ヲタ友との関係。上手に長続きさせるために大切な3つのポイント

ヲタ友との関係。上手に長続きさせるために大切な3つのポイント

ヲタクにとってヲタ友は、ヲタク生活をより一層楽しいものにしてくれる存在です。趣味を一緒に楽しんだり、最新情報を交換し合ったり、現場に同行したりと、多くの時間をともに過ごす大切な人ですよね。 ヲタ友=リア友という人もいれば、SNSを通じてヲタ友と知り合う人もいることでしょう。 今回の記事では、SNSで出会ったヲタ友との関係を、良好に長続きさせるために必要な3つのポイントを紹介します。

aki
aki

ポイント②趣味以外でも交流するかどうかはそれとなく決めておこう

ヲタ友さんと、イベント以外でも連絡を取り合ったり、遊びに行ったりしたいのかはそれとなく決めておきましょう。

趣味だけでつながる友達なら、イベントのときだけ会うくらいが特別感もあってうれしい場合もあります。

プライベートでも仲良くしたいのかどうかは人によって価値観が分かれるところ。

仲が深まればイベント以外にも自然と会う機会が増えるかもしれませんが、どのように付き合っていきたいと考えているのかは最初に話しておくことをおすすめします。

相手のスケジュールや人付き合いを尊重することはもちろん、こちらのスケジュールや友達付き合いのスタンスを守る意味合いもありますよ。

もし、プライベートでも連絡を取ったり遊びに行くような関係になった場合には、連絡頻度が合うかどうかも大切なポイントです。

お互いに学校や仕事などさまざま忙しい時期はありますし、ヲタクによっては冷め期という時期があります。リアルが充実していたり、忙しすぎて趣味を楽しむ余裕がなかったり…。そのときにはそっとしておいてあげられるような、配慮ができる関係になれるといいですね。

ポイント③「好き」の熱量、愛し方に配慮しよう

同じ趣味を持つもの同士だからこそ、尊重すべきポイントはココ。

同じ対象を好きでも、その愛し方や熱量はさまざま。「自担・推しをいじるなんて許せない!」という溺愛タイプの人や、自担・推し以外に興味がないオンリーファンの人もいます。

また、オンリーファンのなかにも「自担・推し以外興味がない」タイプ「自担・推し以外キライ」というタイプがあり、愛し方は本当に人それぞれ。

ライブやコンサートといったイベントも、世界観に浸りたいタイプの人もいればコスプレや双子コーデなど形から楽しみたい人もいますよね。

ヲタクは10人いれば10通りの愛し方があるので、ヲタ友の愛し方を理解し、尊重してあげられる関係性を築くことが大切です。

ヲタクがとくにナーバスになりやすい、気をつけてほしいポイントはこちら。

・貶し(けなし)愛を許せるかどうか

・腐を許せるかどうか

・同担を許せるかどうか(同担拒否かそうでないか)

・リア恋を認められるかどうか(否定しない、笑わない)

これらのポイントを踏みにじると、相手を深く傷つける場合があります。もちろんそれ以外の点でも「好きなもの」への愛情・愛し方は、同じヲタクだからこそ尊重するようにしましょう。

尊重できない、理解できない、合わせるなんて面倒くさい!という相手とはそもそも考え方の相性が合わないということなので、深く仲良くしないことをおすすめします。

「好きなもの」でつながった同士。お互いを分かり合えば最高の友達になれる

ヲタ友というとなんだか特別な印象を受けるかもしれませんが、つまりは友達です。

人と人は、距離感を間違えるとどんな形であれうまくいかないもの。長く良い関係を続けていきたいのであれば、相手をよく知り、自分の考えをきちんと話すことが大切です。

「好きなもの」でつながった友達。うまく関係を築くことができれば、一生大切な最高の関係になることでしょう。

aki
Writer aki
大阪府

関西のおねえさんジャニオタ/ライター、エッセイスト

akiの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')