岡田准一、山田涼介ら出演キャスト決定!歴史スペクタクル超大作『燃えよ剣』映画化

岡田准一、山田涼介ら出演キャスト決定!歴史スペクタクル超大作『燃えよ剣』映画化

フミコミュ運営チーム
フミコミュ運営チーム

 

映画『燃えよ剣』製作決定に伴い、監督・メインキャスト5名の発表

累計発行部数500万部超! 国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説、映画化!

世代を超えて熱烈なファンを持つ歴史小説界の巨星・司馬遼太郎新選組副長・土方歳三を主人公に、近藤勇・沖田総司といった新選組の志士たちの人生と、彼らが生きた激動の時代・幕末を描いた「燃えよ剣」。1962年から64年にかけて「週刊文春」で連載された本作は、64年の刊行から現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が500万部を超える大ベストセラーとなっている。土方歳三は、歴史上の偉人のなかでも、その信念の強さや圧倒的なカリスマ性に、熱狂的なファンが多い偉人のひとり。そんな土方の没後150年である2019年に、満を持して製作開始!

『関ヶ原』の原田眞人監督×岡田准一。名匠と超豪華キャストで贈る圧倒的大作!

監督を手がけるのは、国家の形が変わる日本の変革期に生きる人々をテーマに、『関ヶ原』(17)『日本のいちばん長い日』(15)など力作を生み出す原田眞人。昨年の『検察側の罪人』(18)の大ヒットも記憶に新しい名匠が、『関ヶ原』と並んで長年熱望した司馬原作の映画化を実現。『関ヶ原』スタッフが再集結し、時代が大きく動いた「幕末」を圧倒的なスケールで描く、「新選組」映画の決定版を贈る。

剣豪ぞろいの新選組で、“副長”として類まれなる手腕で組織を作り厳格な戒律で統率、混迷の幕末を駆け抜けた志士・土方歳三を演じるのは、『関ヶ原』の石田三成役で原田監督と初タッグを組み、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した、今や日本の映画界に欠かせない俳優、岡田准一。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、映画『蜩ノ記』(14)『関ヶ原』(17)『散り椿』(18)と本格時代劇への出演が相次ぎ、今回も原田監督の絶対的な信頼を得ての出演となった。これまで数々の名優が演じてきた土方役に初挑戦。日本の伝統的な社会・価値観が覆ろうとしている動乱の時代のさなかで、朋友の近藤勇や幕府に対して深い忠誠を誓い、何が起きてもブレずに自らの信念を貫き通す。激動の時代に屈しなかったヒーロー・土方に全身全霊で挑みます。その姿に、現代を生きる我々も深く胸を打たれるはずだ。

そんな土方と恋に落ち生涯愛し合うことになるお雪を演じるのは、主演を務めたNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」以来の時代劇出演となる、柴咲コウ。土方と熱烈に惹かれあいながら、激動の時代によって引き裂かれていく、哀しくも逞しいヒロインを、凛とした美しさ、確かな演技力で魅せます岡田と柴咲は今回が初共演となる。

土方の盟友である新選組局長・近藤勇を演じるのは、NHK大河ドラマ「西郷どん」で大河初出演にして初主演を成し遂げた、鈴木亮平。徹底的な役作りで絶賛された西郷隆盛役に続き、真逆の立場で同じ幕末を駆け抜けた実直な剣士・近藤役に、渾身の演技で挑む。

病に倒れるも天才的な剣の使い手として知られ、新選組の中でも土方と並んで人気の高い若く美しき剣士・沖田総司を演じるのは、Hey! Say! JUMPのメンバーとして活動しながら、話題作への主演が相次ぎ俳優としての活躍も目覚ましい、山田涼介。今回が時代劇初挑戦となり、本格的な殺陣・アクションも披露。

そして、土方や近藤に狙われることになる新選組初代筆頭局長・芹沢鴨に、『海猿』シリーズや『悪の教典』『22年目の告白―私が殺人犯ですー』などの大ヒット作で強烈な印象を残している、伊藤英明。酒を飲むと手がつけられない粗暴な性格ながらそのリーダーシップで新選組結成を推し進めた豪傑を、圧倒的な存在感と色気で演じ切る。

激しい戦闘アクション、時代に引き裂かれる運命の愛。大河俳優が一挙集結、超一流のスタッフで贈る、歴史スペクタクル超大作!

