主演は佐野勇斗!映画『小さな恋のうた』完成披露試写会で全貌が明らかに…!

主演は佐野勇斗!映画『小さな恋のうた』完成披露試写会で全貌が明らかに…!

キャスト、スッタフ、ストーリーなどの詳細が長らく謎のままとなっていた映画『小さな恋のうた』がついに 3月13日(水)に、記者会見&完成披露試写会をもってキャスト・ストーリーが発表となった!本イベントではメインキャストの佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア、世良公則、 そして橋本光二郎監督が出席し、バンド練習や沖縄ロケでの裏話満載のトークが展開された。

SORENA運営チーム
SORENA運営チーム

MONGOL800の名曲が映画化。『小さな恋のうた』佐野勇斗はじめキャストが発表

発表から20年経った今もなお、世代・性別を問わず愛され、歌われ続けるMONGOL800の名曲「小さな恋のうた」。そんな不朽の名曲を題材にした映画『小さな恋のうた』が5月24日に全国公開される。2018年5月に行われたMONGOL800のライブ中に映画化が発表され、大きな話題となったが、キャスト、スッタフ、ストーリーなどの詳細は長らく謎のままとなっていた。

そして、ついにその全貌が昨日明らかになった!

物語の舞台は、フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町。プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために「小さな恋のうた」を届けようとする様を描く。

主人公の真栄城亮多には、『ちはやふる-結び-』『3D彼女 リアルガール』(18)『凜-りん-』(19)など多くの作品に出演が続く若手最有力俳優でありながら、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野勇斗。亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎には、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)でドラムを習得した森永悠希。唯一の女性バンドメンバー・譜久村舞を演じるのは「ロッテ『ガーナミルクチョコレート』」のCM出演で話題の山田杏奈

舞の兄にして亮多の親友である譜久村慎司には、昨年末衝撃のモデルデビューを飾り、今作で役者デビューとなる新鋭・眞栄田郷敦。同じくバンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝に、MEN‘S NON-NOモデルでありながら、社会現象にもなった話題のテレビドラマ「3年A組」にも生徒役の一人として出演した鈴木仁など、今まさに大注目の若手俳優陣が集結。本編中では「小さな恋のうた」はもちろん、「DON’T WORRY BE HAPPY」「あなたに」など、MONGOL800の名曲を半年以上ものトレーニングを経て披露している。さらに、ミスiD2017に選ばれたサンフランシスコ出身のトミコクレア。そして日本音楽界の至宝、世良公則など多彩なキャストたちがスクリーンを彩る。監督を務めたのは、『雪の華』の大ヒットが記憶に新しい橋本光二郎監督。

企画・プロデュースは沖縄出身でMONGOL800の映像作品を手がけてきた山城竹識。MONGOL800のメンバーの高校時代の後輩としてバンドの結成当初からその歩みを間近で見守ってきた山城は、米アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した『つみきのいえ』(08)の脚本家・平田研也をむかえ、楽曲から着想を得た映画を構想する。監督は『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)などの橋本光二郎がつとめ、音楽と若い俳優たちのエモーショナルなコラボレーションを演出。世代、性別、言葉、人種、国境、あらゆる壁を越えていく音楽の力。小さな島の高校生たちの想いは、音楽に乗って大きな“叫び” となり、海を渡って響き渡る――――

昨日3月13日(水)に、記者会見&完成披露試写会が東京の新宿バルト9で行われ、佐野勇斗森永悠希山田杏奈眞栄田郷敦鈴木仁トミコクレア世良公則、そして橋本光二郎監督が出席した。

