現場ってどんな感じ?オススメグループは?メンズ地下アイドルの世界

現場ってどんな感じ?オススメグループは?メンズ地下アイドルの世界

近年話題のメンズ地下アイドル。ここ数年でじわじわと人気になってきたグループもあります。 友達がハマってるけどどういうところかわからない! そもそもどこで存在を知ったの? 行ってみたいけど調べても良く分からない…。そんな初心者の方へ紹介いたします!

鈴見ゆかり
鈴見ゆかり

私の”メン地下”沼落ちの経緯

いきなりですが、筆者は筋金入りのジャニヲタです(今もです)
ある時友人に誘われ、とあるメジャーなグループのメンズアイドルの現場へ。

そこでジャニーズとは違うライブや世界観に触れて、色々なイベント(主にチェキ撮影)に行くようになりました。

そこからは、ジャニーズとはまた違った魅力と、その時自担が舞台現場ばかりでライブに行きたかったということもあり、ハマってしまいました…。

”メンズ地下アイドル”とは?

人によって諸説はありますが、私の解釈では、メンズ地下アイドルとは、「大きな事務所に所属していない、ライブハウスなどで行われるイベントを中心に活動する一般知名度が低め、またはほとんどない男性アイドルグループ」の事を指しています。

その逆の、メジャーなメンズアイドルは「大手事務所に所属していて、テレビやラジオ等のメディアにも出演したりライブ以外にも活動している、一般知名度がある、またはそこそこある男性アイドルグループ」を指します。

メンズ地下アイドルの世界|現場はどんな感じ?

基本的には、ライブハウスなどで行われる入場料とワンドリンク代(だいたい600円)がかかる箱ライブと、CDのリリースイベントやなどライブを見るのにお金がかからない無銭現場に分かれます。

初めての人には無銭現場に行くことからおすすめします。

なぜなら「見るだけならタダだから」。

地下アイドルはライブやCDのリリースイベント(TVに出てないけどCD出してるんです)等のイベントを中心に活動していて、ライブハウスから、大きなワンマンライブとなると有名な歌手の方も使うライブ会場でライブをしています。

ライブの時間はだいたい15分から20分ぐらい(対バン形式のライブや何組も集まって行うのライブイベントの場合)で、リリースイベントや定期公演となるともう少し長く、30分以上1時間未満です。その後はメンバーの準備が整い次第特典会になります。

特典会の内容はグループにもよりますが、基本的にはチェキ撮影会がほとんど。(ちなみに1枚撮るのに1,000円が相場です)

※チェキとはインスタントカメラみたいなもので、その場で撮影した物がその場で名刺サイズのフイルムに印刷されるものです。

その撮影中とその後にサインを入れてくれるグループは、撮影後にその場でサインを入れてくれます。話せるのはだいたい1分、長くて3分ぐらい。

リリースイベントだと、チェキ撮影だけでなく握手会があったり、メンバー全員と撮れるグループショット(これは手持ちのスマホなどのカメラで撮ります)等の特典があったりします。

メンズ地下アイドルの世界|彼らの魅力とは?

私が地下アイドルに魅力を感じるのは、推しと直接話せるというのも一つですが、一緒にライブを作るというのがあるかなと思います。

地下アイドルは、曲中にほとんどコールというものを入れる事があります。(有名なのは”ガチ恋口上”とか)それを叫びながらキンブレを振るのはとても楽しいんです。バラードもやりますが、やっぱりコールで盛り上がる曲が一番楽しくて、ファンからも人気です。

あとは、ジャニーズでは自分を覚えてもらうということはほとんどありませんが、アイドルの皆さんは覚えるのがめちゃくちゃ早い。少し間が空いてしまったから、忘れられているだろうなーと思ってても、向こうは覚えてます。

ライブ中も後ろにいても、視界に入ったら見つけてくれて反応(目合わせて指差しとか)してくれたりとか。そんな非日常の体験ができるのがメンズ地下アイドルなんです。

ライブを見に行くのも目的ですが、ぶっちゃけ特典会でチェキ撮るのが個人的には一番の目的です(笑)

チェキ撮影はアイドルと自分のツーショットで撮ることが出来ます。

その時に話せて、私は推し(応援しているアイドルのこと。地下アイドルの自担)に最近おすすめの化粧品を教えたり、推しにオススメの韓国ドラマは何か聞いたり、まあ世間話です。

ほぼ接触(体に触ること)OKなので、バックハグや指でハート、カップルの写真を見せて「こんなポーズで撮りたい」とオーダーも出来ました(私が行っていた所の場合)

初めての時は、前に撮ってる人の感じを見たり、スタッフさんにダメなポーズはあるのかと聞いてみたりしてもいいですね。

鈴見ゆかり
Writer 鈴見ゆかり
埼玉県

ジャニーズ大好き!好きな人のためならどこまでも行きます。コスメとおしゃれも好きです!

鈴見ゆかりの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')