 

撮影は、2月~4月、京都・滋賀・岡山などを中心に行われる予定。また、「新選組」史上名高い「池田屋事件」が起こった、旅館・池田屋をオープンセットで当時のままに完全再現、倒幕の流れを決定づけた幕末最大の事件を迫力の殺陣で描き切る

 

監督・キャスト コメント

原田眞人監督

1949年7月3日生まれ。静岡県出身。黒澤明、ハワード・ホークスといった巨匠を師と仰ぐ。79年、『さらば映画の友よ』で監督デビュー。『KAMIKAZE TAXI』(95)は、フランス・ヴァレンシエンヌ冒険映画祭で准グランプリ及び監督賞を受賞。社会派エンタテインメントの『金融腐蝕列島〔呪縛〕』(99)、『クライマーズ・ハイ』(07)から、モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリ受賞の『わが母の記』(12)や、モンテカルロTV映画祭で最優秀監督賞を受賞した『初秋』(12)など、小津安二郎作品に深く影響された家族ドラマと作品の幅は広く、『駆込み女と駆出し男』(15)では念願の初時代劇を手掛けた。戦後70年に合わせて公開された『日本のいちばん長い日』(15)で第39回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞などを受賞。17年、『関ケ原』(17)では第41回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀作品賞などを受賞した。18年、『検察側の罪人』(18)も大ヒットを記録。『ラスト サムライ』(03/エドワード・ズウィック監督)では、俳優としてハリウッドデビューを果たしている。

≪コメント≫

チャンバラごっこではいつも新選組が仇役だった。私は桂小五郎に代表される「勤王の志士」。覆面をかぶりたくなれば鞍馬天狗にもなった。しかし、映画では桂小五郎が主役になることは殆どなく、鞍馬天狗映画は安易な娯楽作だった。新選組が主人公になる映画の方が圧倒的に多く、上質に思えた。

幕末の知識は幼少時に祖父から伝え聞き、それがやがて時代小説を読むきっかけともなった。司馬遼太郎ワールドの入口も短編集「幕末」だった。「逃げの小五郎」を読みたくて足を踏み入れたのだ。

高校生になって「燃えよ剣」と出会った。以来、新選組と土方歳三に魅せられ、「新選組血風録」のファンになり、子母沢寛の新選組トリロジーに心が震えた。そうやって情報量が増えるにつれ新選組を描く映像作品への不満が募るようになった。例えば、ダンダラ。子母沢寛が壬生の新選組のホストファミリーだった八木家ご子息から得た証言では、近藤や土方ら幹部クラスは一度もダンダラの制服を着なかったという。理由は、安っぽかったから。新選組は黒の集団であった。ダンダラは、平隊士の一部が着用し、一年も経たずに淘汰された。おそらく芹沢鴨の発想で赤穂義士を模したダンダラ制服を作ったのではないか。当然、土方は着ない。映画では、大島渚監督の「御法度」だけが、ダンダラ俗説を避けて黒の隊服にしている。

新選組は維新動乱期の象徴的、宿命的な存在だ。既成の秩序やモラルがくずれ、新しい体制が模索されている混乱の時代に現れた若者たちの右往左往と魂の叫びがそこにはある。人は変革期に如何に生きるべきか。現代の世相とダブる混沌を、土方は筋を通して生きた。

