何から見ればいい?おすすめ作品は?2.5次元ミュージカル初心者さん向け講座

何から見ればいい?おすすめ作品は?2.5次元ミュージカル初心者さん向け講座

「2.5次元ミュージカル」というジャンルをメディアで目にすることも多くなってきた近頃。 ミュージカルはなんとなく想像できるけど、2.5次元って何? 普通のミュージカルと何が違うの? 周りがハマってるんだけど初心者だしなんとなく入りづらい…なんて思っている人も多いのではないでしょうか? 今回はそんな2.5次元ミュージカル初心者さんに向けて、しっかりとレクチャーしていきますので、これを機にぜひ2.5次元ミュージカルの世界へ足を踏み入れてみてくださいね。

南本
南本

そもそも、2.5次元ミュージカルって何?

2.5次元ミュージカルというのは、アニメや漫画などの原作があり、その原作に基づいて再現されたミュージカルのことです。

様々なものがありますが、主に俳優さんがキャラクターと同じ格好(すなわちほぼコスプレ)をして舞台として再現してくれているのが大きな特徴といえます。

ちなみに「2.5次元」というのはアニメや漫画などの「2次元」と、現実世界を意味する「3次元」の中間という意味です。

俳優さんがキャラクターとして舞台に立つ姿はまさに「2.5次元」の世界。

大好きなキャラクターがまるでテレビ画面や漫画の中から飛び出してきてそのまま目の前にいてくれるような感覚に、ファンはときめきハマっていくのです。

内容としては原作で人気のシーンが当てられることが多いのですが、オリジナル内容の場合もあります。

普通のミュージカルとは何が違うの?

普通のミュージカルというと主に「劇団四季」などの劇団主催のミュージカルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

あれもキャラクターを忠実に再現したりとものによっては2.5次元と言ってもいい場合もあるのですが、そのスポットライトのあたっている部分が違うと思っていただければと思います。

通常のミュージカルはキャラクターというよりはあくまでストーリーや舞台背景が重要視される一方で、2.5次元ミュージカルの場合、一番大事なのはそのキャラクターです。

いかに演じている俳優さんがそのキャラクターになりきれているのか、もより重要視されます。

そいった意味で区別してみていただければと思います。

2.5次元ミュージカルにはどんな作品があるの?

2.5次元ミュージカルとして様々な作品が舞台化される中、主にその分類は4種類に分類されていると考えています。

・スポーツもの(テニミュ、ペダステ、ハイステなど、スポーツ漫画が原作のもの)

・アイドルもの(あんステ、ツキステ、ブタキンなど、アイドル作品が原作のもの)

・擬人化もの(ヘタステ、刀ステ・ミュなど、擬人化作品が原作のもの)

・その他(松ステ、最ステ、デスミュなど、漫画やアニメ作品が原作のもの)

ここに男性向け、というものも加わることがありますが、今回はあくまで女性向けという形で話を進めさせていただきます。

スポーツものの2.5次元ミュージカル

スポーツもの、というのはスポーツ漫画・アニメが原作の2.5次元ミュージカルのことです。

『テニスの王子様』が原作の「テニミュ」、『弱虫ペダル』が原作の「ペダステ」、『ハイキュー!』が原作の「ハイステ」などがこのスポーツものに分類されます。

スポーツものは心を打つシーン、ストーリー、セリフが多く、また舞台上を駆け回る動きのある演出が多くなるため、舞台としての見ごたえも十分にあります。

原作のあのシーンをどう再現してくるのか、という楽しみもあり、人気の高い作品ジャンルです。

また名シーンで歌われるキャラクターの心情を歌った歌詞・曲調の曲は新たにキャラクターの魅力を引き出してくれる最高のスパイスとして舞台を盛り上げます。

アイドルものの2.5次元ミュージカル

アイドルもの、というのは、登場キャラクターがアイドルの設定になっている漫画・アニメが原作の2.5次元ミュージカルのことです。

『あんさんぶるスターズ!』が原作の「あんステ」、『ツキウタ。』が原作の「ツキステ」、『KING OF PRISM』が原作の「ブタキン」などがこのアイドルものに分類されます。

