接触系イベントに参加する時のポイント!服装や準備するものは?

接触系イベントに参加する時のポイント!服装や準備するものは?

有名なメンズアイドルやメンズ地下アイドル、最近は歌い手さんやアーティストのようなボーカルグループでも接触系イベントを行うようになりました。 でも接触系イベントってどういうことをするのか、人のを見ていてもなんか未知過ぎてなかなか踏み込めないな、行ったことあるけど他の人はどんなことをしてるんだろう? と思う方もいるのはないでしょうか。 今回は私の体験もあわせて、接触イベントについて解説します!

鈴見ゆかり
鈴見ゆかり

マナーや服装で気をつけることはある?

服装・アクセサリー

服装なのですが、いわゆる量産型の服の人もいますし、カジュアルな服の人もいます。

ハロウィンやクリスマスのイベントだったら、推しもコスプレをするので、それに合わせて自分もコスプレして行きますね!

あまりにもダボダボなスエットなどのダル着や、人に見られてあまり良くないかな?と思うものではなければ基本的に何でもいいんじゃないかなと思います。

ただ、アクセサリーの中でも指輪は気をつけたほうがいいかと思います。

握手会の時に、飾りが大きい物だと推しの手を傷つけてしまう可能性もありますし、私の推しが金属アレルギーだったので、推しが触れそうな所には金属のアクセサリーをつけないようにしてました。

シンプルなデザインの指輪なら大丈夫だと思いますが、配慮も必要ですね。

マナー

マナーに関しては当たり前ですが、マイナスなことは言わない。これはどこでもそうです。

直接向かい合う分、良いことも悪いこともダイレクトに伝わります。言われて嫌なことは言っては駄目です。

あとはスタッフさんの言うことを守ること。

時間になると”剥がし”という退場を促されること(「時間ですよ」の声かけや肩を叩かれるなど)をされますが、それを守らずその場にしつこく居座るのは当然NGです。スタッフさんの注意を守らないのもダメですね。

体に触れるのはNG?

撮影時、(これはメジャーなグループに多いのですが)メンバーの体に触れたらダメというのもあります。

超特急のツーショット撮影会では、メンバーと人1人分ぐらいの距離の所にファンが立つ場所が指定されて(ポーズも指定です)いるのですが、そんなイメージです。

ほかもハグ禁止顔をくっつけたり触るの禁止というのもあります。

初めて行く時は(特にメジャーなグループ)禁止事項のポーズが無いか調べたりスタッフさんに聞いておくと安心です。

ちなみに、メンズ地下アイドルはそこまでポーズの禁止事項がないのでゆるめです。

アイドルによっては苦手なポーズがあったりするのかもしれないので、困ったときは聞いてみたり、よくあるポーズをしてみるのが無難だと思います!

備えあれば憂いなし。準備しておくことまとめ

話題の準備

私が接触系イベントに行くときにしている準備なのですが、まずは話すこと(伝えたいこと)をメモアプリに箇条書きしておくことです。
緊張して飛んでしまうことがあるので…(笑)

例えば「教えてもらった韓国ドラマの感想」を書いておき、チェキ撮影の前に確認しておくと話すことに困らないです!

チェキ撮影時のポーズ

あとはチェキネタ(撮りたいポーズ)のことです。グループによっては事前に撮れるポーズが指定されていて、自分の撮りたいポーズが出来ない場合もありますが、私が通っていたところは自分で指定することも出来たので用意してました。用意しておくのがオススメです。

推しにされるがままの時もあれば、推しもネタ切れの時があるのでふとスマホを見せて「これやりたいと言える」ので便利です!

私はインスタで見かけるカップルの写真やジャニーズの雑誌でのポーズを参考にしてました。

チェキを入れておくもの

そしてチェキを入れておくものです。

100均で販売されている名刺入れのファイルに直接入れてもいいですが、ファイルを持ち歩くのがかさばります…。

かと言ってお財布に入れるのはちょっと…と思っていたので、小さめのポーチにその日撮ったチェキや特典券を入れてました。

身だしなみ

最後に身だしなみ

距離が近いので香りのケアは必須です。香水とマウススプレーと、ブレスケアグッズがあればOKです。

強い香りが苦手という方は、香水より香りが優しく香るボディーミストや香り付きの制汗剤でも大丈夫だと思います!

※付けすぎには注意してください!

まとめ

接触系イベントは大好きなアイドルと時間に限りはありますが、二人になれる時なので、デートに行く♡ぐらいの気持ちで私は行ってました。

話したいことが話しきれなかったら、手紙を渡せるところでしたら手紙に書いたりしてもいいですし、逆に、手紙になかなか話せないことを書いたら、次に会った時に推しがその内容について聞いてきたりしたこともありました。

推しに嫌な思いをされないように、会えてお互い良かった!って気持ちで終われるようにしていきましょう。

初めてのときの緊張は誰でもありますが、何度も行くとだんだん慣れていくので大丈夫ですよ!

鈴見ゆかり
Writer 鈴見ゆかり
埼玉県

ジャニーズ大好き!好きな人のためならどこまでも行きます。コスメとおしゃれも好きです!

鈴見ゆかりの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')