「燃えよ剣」は激流を生きる人間の営みをスケール感とともに描いている。武州多摩郡のバラガキ(茨垣:不良、ならず者)であった近藤勇、土方歳三、沖田総司、井上源三郎の四人の生き様死に様は、ハワード・ホークスの「リオ・ブラボー」の四人組にそっくりで、男気の連帯が心豊かに描かれている。中でも土方にはTHE LAST SAMURAIの風味が漂う。

絶妙のキャストも組めた。岡田准一さんは超一流の武芸者が俳優のふりをしているような人。今回は主役の土方歳三のみならず土方が絡むすべての剣技の構築・指導も委せている。映画史上最高の土方歳三、時代劇史上最高の立ち役が生まれると、私は信じている。

ヒロインのお雪は土方の思い人であると同時に司馬先生の思い人であるようにも思う。原作にある絵の素養を映像的にも広げたインディペンデント・ウーマンとして柴咲コウさんに演じてもらう。彼女にはホークス作品のヒロインに通ずる凛とした美しさと男世界で生き抜く逞しさがある。

近藤勇はデビュー以来、「私のイサミ君」と思い続けて来た鈴木亮平さんを迎えることができた。西郷どんで付けた27キロ分を削ぎ落として、見事な男振りである。

山田涼介さんは作品を見る度に、彼の演ずる沖田総司を見たいという思いが強くなった。俊敏な剣技も、儚げな微笑みも、土方との軽やかな会話もすべてが「スクリーン上の沖田総司であるべき人」のベクトルを指している。

土方、近藤、沖田がハマリ役の理想を突き進む以上、芹沢鴨の配役は「意外性」を前面に押し出したかった。本来なら公開まで名前を伏せたかったくらいだ。伊藤英明さんが引き受けてくれたのは幸運だった。私の考える鴨は、しらふなら土方、沖田がふたりがかりでも倒せない武門の人。近藤に欠けた教養もある。そして何よりも原作で沖田の口を借りて言わせている「私の知る限りいちばんの善人かもしれない」という要素を大切にしたかった。伊藤さんにはそれらがある。

原田組初参加の四人と岡田さん。このケミストリーは最強だ。脇を固める顔ぶれも、原田映画史上最高のヴァラエティに富んでいる。書きたくて書きたくてたまらないが、今は我慢しよう。

司馬人類学講座を半世紀に渡って学んだ生徒として、私は、BARAGAKI土方歳三がBROKEN SAMURAIになりUNBROKEN SAMURAIに至る物語を、紡ぎたいと思う。芝居はナチュラル、剣技はリアルをモットーに、世界勝負の本格的時代劇を目指したい。とはいえ「リオ・ブラボー」と「グッド・フェラーズ」を心に抱いて現場に挑むことになる。(2019年1月17日記)

岡田准一 土方歳三(ひじかたとしぞう) 役 

新選組副長。忠誠を誓った局長・近藤の右腕として、類まれなる手腕と厳しい戒律で組織を統率した剣豪。

1980年11月18日生まれ。大阪府出身。95年、V6のメンバーとしてCDデビュー。歌手活動以外にもドラマ・映画・ラジオ・バラエティなど多岐に渡って活躍。2002年、ドラマ「木更津キャッツアイ」(TBS)が人気を集め2度映画化される大ヒットを記録。その他、『SP 野望篇』・『SP 革命篇』(10・11/波多野貴文監督)、『天地明察』(12/滝田洋二郎監督)、『図書館戦争』(13/佐藤信介監督)、『図書館戦争 THE LAST MISSION』(15/佐藤信介監督)などで主演を務める。13年は『永遠の0』(山崎貴監督)に主演、興行収入87億円の大ヒットを記録した。14年には、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に主演。その他近年の作品に、『蜩ノ記』(14/小泉堯史監督)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(16/平山秀幸監督)、『海賊とよばれた男』(16/山崎貴監督)、『追憶』(17/降旗康男監督)、『関ヶ原』(17/原田眞人監督)、『散り椿』(18/木村大作監督)、『来る』(18/中島哲也監督)など。公開待機作に『ザ・ファブル』(19/江口カン監督)。また、19年、テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」に主演する。