アイドルものが原作なだけあり、曲数も多く、ファンサービスと呼ばれる客席に向かっての投げキスやお手振りが多いことも特徴です。

また原作がアニメ化されている場合すでにキャラクターのCDが発売されていることも多いですが、それとは別の曲が新たに用意されていることも多いので、キャラクターの新曲を聞いている気分になれるのも嬉しいポイントです。

目の前で大好きなキャラクターがキラキラの笑顔やセクシーな歌声で歌って踊ってくれる姿は圧巻ですし、生で見るとより感動します。

擬人化ものの2.5次元ミュージカル

擬人化もの、というのは、登場人物が人ではなく、物などの擬人化で描かれている漫画・アニメが原作の2.5次元ミュージカルのことです。

『ヘタリア!』が原作の「ヘタステ」、『刀剣乱舞』が原作の「刀ミュ」「刀ステ」などがこの擬人化ものに分類されます。

擬人化作品の場合は、ストーリーが舞台専用に新たに書き下ろしされる場合も多いのですが、キャラクター同士の関係性などが濃い場合は、そこにスポットを当てたストーリーが組まれることもあります。

例えば国の擬人化であるヘタステは歴史上の話であったり、刀の擬人化である刀ステは元の持ち主を中心とした話であったりです。

よりキャラクター同士の関係性が描かれる事によってさらに作品を好きになるばかりでなく、キャラクターの新たな一面を見ることができる舞台といえます。

その他の2.5次元ミュージカル

上記で紹介したもの以外の2.5次元ミュージカルがこのその他の分類とさせていただきます。

『おそ松さん』が原作の「松ステ」、『最遊記』が原作の「最ステ」、『デスノート』が原作の「デスミュ」などは上記3種類のどこにも属さないのでその他とさせていただきました。

その他のものは、主に原作のあるシーンをそのまま舞台化、もしくはオリジナルストーリーとして舞台化されることが多いです。

ミュージカルの部分よりも演技をしている時間が長い場合が多く、演者のなりきり度と演技力がより試される舞台となっています。

そのため新人よりも実績を積んだ舞台俳優が主演を務めることも多く、より見ごたえのあるステージとなっています。

今からでも間に合う!2.5次元ミュージカルを楽しむには?

好きな作品で選んで観る!

2.5次元ミュージカルを楽しみたい場合、自分の好きな作品から入るのが一番楽しめる方法だといえます。

舞台を観るにあたって知らない作品だとある程度下調べが必要な場合がありますが、自分の好きな作品なら下調べも必要ないですし、出てくるキャラクターもわかります。

現在様々な作品が2.5次元ミュージカル化されているので、自分の好きな作品、もしくは知っている作品もひとつくらいは舞台化されているかもしれません。

終わってしまっていてもDVDなどで映像化されている場合もありますし、専用チャンネルなどで放送している場合もあります。

まずは自分の好きな作品が舞台化されていないか、調べてみましょう。

好きな俳優で選んで観る!

2.5次元ミュージカルで活動している俳優さんは数多くいます。

自分の好きな俳優さんも過去に2.5次元ミュージカルに出ていた!なんてことも少なくないので、もし好きな俳優さんがいる場合はその過去出演作品を遡って観るのもおすすめです。

これから始まる2.5次元ミュージカルを観に行ってみる!

「作品名 舞台化」などで検索すると、自分の好きな作品がこれから2.5次元ミュージカルになる予定がある場合もあります。

その場合は、思い切ってチケットを取って観に行ってみるのもおすすめです。

私も初めての2.5次元ミュージカルを観に行ったときは多少緊張したものですが、会場に入ってみると結構幅広い年齢層の方が足を運んでいます。

もちろん一人で来ている人も多いので、緊張はしますが以外と疎外感は感じませんでした。

もしこれから舞台化される中で気になっているものがある人は、ぜひ直接生の2.5次元ミュージカルを体感してみましょう!

さいごに

2.5次元ミュージカルは若い人のもの、オタクっぽい…など様々なイメージが定着し始めていますが、一度観てみればそのクオリティの高さに感動するはずです。

ただのコスプレした俳優が歌って踊っているだけでない、きちんとした舞台として成立する世界観を感じてください。

2.5次元ミュージカル、という言葉が定着し始めたのもここ最近のことです。

まだまだ間に合うので、ぜひ一度この世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

南本
Writer 南本
東京都

特撮出身の2.5次元俳優に夢中な人

南本の記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')