12月17日(土)公開「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 あなたなら、どのようにこの映画を観る?

12月17日(土)公開「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 あなたなら、どのようにこの映画を観る?

福士蒼汰(ふくしそうた)、小松菜奈(こまつなな)出演「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」をいち早く観て来ました!JKライター目線でこの映画を分析してみました☆

Akemi
Akemi

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

福士蒼汰、小松菜奈という今旬の若手俳優と、「僕等がいた」など恋愛映画を撮り続けている三木監督のタッグということで、気になったのでいち早く観てきました!

 

a1

出典:映画.com

 

(あらすじ)

京都を舞台に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。美大生の高寿(福士蒼汰)は、通学電車の中で見かけた愛美(小松菜奈)に一目ぼれする。勇気を出して愛美に声を掛ける。意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごし出すが、そんなある日高寿は愛美から、ある秘密を明かされる。

 

出演:福士蒼汰(ふくしそうた)、小松菜奈(こまつなな)、東出昌大(ひがしでまさひろ)など

 

 

22日目のデート。

 

高寿が愛美に出逢ってから22日目。

 

毎日、出逢ってから2人は様々なところにデートをします。

池に行ったり、映画を観たり、買い物をしたり…

 

a1

出典:映画.com

 

しかしその中でも、22日目のケーキをお店で選んだり、2人で食べたりするデートシーンは福士蒼汰、小松菜奈の素の表情がとても現れていたと思います。

観てる側も自然と映画の中の世界に引き込まれ幸せになれました♡

 

時を重ねる度に高寿と愛美2人の距離が縮まっている事が日々のデートシーンより伝わってきたので、22日目のデートシーンは俳優同士(福士蒼汰、小松菜奈)も距離が近くなってきた頃に撮影が行われ、台本が無かったのかもしれませんね🙄

 

高寿のお父さん。

 

高寿が愛美を連れて実家に帰ってくるシーンがあります。

 

突然帰ってきた高寿に対して愛想の悪いお父さん…。

お母さんは、お父さんの愛想の悪い態度は”久々で照れてるのよ”と説明しています。

 

しかし、私はこう思いました…。

 

a2

出典:映画.com

 

(ここからは、私の勝手な妄想ですが…)

高寿と愛美は2人が現在“すれ違い”という不思議な世界で生きていることを知っています。

 

愛美含め4人でシチューを食べている時です。

お母さんがシチューの隠し味としてチョコレートを入れているという話をします。

 

しかしチョコレートの話は既に2人は知っていました。(高寿が”すれ違い”の現象の知るためのきっかけとなったシーンで)

そのため、お母さんの話を聞いた時2人は気まずくなります。(不思議な世界で生きていることは2人だけの秘密だったので)

 

a3

出典:映画.com

 

その時何故かお父さんも凄く気まずい雰囲気を出しています。

これは…お父さんも”すれ違い”という不思議な世界があることを実は知っているのではないかなと、思いました。

 

物語では2人の男女が”すれ違い”という現実に困惑しながらも、2人に与えられた30日間を大切なものにしていきます。

お父さんのシーンを観て、実は苦しい思いをしていたのは2人だけではなかったのかなと思ったり…。

 

みんなは、どのようにこの場面とらえますか?

 

難しかった!!

 

映画を観るとよくわかると思うのですが、タイムスリップものでもなく“すれ違い”ものなので、映画を観ている時私は頭の中がごちゃごちゃしてしまいました。

 

1度家に帰って時間軸を書いて整理してみるといいかもしれません…(笑)

 

 

私は111分ではなかなか解決できなかったです😣

 

時間軸や2人の感情などのことを考えると、もう1度観たくなります!

Akemi
Writer Akemi
高校3年生 東京都

年がら年中、映画とドラマばっか見てます… エンタメネタの記事からJK受けする記事まで幅広く書いていこうと思います! Twitter→@akemi_hosaka instagram→@akemi_hosaka

Akemiの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')