ジャニーズのインターネット進出を考える。~寂しい、でもやっぱりうれしい~

ジャニーズのインターネット進出を考える。~寂しい、でもやっぱりうれしい~

嵐がCDデビュー20周年を迎え、ついにジャニーズ事務所がSNS解禁。長年ジャニヲタをしてきた身としては少し寂しい気持ちも。実際にSNSと触れ合い、音楽ダウンロードをしてみると、今まで感じなかった感情があふれ出てきました。20年経ってもなお、新しいことに挑戦し続ける嵐。嵐と一緒に描く大きな夢。これからの嵐がさらに楽しみになってしまいました。

fuuu
fuuu

音楽配信はあらゆる可能性を広げてくれる

私は実際に嵐をがっつり応援したことはありません。
嵐が今のような爆発的な人気になるまでに、一度だけ友達に誘われてコンサートに行ったことがありますが、それっきりです。CDも買ったことがなければ、DVDなどの映像系も観たことがありません。

それでも、音楽配信が始まって、すぐにダウンロードをして、音楽を流してみると、当時の思い出がみるみるうちに蘇ってきて、泣きそうになってしまいました。
嵐との思い出だけでなく、『ザ少年倶楽部』(NHK)でその楽曲を歌っていた担当のことや、バックで踊っていた担当のこと、嵐のことが大好きだった友達のこと、あらゆるシーンが頭の中に浮かんできたんです。

会見で櫻井さんは「我々と同世代は忙しいですから、嵐から離れた方ももしかしたらいらっしゃると思います。また、戻ってきていただけたらと思っていますので、また一緒に大きな夢を描いていけたらと思います」と話していました。

CDを買わなくても気軽に聴くことができる音楽配信や、映像が観られるYouTubeにはその可能性が大きく広がっていて、そして今まで嵐のことをバラエティ番組でしか観ていなかった人たちにも、嵐の作品が届けられるかもしれない。

まさしくインターネットの力で夢が広がるな、と感じた瞬間でした。

「後輩への置き土産」先輩からの愛情

『news zero』で、櫻井さんは「強いていうならですけども、我々嵐から後輩への置き土産ともいいますか」ともお話されていました。

それをピックアップするかどうかはそれぞれの判断、としつつ「のちのち後輩達がチョイスする選択肢として残していければな、という想いですね」とも。私は、嵐の後輩グループを応援しているので、かっこいい先輩だな、と思いました。

もちろん、ジャニーズJr.のYouTubeが成功したことも、今回のデジタル解禁には大きな意味があったと思います。

世界に広がる想い

11月6日現在、嵐の公式Instagramのフォロワー数は225万人を超え、Twitterのフォロワー数も173万人を超えています。

レコチョクの11月4日付シングルデイリーランキングは61曲が100位以内にランクインするなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの嵐。

嵐のファンの皆さんの盛り上がりは、他のグループのファンをしていても体感します。
活動休止までの1年間で、どれだけファンと一緒に楽しめるか。感謝を伝えられるか。
そんな嵐の想いと、ファンのみなさんの想い。きっと同じですよね。

20年経ってもなお、新しいことに挑戦し続けるということは、簡単なことではありません。
どんどん進化し、世界中に嵐を巻き起こしてくれるはずです。

fuuu
Writer fuuu
東京都

ジャニーズ大好きです♩ヲタ活に役立つ情報を発信していきます!

fuuuの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')