同担拒否を考える。

同担拒否を考える。

『同担拒否』についてどう思いますか?きっとリアコだから同担拒否している人、なぜだか同担は見るだけでも苦手な人、全く同担拒否していないって人など人それぞれだと思います。以前はフォロワーの半分が同担だった私が「半同担拒否」になったきっかけをお話しします。『同担拒否』のほうが幸せになれるんでしょうか?

れもん
れもん

”半同担拒否”タイプ

私は”半同担拒否”です。そもそもタイプなんてあるかも知らないけれど、勝手にそう呼んでいます。

Twitterなどで繋がって関わりのある同担は仲良くできるけれど、繋がっていない同担のツイートが流れてくると即ミュート。ミュートって機能を考えた人に感謝しかない。相手に知られずに、自分のTLに流れてこなくなる機能は同担拒否の人は有効活用するべき。というくらい拒否しています。まず視界に入れたくない。

繋がっている同担は、もちろん大好きです。一緒に推しくんについて語ったり、かっこいい動画や写真を共有したり、行けなかった現場のレポを聞いたり。推しくんの誕生日にはお泊り会をして12時丁度にお祝いしてケーキを食べたり…。

同担と繋がっているからこその楽しいことがたくさんあるから、できるだけ同担拒否はしたくないという気持ちでいっぱいです。しかし、私は友達と仲が良くて、実際に会ったことのある同担さんとしか繋がらないと決めています。

私が同担とはもう繋がらないと決めたきっかけである同担拒否で起こった悲劇についてお話します。

高校三年生の頃、推しくんを追っかけて海外公演に参戦しました。
高校生ということもあり、Twitterで繋がっている友人たちは「海外までは厳しい」と、彼女たちとは一緒に行けませんでした。
しかし、どうしても海外公演に行きたかった私は、Twitterで連番相手を募集したところ「同担でよければぜひ連番したい。」とDMがあり、色々話していくと一つしか歳が変わらず意気投合、そのMさんと連番することになりました。

一緒に海外公演に参戦して、ファンサをもらって二人で喜び、推しくんの良さについてひたすら語り、いつの間にか毎日電話するほど仲良くなりました。
私は都内住みでMさんは地方住み。あまり会うことはできないけれど、すごく仲が良かったと思います。一番仲の良い同ファンだともずっと思っていました。

私の推しくんの所属するグループはフェスなどに参加したり、ゲリラライブをすることがありました。
私とMさんの仲は推しくんの活動によって悪くなる方向に進みました。推しくんの現場はいつも都内近郊で開催。
遠征すればいいのでは?と思うかもしれませんが、ゲリラライブなんて7時間前に突然発表(ゲリラライブだから当たり前だけど)。

私は都内住みということもあって、推しくんの現場に必ず参戦していたのですが、Mさんは急に発表されるものに関しては1つも参戦できませんでした。
私は、Mさんはがいるからレポなどは聞いてこない限りはしないようにしていたものの、電話の時に必ず聞いてくれるので、Mさんに話しました。
しかし、お互い予定が合わず電話をしなくなった頃から、徐々にMさんの不満がストーリーに書かれるようになりました。

自分はなかなか会えないのに、都内に住んでいる人はいつも会えてずるい。最初はそんな内容でした。
少しすると、徐々に私のことについて書くようになりました。海外公演でファンサもらったの確実に私なのに勘違いしててウケるだとか、私が仲良くしている同担さんの悪口まで書くように…。
自分でも、彼女を不快にさせてしまうことをしたのか記憶になく、本人のそのストーリーに対して「気に入らないことがあるなら治したいから教えてほしい。」と送ったところ、「ごめん。最近推しくんが好きすぎて同担拒否になってて、自分より現場行ける人を妬んでた。」ときました。

一度話し合って「不仲になりたいわけではないから、収まるまで距離を置こう」となり、一切連絡を取らなくなりました。

しかし、Mさんの推しくんへの愛は増すばかりで、しまいには私のTwitterをブロック。
私は垢を複数持ちしていたので他の垢から探ってみると、「同担拒否なので同担の繋がっている人全員ブロックしました。」との投稿が…。

結局インスタもLINEもブロックされ、今はしっかり縁が切れてしまいました。

この事件があってから、むやみに同担と繋がることを辞めました。唯一の海外連番した同担なのに、最終的に縁を切ることになり、悲しかったです。

私が現場に行く度に友人との写真を投稿していたことも良くなかったとは思いますが、まあこれは完全に同担拒否だからこそ嫌われたんだと思います…。
なんせ同担じゃない都内住みの子と繋がって仲良くしているのを見つけてしまったので。

自分に合ったヲタ活が一番。

今は仲の良い同担さんが10人程度いるのですが、一つだけ決めていることがあります。それは、いくら仲が良くても、舞台挨拶などの単独の現場以外は同担と連番しないこと。

一番仲が良かった同担を失ったからこそのマイルールです。

いくら仲が良くても、ちょっとしたきっかけで崩れ落ちてしまうのがヲタ友。
リア友と違って、ネットでのつながりさえ切れてしまえば、その後関わることはほとんどありません。

同担がいるからこそのファン活もあれば、同担拒否するからこその幸せもあるはず。

同担拒否するか/しないかは人それぞれなので、自分が幸せになれると思えるほうを選んで、ヲタ活を充実させましょう。

れもん
Writer れもん
神奈川県

LDHとジャニーズの掛け持ちヲタクをしています。 ヲタクだからこそわかる心境などを記事にするので、共感していただけるとうれしいです♪

れもんの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')