佐野勇斗、バンド練習や沖縄ロケでの裏話を明かす

まず、マスコミ向けの記者会見に登壇したキャスト陣。ボーカル担当・真栄城亮多役の佐野は「半年前から作品に向けて準備したことはないし、本編で実際に楽器を弾いて歌うのも初挑戦。練習期間があったからこそ、バンド感が映画にも出た。実のある濃い時間でした」と手応え十分。楽器経験はリコーダー程度だったといい「ベースを弾いて歌うのが僕の中での課題であり壁だった。でも大好きなMONGOL800さんの歌をうたうので失礼のないよう、死に物狂いでやろうと思った」と意気込みを明かした。ドラム担当・池原航太郎役の森永は過去作でドラム演奏経験はあるも、「それが逆にできて当たり前というプレッシャーになった。バンドメンバー内では実年齢が最年長ということで皆を見守るという立場をとりたかったけれど、頼りない先輩だったかも…」と照れ笑い。ギター担当・譜久村舞役の山田は「エレキギターに触るところからのスタートで、眞栄田さんのギターの腕前が上達していてヤバいぞ!と思った。そうやってバンドとして練習したからこそ、バンドの楽しさがわかった」と報告。亮多の親友でギター担当・譜久村慎司役の眞栄田は本作で俳優デビューとなるが「お芝居も初でギターも初。お芝居の先輩方に囲まれていたけれど、楽器のスタートラインはみな同じ。そこは負けたくないという気持ちで臨んだ」と闘志を燃やし、「時間がある時は常にギターを触っていた」と闘志をみなぎらせた。ベース担当・新里大輝役の鈴木は「学生時代は音楽をさぼっていたタイプなので、音楽に対して苦手意識がありました。楽器を触るのも初めてで『大丈夫か?』と。でも個人練習では成長できなかった部分も、みんなと合わせてできるようになったりして。バンドの凄さを感じた」と新境地開拓を実感していた。米軍基地で育ったLisa Crewman役のトミコクレアは「皆さんのバンド練習を初めて見たときに、皆さんの顔が幸せそうで私の心も幸せになった」と太鼓判。ライブハウスオーナー・根間敏弘役の世良も「バンドを演じた彼らの中で曲が生まれて、彼らの中で育って人を感動させていく。彼らの奏でる音楽が映画を育てていく実感があった。MONGOL800も楽曲を彼らにあげてもいいと思ったはず。それくらい最高のバンド」と大絶賛。橋本監督は「演じる彼らが楽器を覚えなければいけないという苦労もあったけれど、その準備期間があったからこそ、自然と築かれた関係性があった。バンドの成長を見守れたのは嬉しいことだし、まるで自分の子供を見守るような感があった」と思い入れを明かした。

撮影は実際に沖縄で行われたが、佐野は「撮影が終わると、毎晩自分のホテルの部屋ではなくて、森永先輩の部屋に直帰!森永君は疲れているのにも関わらず、スーパーに買い出しに行ってくれて、10日間連続で僕らのために夜ご飯を作ってくれた。バンドメンバーというか、僕らの健康維持をしてくれた主夫だった」と森永の振る舞いに感謝。また佐野が「沖縄の有名な水族館に行きたかったけれど、遠かったので近くの公園に行って、バンドメンバー5人で遊びました」と無邪気過ぎるオフを振り返ると、山田も「おじいちゃんのための健康遊具で遊んだよね」と思い出し笑い。

その後行われた舞台挨拶では、佐野は「完成した作品をはじめて観たときは、内容もキャストも芝居も凄くて感動した。学校の屋上で歌うシーンは演じていても、観ていても気持ち良くて感情移入できた」と見どころアピール。また再び森永の主夫ぶりが話題になると、森永は「宿泊施設にキッチンと洗濯機が設備されていたので自炊しようと思った。撮影の昼休憩が終わると『今晩のおかずは何にしようか?』と考えたりして。軽い共同生活でしたね」と笑わせた。紅一点の山田は「最初は女子一人でマジか!?と思ったけれど、バンド練習を通してみんなと仲良くなれたし、映像にも偽物じゃないバンド感が出ている」と絆を強調した。

舞台挨拶初体験の眞栄田は「ここにいるメンバーに支えられました。温かい現場にも恵まれ、感謝しています」と硬い挨拶も「めちゃくちゃ緊張しています!」とカミングアウトし「佐野さんは引っ張てくれたし、深い話もできた。森永さんはお泊りさせてくれて、山田さんは演技の勉強になった。仁は…大好きです。以上です」と緊張ゆえの天然ぶりで場を和ませた。そんな彼らの姿に世良は「映画は彼らのドキュメントを見ているみたい。ラストの大きな渦を生み出すシーンも作り物とは思えない。僕が再び『小さな恋のうた』をカバーする際は彼らに演奏してほしい」と惚れ込んでいた。

最後に佐野は「共演者の皆さんとは、友達以上のバンドになれた気がする。伝えたいメッセージが沢山ある作品だけれど、皆さん各々が感じたことを周りの方々に伝えてもらいたい」と客席に語り掛けて「大自信作です!」と公開に向けて胸を張っていた。

 

出演: 佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他     

配給:東映

監督: 橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)

脚本: 平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17)

Inspired by the songs of MONGOL800

©︎2019「小さな恋のうた」製作委員会

 

 

SORENA運営チーム
Writer SORENA運営チーム
東京都

SORENAのおすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

SORENA運営チームの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')