勝負弱いキャストNo1に選出⁉高杉真宙『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会でもいじり倒される

勝負弱いキャストNo1に選出⁉高杉真宙『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会でもいじり倒される

本日4月11日に『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会がイイノホールで行われ、浜辺美波、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、矢本悠馬、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、中村ゆりか、三戸なつめ、柳美稀、小野寺晃良の総勢13名が“劇中衣装”で登壇した。

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会に浜辺美波、高杉真宙、森川葵らキャスト勢ぞろい

本日4月11日に『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会がイイノホールで行われ、浜辺美波、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、矢本悠馬、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、中村ゆりか、三戸なつめ、柳美稀、小野寺晃良の総勢13名が“劇中衣装”で登壇した。

蛇喰夢子役の浜辺は本作の見どころについて「オリジナル脚本で、誰がギャンブルトーナメントを勝ち上がっていくのか楽しんで観てほしいです!」と自信たっぷりにコメント。

また、本作の印象について聞かれると「脚本を知っているはずの私が観ても笑ってしまうシーンがたくさんある映画って今までなかったので、本当に皆さん一人一人が台本を膨らませて挑まれて、想像を超える仕上がりになっていると思います。」と浜辺が堂々と語った。

続いて、鈴井涼太役を演じた高杉は「これまで賭場に上がっちゃだめだと言われてきた鈴井が遂に、初めて(ギャンブルを)やらさせていただきました!」と嬉しそうにコメント。

続けて「鈴井としてもそうですが、高杉真宙としても、(いざギャンブルの舞台に立つと)なんだか変な緊張感があって。これまで僕は鈴井としてそばで応援してきた側だったのでギャンブルをする側に初めて回って“みんなここで戦ってきたんだ…”って感じて実感しました。」としみじみと振り返った。

早乙女芽亜里役を演じた森川は今作でアクションとダンスに挑戦したことを振り返り、「私、シーズン1に出演させていただいた時に、監督に、“私はアクションとダンスは本当に苦手です!”って言っていたんです。そうしたら、“じゃあ、やろう”っていう感じで今回用意されていて。(笑)本当に大掛かりなアクションとダンスをやらされました。」と打ち明けた。

これを受けた英監督が「やっぱり、(演じ)慣れないようにトライし続けることが、ね…!?」と説明しだすと、「課題を課していただいたんですよね?ありがとうございます!!」と最終的に森川自身がポジティブにフォロー。

続いて原作でも人気キャラクターの一人、生徒会長・桃喰綺羅莉役を演じた池田は、「いざ現場へ行くと、皆さん本当に魂を削ってお芝居をされていらっしゃっていて、なんだか羨ましかったです。混ざりたいなと思いながらも会長然とできるようにしていました。」とコメント。

木渡潤役の矢本は、「原作では、来渡はちょこっと出てくるだけのキャラクターだけど、シーズン1では自分の回まであり、今回の映画でもたくさん出させていただいて。めちゃくちゃ幸せです」と喜びを語った。

また、今作は原作にはない完全オリジナルストーリーで構成された物語であり、映画オリジナルキャラクターも数々登場する。中でも、物語のカギを握る人物・村雨天音役を演じた宮沢は今回「賭ケグルイ」シリーズ初参戦にして映画初出演を果たした。

これについて宮沢は「正直大きな緊張はなかったのですが、今回原作にはないキャラクターということで、役作りに悩んで、監督に相談させていただいたら、監督に一言、“とにかくかっこいい村雨を演じてくれ”と。(笑)ヒントなしでやりました…」と笑うと、浜辺から「撮影中もずっと監督は宮沢さんの表情や身長を撮りながら“日本の映画じゃないみたいだよ。海外映画だよ!”って嬉しそうに言っていたんです。本当に、宮沢さんは存在感があって、今回新キャラとして登場してくださったことが心強かったです。」とコメントされ、宮沢は「本当に、嬉しいですね。」と喜んだ。

同じく新キャラ・犬八十夢役を演じ初登場した伊藤は「アウトローで男か女か一見分からないような役だったので、掴めない部分も多く、よく監督に相談させていただきました」と役作りで苦戦した様子をのぞかせた。

これに対し、大きくうなずいて反応していた高杉にMCがコメントを求めると、急な振りに動揺をみせながら「歩火さん………じゃなくて(笑)」ととっさに福原の役名と間違えて呼んでしまい、横にいた池田に「…話聞いてた??」とツッコミを入れられる場面も。

「誤解を招く言い方はやめて!!」と高杉が必死に否定するが、「でも、気は抜いていたでしょ?」と池田にさらにつめられると、「気は…抜いてた」とあっさり認め、観客の笑いを誘った。

気をとり直し、再度伊藤の役柄に対して高杉がコメント。「劇中犬八さん(伊藤)が一人称を俺っていっていたので、どちらかな~?どちらかな~?って思っていて、そのまま…」と話出すと「えぇ???」と驚きの声がキャスト陣から飛び交う。

「なんか、一応…」と登場キャラクター・犬八の性別に対し、高杉があいまいな予測をたてようとする姿を見た監督が、「え!?!?うそでしょ?それ(分かっていないのなら)、ネットニュース並みやぞ」とツッコみ、会場が爆笑。

監督に「犬八はどっち?男?女?」と再度確認されると、「レディーです。失礼いたしました‼」と謝り、今イベント会場でもとことんいじられる高杉であった。

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る
   

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')