まさかのチケット落選…。ツラすぎる現実からなんとか立ち直る方法5選

まさかのチケット落選…。ツラすぎる現実からなんとか立ち直る方法5選

年に数回、自担に会える貴重なコンサート。ジャニヲタはこの日のために生き、働き、勉強を頑張っています。コンサートはジャニヲタの生きがいです。 だからこそ落選のショックは耐えられないほどつらいもの。おおげさじゃなく、生きる希望を失ったような気持ちになります。 今回の記事では、ジャニヲタにとってなによりもツラいチケット落選から立ち直るための方法と、意外と知られていないセカンドチャンスについてお話します!

aki
aki

どうしてもコンサートに行けない…立ち直るためには

当日まで待ってみたけれど、再チャンスに恵まれなかった…。そんなとき、どうすれば立ち直ることができるのでしょうか。

筆者の経験をもとに、いくつかの方法をご紹介します。

コンサート前にはSNSを控える

コンサート前にSNSを開くと、楽しそうな参戦組のヲタさんがたくさん…。うらやましい気持ちや行けない悲しさで、気持ちが不安定になってしまいます。

コンサート前にはなるべくSNSを見ず、ヲタ活以外のことに時間を割くことをおすすめします。

参加できない悲しみはどうしたって消せません。落選して悲しいときは思いっきり悲しみましょう。泣きましょう!

時間が解決してくれるまでは、自担を見るのも切ない日があるはず。「会えないんだなぁ…」とついつい考えてしまいますもんね。
そういう気持ちになりそうなときは少し、ヲタ活やSNSから離れることをおすすめします。

必ず気持ちが落ち着くときは来ます。大丈夫ですからね。

セットリストを見てエアライブを楽しむ

コンサートが始まったら、遠慮なくセットリストやネタバレ、ライブレポを見まくりましょう!
参加できない寂しさはあるけれど、そこはヲタクの特技・妄想でカバーできます。

ヲタ友さんと、ライブに行ったつもりでBlu-ray鑑賞会もおすすめです。
うちわもペンライトも用意しちゃいましょう。充分、楽しい時間になるはずです!

コンサートに行ったつもりで…グッズにお金を使う

コンサートに行ったつもりで、今まで買うのを我慢していたBlu-rayやCD、あるいはライブグッズにお金をかけちゃうのもおすすめです。

いつもより雑誌をたくさん買っちゃうのも良いですね。どうせお金を使うなら、自担に使いたいのがヲタ心ですから。

お金を使うのはストレス発散にもなりますし、チケット代に使うはずだったお金なので罪悪感もありません。
この機会に好きなものを買っちゃうのはアリです!

絶対に円盤化して!要望にパワーを注ぐ!

行けなかったコンサートこそ、絶対に円盤化してほしい!それがヲタクの切なる願い。
コンサートに行けないくやしさ、さみしさをバネに、円盤化の要望をがんばりましょう。

要望するにおいて、落選した不平不満は絶対にNG。
「ぜひ見たい」「とても素敵なコンサートだと聞いた」というポジティブな言葉、グループや自担を好きな気持ちを伝えるのがベストです。

落選から完全には立ち直れなくても、せめて楽しい気持ちで次を待つことはできる

人気公演やキャパの小さいホール公演では、落選することもしばしば。落選した日には目の前がまっしろになり、学校も仕事も行けないくらいに落ち込みます。

けれど、コンサート当日まであきらめなければチャンスが訪れることもあります。それすらダメだったとしても、良い子で待っていれば必ず次のコンサートがあります。

落選から立ち直る方法…はっきり言ってしまえば、ありません。落選は、ヲタにとって何より悲しいことです。

でも気を紛らわせる方法はありますし、せめて行けなくなったコンサートのレポを、楽しい気持ちで待機することはできます。

落選したときには思いっきり落ち込みましょう。泣きましょう!時間が必ず解決してくれます。

少し元気が出たら、レポめぐりやヲタ会、グッズ参戦やエア参戦を楽しみましょうね。
必ず次があると信じて待ちましょう!

aki
Writer aki
大阪府

関西のおねえさんジャニオタ/ライター、エッセイスト

akiの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')