≪コメント≫

原田眞人監督から司馬遼太郎さんの名作、「燃えよ剣」の土方歳三という、身に余る大役をいただきました。  以前に原田監督作品に出演させていただいた「関ヶ原」に続き日本の変革の1つです。変革の時代を演じることは、やりがいのあるタフな作業になりますが、共演者の皆さん、スタッフの皆さんとこの作品を乗り越えて行きたいと思います。土方歳三の人生を覚悟と畏敬を持って楽しんで演じたいです。原田監督が作り上げる生っぽい激動の幕末をご期待下さい。

柴咲コウ お雪(おゆき) 役 

京で傷を負った土方を介抱し恋に落ちる、江戸育ちの女。

1981年8月5日生まれ。東京都出身。『バトル・ロワイアル』(00/深作欣二監督)で注目を集め、01年『GO』(行定勲監督)で第25回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞をはじめ多数受賞。03年、『黄泉がえり』(塩田明彦監督)では主題歌も担当し歌手デビュー。17年にはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の井伊直虎役で大河初出演にして主演を務め話題を呼んだ。その他主な作品に、『世界の中心で、愛を叫ぶ』(04/行定勲監督)、『メゾン・ド・ヒミコ』(05/犬童一心監督)、『容疑者Xの献身』(08/西谷弘監督)、『大奥』(10/金子文紀監督)、『食堂かたつむり』(10/富永まい監督)、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(13/御法川修監督)、『47RONIN』(13/カール・リンシュ監督)、『青天の霹靂』(14/劇団ひとり監督)、『信長協奏曲』(16/松山博昭監督)など。公開待機作に『ねことじいちゃん』(19/岩合光昭監督)。また、19年、WOWOW連続ドラマW「坂の途中の家」に主演する。「Musek(ミュゼック)」名義で国外での活動も発表するなど、歌手としても精力的に活動を続けている。

≪コメント≫

初めて演出していただく原田監督。初共演の岡田准一さん、鈴木亮平さん、山田涼介さん。世の中で語り継がれる新選組

司馬遼太郎さんの長編歴史小説のオリジナルキャラクターであるお雪を、時代に翻弄されながらも凛として生きる女性として、素直に表現できればと存じます。

鈴木亮平 近藤勇(こんどういさみ)役  

新選組局長。新選組をまとめた実直な剣豪。

1983年3月29日生まれ。兵庫県出身。『椿三十郎』(07/森田芳光監督)で映画デビュー。13年、『HK/変態仮面』(福田雄一監督)で主演を務めて注目され、14年、連続テレビ小説「花子とアン」(NHK)でヒロインの夫役を演じ、大きな話題に。その他主な作品に、『TOKYO TRIBE』(14/園子温監督)、『俺物語!!』(15/河合勇人監督)、『海賊とよばれた男』(16/山崎貴監督)、『忍びの国』(17/中村義洋監督)、『羊と鋼の森』(18/橋本光二郎監督)など。18年には、NHK大河ドラマ「西郷どん」で大河初出演にして初主演、西郷隆盛を演じた。

≪コメント≫

何者でもない。

侍ですらなかった若者たちが、いかにしてあれだけの力を持ち、畏怖される集団になっていったのか。仲間さえも殺してまで作り上げたかったもの、守りたかったものとは何か。

映画という別の世界で、近藤勇という一人の男として再びあの時代に入り込み、欲も恐れも友情も、全て肌で受け止めながら生きてみようと思います。

原田監督と敬愛する岡田さんのもと、一丸となり、皆様に新しい新選組の肖像をお見せします。

ご期待ください。

山田涼介 沖田総司(おきたそうじ)

