NEWSの小山慶一郎、リーダー論を語る「スタッフさんとメンバーを繋げるパイプに」

NEWSの小山慶一郎、リーダー論を語る「スタッフさんとメンバーを繋げるパイプに」

NEWSの小山慶一郎が6月10日放送のラジオ『坂本美雨のディアフレンズ』にゲスト出演。4人体制になったタイミングでリーダーとなった小山。グループに対する気持ちやリーダーを務める上での想いを語った。

fuuu
fuuu

NEWSのリーダー・小山慶一郎がラジオ『坂本美雨のディアフレンズ』に出演

NEWSの小山慶一郎が6月10日放送のラジオ『坂本美雨のディアフレンズ』(TOKYO FM)に出演。小山の『リーダー論』やグループに対する想いを語った。

NEWSは2003年に9人でCDデビュー。その後、メンバー脱退などの紆余曲折を経て現在の小山慶一郎、増田貴久、手越祐也、加藤シゲアキの4人体制となったり、小山がリーダーを務めている。

小山がリーダーに立候補したきっかけとは?

4人体制になったタイミングでリーダーに立候補したという小山。小山はそのきっかけを「NEWSってグループは、結構紆余曲折ありまして。4人になったときにリーダーがいなきゃいけないんじゃないかと思って僕が挙手をして」と語った。また、他の3人の反応を「『リーダー?飯おごってくれるならいいよ』、って始まった」と明かした。

小山はリーダーに立候補したときの気持ちを「4人のNEWSに何ができるのかってスタッフさんにも言われていた悔しい時期があったんですけど。そのときに僕らは『セルフプロデュースをしていこう』って4人で決めた中で、スタッフさんとメンバーを繋げるパイプにならなきゃいけないな、ってことが心の中であって」と吐露。続けて「あと、どうしてもNEWSを残して、ファンの人達と大切にしていきたいって想いが強かったので」とグループに対する想いを語った。

リーダーを務める上での気持ちを小山は「何か4人でまとまった意見とか言いたいことを他の3人が言いづらいなら、嫌な奴になったとしても言いにいくっていうことを出来たらいいなと思って」と告白。さらに「誰か嫌われ者っているけど、最終的にあいつがいなきゃ、って思われたいじゃないですか。そうなれてるかわからないですけど、今でもその想いは変わらずパイプ役でいられたらなって気持ちでやらせていただいてます」と心境を明かした。

fuuu
Writer fuuu
東京都

ジャニーズ大好きです♩ヲタ活に役立つ情報を発信していきます!

fuuuの記事をもっと見る
   

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')