推しくんが突如売れて寂しかった話

推しくんが突如売れて寂しかった話

大好きな推しくんが人気になってしまった今、思うこと。ファン卒(担降り)するべきか悩んでいる人に読んでほしい。ずっと前から好きだったからこそ人気になったことが嬉しいのに寂しい。昔のように会えなくなってしまったから卒るべきなのか。それともファンでい続けるべきなのか。

れもん
れもん

嬉しいのに悲しい、複雑な気持ち。

私は中学生の頃、姉の影響でLDHに興味を持ち、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーの片寄涼太くんにドハマりしました。ハマった当時はワンコインでハイタッチができるイベントもあったのに、今では写真集を15冊買っても抽選に当たらない。

それに今では日本だけでなく中国でも大人気。彼の誕生日には中国のファンがNYのタイムズスクエアをジャックしてお祝いするなどいつの間にか遠い存在に感じるようになりました

ずっと応援していた人が世間から認められたということが嬉しいものの、自分が会えないことが増えて寂しいという複雑なヲタクの心境をここで叫ばせてください。

稲妻に打たれたような衝撃を受けた出会い

私が片寄くんに落ちたきっかけは、姉に勧められた『♪Always with you』のPV。バスの中で歌いながらカメラ目線になった瞬間、体中に稲妻が落ちたような衝撃が走りました。一目ぼれです。

それまでは某ジャニーズのSくんが大好きで、LDHのゴリゴリのマッチョの集団に所属する人にまさか自分がハマるなんて思ってもいなくて。LDHにこんなかわいい人が存在するということにも衝撃を受けました。(偏見を持ってました、ごめんなさい)

Sくんのいるグループにはファンクラブに入っていてもなかなか会えないと知っていたのですが、片寄君が所属するGENEは、当時デビューして2年経たないくらい。
ワンコインでハイタッチできると知り、ハイタッチ会に参加しました。

そこで初めて片寄くんを生で見て実際にハイタッチをして会話をしたことにより、片寄くんへの”好き”が、Sくんへの”好き”を上回ってしまったのです。

舐めてかかった主演映画

その後私はヲタ垢を作って片寄くんファンと仲良くなり、ライブに参戦したり語り合ったりしていくうち、彼への愛がどんどん増していきました

それから少しして、2017年に彼が映画(『兄に愛されすぎて困っています(『兄こま』)』)の主演を務めると発表が。
「嬉しいけれど大好きな片寄くんのキスシーンを見なければいけないのか…」という気持ちになったことを覚えています。

映画が公開されると「兄こまからファンになりました♡」と新規ファンが大量発生。次のライブの時には、今まで一番ファンが多かった白濱亜嵐くんと並ぶくらいのファンの数。

さらに『兄こま』が中国でも大ヒット。その頃はまだ「片寄くんカッコいいもん。わかるわかる」と考えていただけ。

翌年の3月、GENEがCHINA TOURを行うことになり、海外公演でホールキャパだから行かない人に名義を借りておこうと思い、なんだかんだで80名義ほど借りたのですが、なんと1名義しか当たらなかったんです。

認めざるを得なかった【CHINA TOUR】

それでもまだ私は、事の大きさに気づいていませんでした。

初めて片寄くんの中国での人気を理解したのは、北京公演に参戦した時。

会場に行くと、中国のファンがみんな黄色いネームタオルを持っていて。それに書いてある文字はどこを見ても「片寄涼太」もしくは「片片(中国でのニックネーム)」。

中国人の片寄くんファンに話しかけられて最初は不安だったものの、みんなすごくいい人。私も片寄くんファンだと伝えると「Me too~!」とハグされました(笑)

片寄くんの人気を知り衝撃を受けたものの、中国のファンがみんな優しくフレンドリーだったので、すごく嬉しい気持ちで帰国することができました。

これで終わりではなかった

中国で人気になったことから日本のテレビ番組の出演も増え、ソロ写真集の発売など片寄くんのソロ活動やGENEの人気も増し、ドームツアーを開催するなど個人でもグループでも大活躍の片寄君。

ソロ写真集を購入するとハイタッチの抽選にエントリーできるとあって、私は15冊購入。しかし、全滅。

ハマった当初は500円でメンバー全員と必ずハイタッチできたのに、片寄くん一人では写真集を15冊買っても当たらなくなってしまったんです。

れもん
Writer れもん
神奈川県

LDHとジャニーズの掛け持ちヲタクをしています。 ヲタクだからこそわかる心境などを記事にするので、共感していただけるとうれしいです♪

れもんの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')