新選組一番隊組長。天才的な剣の使い手だが病に倒れる、美しき剣豪。

1993年5月9日生まれ。東京都出身。07年、Hey! Say! JUMPのメンバーとしてCDデビュー。15年『暗殺教室』(羽住英一郎監督)で映画初主演。映画は大ヒットを記録し、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。17年には、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(廣木隆一監督)と『鋼の錬金術師』(曽利文彦監督)に主演し、第91回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞。その他の主な作品に、『グラスホッパー』(15/瀧本智行監督)、『暗殺教室-卒業編-』(16/羽住英一郎監督)などがある。公開待機作に、『記憶屋』(19/平川雄一朗監督)。

≪コメント≫

錚々たる共演者の皆様の中でお芝居をさせていただくことに緊張する一方、

武者震いしています。

僕にしか出来ない表現で沖田を描きたいと思っていますし、

原田監督、そして先輩の岡田君と共演するのは初めてで、

先輩方の背中を見て、この作品の中で多くのことを吸収して、

沖田を生き抜きたいと思います。

伊藤英明 芹沢鴨(せりざわかも)

新選組初代筆頭局長。強烈なリーダーシップを発揮するも酒を飲むと手がつけられない粗暴な剣豪。

1975年8月3日生まれ。岐阜県出身。00年、『ブリスター! BLISTER』で映画初主演。04年『海猿 ウミザル』(羽住英一郎監督)が大ヒットとなり、続編の『LIMIT OF LOVE 海猿』(06)『THE LAST MESSAGE 海猿』(10)『BRAVE HEARTS海猿』(12)(いずれも羽住英一郎監督)はすべてその年の邦画実写映画No.1を記録した。12年『悪の教典』(三池崇史監督)ではイメージを覆す凶悪なサイコパス役が高く評価された。『WOOD JOB~神去なあなあ日常~』(15/矢口史靖監督)で第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞、第69回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。その他近年の作品に、『テラフォーマーズ』(16/三池崇史監督)、『3月のライオン前編・後編』(17/大友啓史監督)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17/入江悠監督)などがある。

≪コメント≫

芹沢鴨という強靭な男を演じさせていただくことになりました。

岡田君が演じる土方に対して、全力で対峙したいと思います。

一緒にお芝居ができるのが本当に楽しみです。

原田監督とは初めてですが、誘っていただき大変光栄です。

改めて、俳優という仕事に全力で臨みたいと思っています。

映画『燃えよ剣』は2020年に全国ロードショー。

ストーリー

時は江戸時代末期。黒船が来航し開国を要求した。幕府の権力を回復させ外国から日本を守る佐幕派と、天皇を中心に新政権を目指す討幕派の対立が深まりつつあった激動の時代-。

武州多摩の百姓の悪ガキだった少年・土方歳三は、「武士になりたい」という熱い想いを胸に、近藤勇、沖田総司ら同士と共に京都へ向かう。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨を局長に擁し、新選組を結成。土方は“鬼の副長”と呼ばれ、討幕派勢力制圧に八面六臂の活躍を見せる。そんななか、土方はお雪と運命的に出会い惹かれあう。だが時流は、倒幕へと傾いていき・・・幕末の動乱期で、時代に屈することなく、剣に生き剣に死んだひとりのカリスマの姿と一途な愛、そして歴戦の数々を壮大なスケールで描き切る、歴史スペクタクル超大作!!

 

作品詳細

出演:岡田准一 柴咲コウ 鈴木亮平 山田涼介 伊藤英明

脚本・監督:原田眞人 

原作:司馬遼太郎「燃えよ剣」(新潮文庫刊)

撮影:柴主高秀 照明:宮西孝明 美術:原田哲男 録音:矢野正人 編集:原田遊人 (『関ヶ原』) 

製作:『燃えよ剣』製作委員会

配給:東宝 アスミック・エース 

公式HP:moeyoken-movie.com   

公式twitter: @moeyoken_movie  公式Facebook: www.facebook.com/moeyokenmovie

© 2020 「燃えよ剣」製作委員会

 

フミコミュ運営チーム
Writer フミコミュ運営チーム
東京都

おすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

フミコミュ運営チームの記事をもっと見る

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')