたが、昔一緒に踊っていた先も見えないダメダメだったひかり達がアメリカで輝いている姿を少し羨ましそうに見つめているシーン。(セリフは無かったです。)

 

もしあの時、見栄を張らずチームに戻っていれば自分もあの舞台に立って今踊っていたかもしれないのに…と。タラレバ話がきっと麗華の頭の中を巡っていたのではないかと思います。

 

a7

出典:映画.com

 

普通のドラマなどだと、仲間割れしても最後はみんなで笑顔で終わるというのが定番なので、”あ、現実だな”(あ、この映画はフィクションではなくてノンフィクションの映画だったよね。)って感じがしました。

 

私は結構このシーン好きでしたね!

 

【映画と自分】

 

何気ないことですが、口に出すことや紙に書くことも夢を叶えるためには必要だとこの映画を観て改めて学びました。

 

この映画は、高校時代3年間をチアダンにかけた物語ですが、これから先私達が進むべき未来の糧になるためにも高校生でない方もぜひ観るべき作品だと思います。

 

 

映画は深く掘り下げればさげるほど様々な見方が出来ると思います

 

“もっとこの映画を楽しみたい!” “もっとこの映画を知りたい!” と思える作品に出会えた時は、どんどん(気になるシーンなど)作品に問いかけその答えを自分なりに探していく(見つけていく)とより映画を楽しむことができると思います。

 

「チア☆ダン」公式サイト

Akemi
Writer Akemi
高校3年生 東京都

年がら年中、映画とドラマばっか見てます… エンタメネタの記事からJK受けする記事まで幅広く書いていこうと思います! Twitter→@akemi_hosaka instagram→@akemi_hosaka

Akemiの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')