現場ってどんな感じ?オススメグループは?メンズ地下アイドルの世界

現場ってどんな感じ?オススメグループは?メンズ地下アイドルの世界

近年話題のメンズ地下アイドル。ここ数年でじわじわと人気になってきたグループもあります。 友達がハマってるけどどういうところかわからない! そもそもどこで存在を知ったの? 行ってみたいけど調べても良く分からない…。そんな初心者の方へ紹介いたします!

鈴見ゆかり
鈴見ゆかり

メンズ地下アイドルの世界|筆者のオススメグループ

ここまで聞いてると…現場に行ってみたくなりませんか?

北は北海道、南は福岡まで私のオススメグループを紹介します。

 北海道

NORD(ノール)は「北海道を拠点に様々なエンターテインメントに挑戦する」というコンセプトの6人組のボーイズユニットです。メンバー全員北海道出身・在住です。道内のイベントに出演したり、個々の活動もあります。

2019年1月から無料ライブを行っています!その名も「シュウイチ☆ライブ」!北海道に密着したご当地アイドルです。

東京

まずは新世紀えぴっくすたぁネ申(しんせいきえぴっくすたぁごっど)。通称は「えぴすた」。アイドル系ヲタクグループというコンセプトのグループです。以前JR原宿駅に広告が展開され話題になりました。

えぴすたはライブハウスでのライブだけでなく、リリイベやJOR原宿で無料ライブを行っています。定期的に東京以外にも遠征していて、地方の方でも予定が合えば現場に行けるかもしれません!パワフルでアツいパフォーマンスは一度見ておいて損はないと思います。

BUZZ-ER.(ブザー)
一部のジャニヲタさんはご存知かな…。

2017年より活動している7人組ダンスボーカルグループ。グループ名は”口コミ”という意味のマーケティング用語”BUZZ”が由来とのこと。

毎月JOR原宿で無料ライブを行っています。2019年8月23日にはZeep Tokyoにてワンマンライブを行っていました。CDシングルがオリコンデイリーランキング5位にランクインするなど、もっと有名になってもおかしくはないグループです。歌良し、ダンス良し、顔面偏差値高めなのでライブだけでも楽しいですよ!

甘党男子

ワールドトレンドスイーツアイドル!がコンセプトの9人組です(現在は1人活動休止中の為8人組)。担当カラーのようにメンバー個々の担当スイーツがあり、曲もスイーツがコンセプトになってます。

JOR原宿やタワーレコードでの無料ライブを行っており、全体的に他のグループに比べると無銭現場が多いイメージなので、予定が合えば行ってしまいます(笑)あとは…ライブ中にお菓子配ってます。どういうこと?と思ったらライブ行ってみるしかないです!

このほかにも、東京には魅力的なアイドルグループがまだまだたくさんいます。本当にビビるぐらいの数存在してます…。Twitterで色々検索してみてください!

名古屋

名古屋は地下アイドルと言っていいのかわからないですが、#HASHTAG(ハッシュタグ)が地下アイドルに似た活動をしています。

6人組グループで、グループ名には離れていても”いつもみんなの中心でいたい”という願いがこめられています。リリースイベントや金山にあるライブハウスにて定期公演のようなイベントをしていて、松坂屋名古屋店の公式応援サポーターにもなってるので、名古屋ではメジャーなのではないかなと思います。

でもやっぱり、名古屋はメジャーなグループであるBOYS AND MEN(通称ボイメン)とMAG!C☆PRINCE(通称マジプリ)、マジプリの弟分グループのHi☆Fiveが強いですね。

関西

関西は地下アイドルというより、歌をメインにしたアーティストグループばかりでした。東京で活躍するメンズ地下アイドルのとあるプロデューサーが、「関西はアイドルの集客が難しい」と話していたという噂も聞きました。ジャニーズがいて、芸人さんは出待ちでかなり対応が良いと聞いたので、もしかしたら文化的にアイドルがマッチしてないのかもしれないません。

メジャーなグループですが、スターダストプロモーション所属のAMEZARI、ボイメンの通称で知られるBOYS AND MENの研究生(BOYS AND MEN研究生 関西)が活動しています。

九州

Star☆Prince(スター☆プリンス)

通称スタプリ。5人組のアイドルユニットで、王子様みたいにキラキラしているパフォーマンスが特徴です。リリイベ以外定期的な無料ライブは見つかりませんでしたが、ワンコイン(入場料500円)ライブを定期的に行っています。

九州は大手のワタナベエンターテインメント所属の九星隊(ナインスターズ)もいますが、メジャーなグループに負けないほど人気がある気がします。

怖くないよ!メンズ地下アイドル

なんとなく魅力は伝わりましたでしょうか?「百聞は一見に如かず」というので、興味がありましたら是非足を運んでみてください。

最初は不安に感じるかもしれませんが、スタッフさんは親切ですし、みんなアイドルが好きな同志なので怖がらなくても大丈夫。ただ会場がわかりにくいことが多いので、ライブハウスの現場にいく時はご注意を。私はライブハウスに行くまでに何度迷子になったことか…。

あと現場に行く時は、キンブレ、お財布(チェキ撮るお金)、そして楽しむ心を忘れずに!

鈴見ゆかり
Writer 鈴見ゆかり
埼玉県

ジャニーズ大好き!好きな人のためならどこまでも行きます。コスメとおしゃれも好きです!

鈴見ゆかりの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')